セールスドライバーの給与・年収は?初任給や平均月収などの収入統計

セールスドライバーの給与・年収は?初任給や平均月収などの収入統計

セールスドライバーの年収・給与は、どの程度の金額をもらうことができるのでしょうか。セールスドライバーは、成果を報酬に還元させるシステムを多くの会社が採用しているため、最終的には自分の頑張り次第で収入を上げることが可能です。このページでは、セールスドライバーの年収・給与について、社内評価を上げて収入も上げるコツ等をご紹介します。

セールスドライバーの初任給

セールスドライバーの初任給は年齢によって微妙に異なりますが、高校卒業であれば初任給は16〜19万円、大卒であれば22〜25万円です。あくまで平均なので、大手の運送会社になればもう少し高くなる可能性があります。

セールスドライバーは初任給はとても安いものの、実績をしっかり残せば20代でも高い給与が期待できる夢のある仕事です。

セールスドライバーの収入を上げるためには?

実績で昇給する仕事

初任給が安くても数ヶ月で給与があがるシステムを採用している会社も多くありますが、給与はどのようにして高くなっていくのでしょうか。鍵を握るのが「実績」です。それでは、どのような実績を残すと昇級することができるのでしょうか。

配達時間が正確

会社によっては、配達時間内にどれだけ荷物を届けているかわかる「集配率」を出している企業もあります。集配率が高いセールスドライバーは、時間を意識して仕事をしているため、社内でも評価が高く場合によっては表彰されることがあります。

このような実績を積み重ねていくと、ドライバーとしての地位が向上し結果的に給与が高くなります。しかも、この制度は年齢ではなく実績が大きく関係しているので、若くても先輩ドライバーに比べて多く給与を受け取ることが可能です。

新規の顧客獲得数が多いと評価につながる

セールスドライバーは、いかに担当するエリアで新しいお客さんを獲得できるかがとても重要になります。

優秀なセールスドライバーになれば、多くの新規顧客を獲得することもあるので、必然的に実績として残り評価につながります。そのため、荷物を正確に届けるだけでなく、新規顧客をいかに獲得したかも重要になることを覚えておくと良いでしょう。

昇給するまでに必要なスキル

昇給するまでに大切なことは、実績を残すことです。これは、20代の新人ドライバーでもスキルがあれば先輩を超えて高い給料を稼ぐことができます。それでは、どのようなスキルがあると、実績を残すことができるようになるのでしょうか。

コミュニケーション能力を高める

セールスドライバーは、配達先のお客さんに対して営業をかけながら荷物をさばいていきます。ちょっとしたコミュニケーション能力が必要不可欠になります。

コミュニケーション能力が高いセールスドライバーは、必然的に新規顧客を獲得しやすくなるため、コミュニケーション能力を磨いておくと良いでしょう。

責任感

実績に直接関係するものではありませんが、責任感の強いセールスドライバーは優秀な成績を残している傾向にあります。

これは、荷物を人のものだから適当に扱うのではなく、「人の荷物だからこそ丁寧に運ぼう」という意思が現れ、どのような状況でも約束の時間に届けようと一生懸命仕事をすることになるからです。

責任感のないドライバーは、仕事も適当になってしまうため、結果的に仕事内容がお客さんにも伝わり、こちらから営業をかけても応じないことがあります。

責任感は意識の問題でもあるので、働く時は大事な荷物を任されているという意識を持ちながら働くように心がけましょう。

セールスドライバーの平均給与

セールスドライバーの平均給与は 20〜30万円です。しかし、これはあくまで平均なので40代で20万円後半もセールスドライバーもいれば、20代なのに給料が40万円以上というセールスドライバーもいます。

セールスドライバーは、年功序列型で給与が上がるのではなく実績で給料があがるので、頑張った分だけ評価が上がる仕事だと言えるでしょう。

収入の違いはどこで生まれる

収入の違いは、仕事内容や実績だけではありません。働き方によっても給料は大きく異なります。セールスドライバーの中でも、トラックを運転するドライバーは限られたドライバーになり、社内で試験を設けている企業もあります。

