広告制作会社社員の仕事内容は?どんなときにやりがいを感じる?

広告制作会社社員の仕事内容は?どんなときにやりがいを感じる?

みなさんは「広告制作会社社員」がどのような仕事をしているのかを知っていますか?広告業界の仕事であることが理解できても、具体的な仕事内容について知っている方は少ないのではないでしょうか?今回は、広告制作会社社員の仕事内容や、仕事をする中でやりがいを感じることができる瞬間についてご紹介していきます。広告制作会社社員を目指している方は、ぜひ参考にしてみてください。

みなさんは「広告制作会社社員」がどのような仕事をしているのかを知っていますか?広告業界の仕事であることが理解できても、具体的な仕事内容について知っている方は少ないのではないでしょうか?今回は、広告制作会社社員の仕事内容や、仕事をする中でやりがいを感じることができる瞬間についてご紹介していきます。広告制作会社社員を目指している方は、ぜひ参考にしてみてください。

広告制作会社社員とはどんな仕事?

さまざまな広告物の制作を行うのが主な仕事

広告制作会社社員の主な仕事は、ポスター・カタログ・テレビCMなどのさまざまな広告物の制作を行うことです。また、制作だけでなくプロダクション業務も行っています。大手広告制作会社であれば、営業やマーケティング、広告の制作といったさまざまな業務を行っています。

しかし、中小企業の広告制作会社では広告制作のみを仕事としているところが多いようです。会社の規模によって仕事内容がことなるので、広告制作会社社員を目指すのであれば自分の目的に合った会社を選ぶと良いでしょう。

複数の分野に分かれて連携を取りながら制作する

広告制作会社社員は複数の仕事に分担されていて、それぞれで担当する業務が異なります。

  • コピーライター:キャッチコピーや紹介文の作成
  • アートディレクター:広告のビジュアル制作
  • グラフィックデザイナー:印刷物のデザイン作成
  • CMプランナー:テレビCMの制作・撮影

会社によって異なる場合がありますが、ほとんどの広告制作会社ではこのような分野に分かれて広告制作を行っています。それぞれの分野で担当する業務が異なりますが、どれも広告制作には欠かせないものです。常に連携を取りながらクライアントの要望に応えられる広告を制作し、ポスターやテレビCMとして世に送り出されます。

そんな広告制作会社社員の仕事ですが、まず依頼を受けたクライアントと打ち合わせを行い、広告を制作する商品やコンセプトの確認を行います。広告を制作するにあたってターゲットのイメージも重要になるので、性別や年齢層などの確認も必須です。

打ち合わせで決まった情報をもとにそれぞれの分野で広告制作を行い、クライアントから指定された期日までに仕上げなければなりません。そのため、制作状況によってはハードなスケジュールになることもあるので、体調管理なども仕事の一環です。

広告制作はクリエイティブな仕事

同じ広告業界の仕事として有名な広告代理店の場合、ディレクション業務がメインとなっているため自分の手を使って作業を行うことがありません。しかし、広告制作会社では広告デザインの制作をはじめ自分の手を使った作業の多い職種なので、クリエイティブな仕事だといえるでしょう。

上記でもご紹介した仕事の分野を見てもわかるように、どれも何らかの作業が必要となる仕事ばかりです。また、専門的な知識や技術が求められるため、誰にでも簡単にできる仕事ではありません。広告制作会社社員を目指している方はもちろん、クリエイティブな仕事に興味を持っている、またはやってみたいという方にもおすすめの職業といえるでしょう。

広告制作会社社員の仕事の具体的な内容

キャッチコピーを制作する「コピーライター」

コピーライターは制作する広告のキャッチコピーの企画・提案を担当していて、他の分野と連携しながら作業を進めていきます。テレビCM・ポスター・インターネットなどのあらゆる広告媒体でのキャッチコピーを担当していて、印象的で誰もが覚えやすい言葉を考える必要があります。

