広告制作会社社員の給与・年収は?初任給や平均月収などの収入について解説

広告制作会社社員の給与・年収は?初任給や平均月収などの収入について解説

ポスターやテレビCMなど様々な広告制作を行っている「広告制作会社社員」ですが、一体どれくらいの収入を得られるのでしょうか?高収入を得られるというイメージが強い職業ですが、広告業界で働くことを考えている方であれば、平均給与や年収は気になるものです。本記事では、広告制作会社社員の初任給、平均的な給与、平均的な年収など、収入面についてご紹介します。

広告制作会社社員の初任給

広告制作会社社員の初任給は約20万円

広告制作会社社員の初任給は、約18~20万円前後がボリュームゾーンとなっています。どんな職業でも初任給は少ないというところが多いですが、一般的な平均初任給とあまり変わらないので、初任給としては満足できるといえるのではないでしょうか。

また、広告制作会社社員としての能力が高い方は、初任給から待遇が良いという可能性もあります。資格や学歴よりもスキル重視の職業なので、会社によっては能力に応じた待遇を受けられるかもしれません。

会社の規模によって給与が異なる

どんな職業にも共通していえることですが、同じ業界の仕事でも会社の規模によって支給される給与額が異なります。

有名な大手企業であれば会社自体の収益が多いので社員に支給される給与額も高くなりますが、中小企業の場合は大手に比べると収益が少ないため社員たちの給与額も低くなってしまいます。

そのため、入社した会社の規模によっては平均初任給を上回っているところもあるといわれています。しかし、大手企業に入社したからといって初任給に大きな差があるというわけではありません。広告業界は実力主義の業界なので、経験と実績を積むことが安定した収入への近道となるでしょう。

新卒入社と転職では初任給が異なる

広告制作会社社員の給与は、新卒入社と転職によって異なるといわれています。新卒入社の場合は職場での実務経験がない方が多く実績がないため、上記でご紹介した初任給が収入額となります。

しかし、広告業界での勤務経験がある方で転職をした場合は、どういったキャリアを持っているかによっても異なりますが、基本的に待遇の良い初任給を得ることができるようです。ちなみに、未経験者の転職に関しては業界での経験・実績を持っていないため、新卒入社と同じ給与が支給されるそうです。

支給される給与は会社によって異なる場合があるので、現在広告制作会社社員をされている方で収入に満足できない方は、大手企業への転職を考えましょう。

広告制作会社社員の平均給与

広告制作会社社員の平均給与は約25~40万円

広告制作会社社員の平均給与は、約25~40万円前後がボリュームゾーンとなっています。ある程度の経験を積んでいけば基本給がアップするので、初任給の頃に比べて安定した収入を得られるといえるでしょう。

しかし、入社する会社はもちろんのこと、勤務先の地域によっては給与の水準が低くなっているところがあるので、人によっては紹介した平均給与を下回っている方もいるでしょう。

地域差による給与の違いはどうすることもできないので、少しでも満足できる収入を得たいという方は、可能な範囲内で給与制度の良い会社を選ぶことをおすすめします。

大手企業なら高収入を期待できる

待遇や福利厚生は会社によって異なりますが、大手企業の多くは好待遇で福利厚生が充実しているところが多い傾向があります。給与水準が高いので基本給が高く、待遇や福利厚生も文句なしの会社であれば、高収入を期待できるといえるでしょう。

しかし、どんな会社でも経験と実績がなければ平均的な給与となっているので、ただ大手企業に就職するだけでは意味がありません。そのため、入社後も真面目に仕事に取り組みつつ、経験と実績を積み上げることが収入アップに繋がるといえるでしょう。

語学力を身に付ければ収入アップに繋がる

収入アップのポイントとして、語学力を身に付けることがおすすめされています。というのも、広告制作では外国語を使ったものを制作することもあるため、語学力を身につけている方は会社にとって大きな需要となります。

そのため、就職をする際の面接では自分をアピールするための大きな材料となりますし、会社によってはスキルを持っていることで採用を決めることもあるようです。近年、どの職種や企業でも語学力を求めるところが増えつつあり、仕事にも役立つスキルなので習得しておくと良いでしょう。

広告制作会社社員の平均年収

広告制作会社社員の平均年収は約400~600万円

広告制作会社社員の平均年収は、約400~600万円前後がボリュームゾーンとなっています。日本の平均年収は約400万円といわれているので、比較しても広告制作会社社員の年収レベルは高めといえるでしょう。

広告制作会社社員の年収は高いというイメージを持つ方が多いですが、前述したように日本の平均年収よりも少し高めの水準です。

管理職に付けば収入アップを狙える

どんな職業でも管理職に就くことができれば、基本給やボーナスがアップするので、高収入を狙うことができます。しかし、管理職に就くまでには豊富な経験と積む必要がありますし、上司から認められる実績を上げなければなりません。

そのため、広告制作会社社員として高収入を狙うのであれば、早い段階から広告業界へと入り、たくさんの経験と実績を積むことが必要となります。

独立すれば高収入を得られる可能性がある

広告制作会社社員として豊富な経験と実績を持つ方の中には、独立してフリーランスとして活動されている方もいます。フリーランスの場合は完全出来高制なので、会社勤務とは違って受けた依頼の分だけ自分の収入に繋がります。

そのため、フリーランスとして成功することができれば、高収入を得られる可能性があるといえるでしょう。しかし、フリーランスの場合はクライアントとの信頼関係を築くことができなければ、はじめのうちは仕事も収入も少ない時期が続いてしまいます。

独立を考えるのであれば、まずは広告制作会社社員としてキャリアアップを重ね、経験と実績をしっかりと積み上げることが重要となるでしょう。

広告制作会社社員の給与・年収まとめ

広告制作会社社員の給与・年収レベルは比較的高水準

広告制作会社社員の給与・年収レベルは高めとなっていますが、入社する会社や勤務先の地域などによって異なる場合があります。また、広告業界は実力主義なので、同じ広告制作会社社員でも豊富な経験と実績やスキルを持っている方の方が、収入が高い傾向があります。

収入アップにはさまざまな方法がありますが、いずれにしても地道な努力が必要になります。そのため、管理職を目指す方や独立を考えている方は、経験と実績を積む努力を行って満足できる収入が得られるように頑張ってみてください。

ミイダスで「あなたの適正年収」を診断可能!

ミイダスは経歴や経験・スキル情報から自分の市場価値、スキル、パーソナリティを診断・データ分析できるサービスです。

広告制作会社社員の参考情報

平均年収400万円~600万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種企業

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

広告制作会社社員の関連記事

企業に関する他の職業KANREN JOB