トラックドライバーに昇進するためには、日々の業務で優秀な成績を残しておく必要があります。日々の業務で優秀な成績を残すためには、日頃から与えられた仕事をコツコツとこなしていく必要があるので、日々しっかり業務に取り組むことが、給料が上がることにつながると認識しておくようにしましょう。

20代でも月収50万円が可能な仕事

20代でもセールスドライバーとして頑張れば月収50万円前後になることも夢ではありません。もちろん、月収50万円以上になるためには、相当の努力が必要になります。営業所内では成績トップを残さなければ到底辿りつけないでしょう。

しかし、頑張った分だけ報酬に直結させるシステムを多くの会社が採用しているので、やる気さえあれば不可能なことではありません。

優秀な成績を残すことができれば、営業所の所長に昇進する可能性もあるので、熱意を持って仕事に取り組むようにしましょう。

セールスドライバーの年収統計

セールスドライバーの年収は平均すると、300〜400万円程度(2019年現在)です。しかし、最近では給与形態が大きく変化しているので、今後セールスドライバーの給料が上がることが期待されます。

収入をあげるために必要なこと

年収をあげるためには、先ほど紹介した実績が重要になります。年収を上げたいセールスドライバーは実績を残すようにしましょう。これは、新卒、中途採用関係ない制度なので、努力をすれば誰でも評価される仕事だと認識しておきましょう。

年収1000万円以上は可能

セールスドライバーだけで年収1000万円以上になることは可能なのでしょうか。

結論をいうとセールスドライバーだけでは厳しいと言えます。セールスドライバーとして活躍しても月収70万円前後が限度です。しかし、大手企業になればセールスドライバーから管理職に昇進する可能性があるため、管理職になれば年収1000万円以上も夢ではありません。

管理職になってしまうと、セールスドライバーとしての仕事ではなくセールスドライバーを管理する仕事になるので、仕事内容が大きく変わってしまいます。収入をあげることよりも、働き方にやりがいを見出しているのであれば、セールスドライバーのままで働く方法もアリだと言えるでしょう。

ただ、有名な話ですが、昔は佐川急便で年収1,000万円を稼ぐことは可能だったようです。

セールスドライバーの将来

セールスドライバーは、今後どのような仕事に変化していくのでしょうか。ここ数年物流業界も大きな変化がありますが、セールスドライバーが無くなってしまう可能性は低いと言えます。もちろん、働き方が大きく変化する可能性はあります。

現在のセールスドライバーは、荷物を運びながら営業をしていますが、近い将来荷物は機械に任せて営業を人間が行うという可能性も無いとは言い切れません。

将来のセールスドライバーは、今以上にコミュニケーション能力や管理能力が求められる可能性が非常に高いので、これからセールスドライバーになろうと考えている方は、コミュニケーションや荷物を管理するスキルを磨いておくようにしましょう。

セールスドライバーの給与・年収まとめ

やればやるほどお金になる仕事

セールスドライバーの仕事は、少し前は給料が安く厳しい仕事という認識がありました。しかし、ここ最近は、セールスドライバーの働き方が変わり、給料待遇も大きく改善されてきました。人では慢性的に足りていないため、セールスドライバーになるためのハードル自体は比較的低く設定されています。

今後、セールスドライバーのあり方が大きく変化する可能性があり、やる気さえあれば給与があがる仕事でもあるので、気になる方はぜひ目指してみてはいかがでしょうか。

セールスドライバーの参考情報

平均年収300万円~400万円
必要資格
  • 普通自動車第一種免許
  • 中型自動車免許
資格区分 免許
職種運輸・乗り物

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

セールスドライバーの関連記事

運輸・乗り物に関する他の職業KANREN JOB