また、広告のキャッチコピーは言葉を短文で表すことが多く、少ない文字数でインパクトを与えるセンスと才能が求められる仕事です。さらに、キャッチコピーは商品の売り上げにも関わる重要な部分なので、専門的な知識を持つコピーライターが担当しています。

広告のビジュアルデザインを担当する「アートディレクター」

アートディレクターは制作する広告のビジュアルデザインを担当していて、他の分野をまとめるディレクション業務を行います。完成した広告のチェックを行い、それぞれの分野に修正を依頼する、またはアドバイスをすることが主な仕事です。

また、基本的にアートディレクターは制作作業を行いませんが、広告制作会社では自ら作業を行うこともあるようです。

印刷物のデザインを担当する「グラフィックデザイナー」

グラフィックデザイナーは印刷物となる広告のデザイン制作を担当していて、ポスターや雑誌のカタログ、チラシや商品のパッケージなどのデザインを作成することが仕事です。依頼内容やコンセプトなどをしっかりと確認して、クライアントの意向に沿ったデザインの作成を行います。

ちなみに、グラフィックデザイナーとして経験と実績を積めば、アーチディレクターになることができるといわれています。現場での経験を生かしてキャリアアップできるので、やりがいを感じることができる仕事ではないでしょうか?

広告の企画や制作を行う「CMプランナー」

CMプランナーはテレビCMの企画・制作を担当していて、制作予算・商品の内容・出演者のイメージなどからコンセプトの企画を行います。問題なく企画が認められればさっそくCM作成を行います。

また、クライアントの要望に応えるためにも、制作前には入念な確認を行いイメージ通りのCMを制作しなければなりません。しかし、制作予算には限りがあるので、プレゼンから制作過程までをしっかりと考えることが大切です。

広告制作会社社員の仕事のやりがい

心や記憶に残る広告を制作できる

広告制作会社社員としてのやりがいには、見た人の心や記憶に残る広告を制作できることにやりがいを感じるという意見が多かったです。このような広告は多くの人から反響を呼んでいるものが多く、場合によってはキャッチコピーが流行語になるといったケースもあるようです。そんな話題を集められる広告を作成できたときには、大きな喜びを感じられるそうです。

自分が制作した広告で会社の利益を上げた

広告で大きな話題を集めることができれば、広告の効果で商品の売り上げが良くなります。そんな広告制作を自分が行い、さらには会社の利益を上げることができれば、大きなやりがいを感じるという意見もありました。

反響を呼ぶ広告デザインやキャッチコピーなどを考えるのはとても難しいため、場合によっては残業や徹夜での制作を行うこともあるでしょう。しかし、それだけ大変な思いをしても制作した広告が反響を呼び会社の利益を上げることができれば、これまでの疲れも吹き飛んでしまうでしょう。

「また依頼させてほしい」というクライアントの言葉

広告制作の依頼をするクライアントは良質な広告の制作を行ってくれる広告制作会社を利用するため、完成した広告に満足してもらえなければ継続して依頼をもらうことが難しいものです。

しかし、クライアントの満足感を満たした広告制作ができれば、再び何らかの広告制作を依頼してくれます。そのため、クライアントから「またそちらに依頼させてほしい」といわれると大きな喜びを感じられるという意見がありました。

広告制作会社社員の仕事内容まとめ

さまざまな広告物を制作するのが広告制作会社社員の仕事

広告制作会社社員の仕事は、さまざまな広告物を制作することです。複数の分野に分かれたチームと連携を取りながら、クライアントに満足してもらえる広告を制作します。制作する広告によってはスムーズに作業が進まず、残業や徹夜が続いてしまうこともあるので、大変な仕事だといえるでしょう。しかし、喜びややりがいの多い仕事なので、クリエイティブな仕事をしたい方にはおすすめの職業です。

広告制作会社社員への転職・就職を支援してくれるオススメの転職エージェント

広告制作会社社員の参考情報

平均年収
必要資格 必要資格なし
資格区分
職種

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

広告制作会社社員の関連記事

関連記事が見つかりませんでした。