セールスドライバーになるには?必要資格や向いている人の特徴などを具体的に解説

セールスドライバーになるには?必要資格や向いている人の特徴などを具体的に解説

セールスドライバーになるためには、どのような資格・免許やスキルが求められるのでしょうか。このページでは、セールスドライバーになるために求められる資格・免許やスキルについて、詳しくご紹介します。これからセールスドライバーを目指そうと考えている人はぜひ参考にしてください。

セールスドライバーになるには何が必要?

セールスドライバーになるためには、配達・集荷で使用する自動車を運転するための普通自動車第一種免許または中型自動車免許などが必要となります。

また、セールスドライバーはただ荷物を配達するだけではありません。顧客を獲得するために営業をかけることもあります。そのため、セールスドライバーには次のようなスキルが求められることになります。

コミュニケーション能力

セールスドライバーとして活躍するためには、コミュニケーション能力が大切です。顧客によって配送料金を設定するため、場合によってはシビアな交渉を行うこともあります。このような状況で、いかに多くのお客様を取り込めるか、高いコミュニケーション能力が求められます。

また、荷物によっては「急ぎで届けてほしい」などと顧客から依頼されることもあります。このような場合、不可能なこともあるため、顧客を説得させることもセールスドライバーに求められます。さまざまな状況でコミュニケーション能力が必要になるため、セールスドライバーを目指している人は、コミュニケーション能力を磨くようにしましょう。

体力がある

セールスドライバーは、1日中体を動かす仕事です。トラックを運転するドライバーでもトラックが駐禁にならないよう迅速に配達する必要があります。

また、時間内に届けないといけない荷物もあるため、常に効率よく体力を使わなければなりません。時には、重い荷物を運ぶこともあるので体力に自信のある人にはおすすめの仕事だといえるでしょう。

女性はできない仕事

セールスドライバーの仕事は、女性には難しい仕事といえるのでしょうか。最近では女性のセールスドライバーも活躍しており、男性でないと活躍が難しい仕事ではありません。女性でも働きやすい環境が整えられているので、安心してください。

セールスドライバーに向いている人、適性がある人

セールスドライバーに向いている人、適性がある人はどのような人物なのでしょうか。ここからは、向いている人、適性のある人について紹介していきます。

向いている人

セールスドライバーに向いている人は、次のような特徴を持った人物です。このようなスキルを持っている人は、セールスドライバーとして活躍することが期待できます。

体を動かことが好き

セールスドライバーは、常に体を動かす機会が多いため体力に自信がなければ仕事をやり遂げることができません。日頃から体を動かすことが好きな人であれば、運動感覚で仕事に打ち込むことができます。

また、時には重たい荷物を持ち上げることもあるため、定期的な体のメンテナンスも必要になります。体力があるだけでは体を壊してしまった時に休んでしまうことも考えられるため、体調管理をしっかり行うことができる人におすすめの仕事だといえます。

記憶力がある

セールスドライバーは、担当するエリアをしっかり把握しておく必要があります。またお客様によって荷物の置き方やルールが異なるため、それぞれのデータをしっかり記憶しておく必要があります。

記憶力が高ければ、いちいちメモを確認することなく仕事に打ち込むことができるので、記憶力の高い人にはおすすめの仕事だといえるでしょう。

人のために働きたいという気持ちがある

セールスドライバーは、お客様のニーズに合わせて働くことが必要になる仕事でもあります。人のために役に立ちたいという気持ちを持っている人がセールスドライバーになれば、お客様が困っている問題を解決することができるため、良いスタッフと評価される可能性があります。

責任感が強い

セールスドライバーは、第三者の荷物を扱うことになるため、時には適当な管理をしてしまうダメなセールスドライバーもいます。このようなドライバーはクレームの対象になってしまうので、責任感のあるセールスドライバーが求められます。

責任感が強ければ、荷物を丁寧に扱うだけでなく約束の時間にしっかり届けることができるので、お客様からも信頼を得ることができます。

適性のある人

セールスドライバーの適性がある人は、次のような人物です。次のような人は、セールスドライバーとして適性があるといえるでしょう。

事務処理能力が高い人

セールスドライバーは、事務処理能力の高さが求められます。担当する顧客は200以上を担当することもあるので、それぞれの請求書や伝票を処理するために膨大な時間を要することもあります。

事務処理が高ければ、迅速な手続きができるので、事務処理が得意な人もセールスドライバーとしての適性があるといっても過言ではありません。

判断力

セールスドライバーは、効率良く荷物をさばいていく必要があります。時には、同じ時間帯に複数のお客様の荷物をさばかなければならないこともあります。このような状況に遭遇した時に、冷静な判断力でどちらを優先させるか、どのようにすれば問題を解決することができるか、判断力が求められることになります。

判断力が高い人であれば、瞬時に問題を解決させることができるので、判断力がある人はセールスドライバーに向いているといえます。

精神的にタフな人

セールスドライバーは体力面だけでなく精神面もタフである必要があります。場合によってはこちらの状況を知らないお客様から心ない言葉を浴びせられることもあります。また、毎月ノルマを課されるため、ノルマをクリアしなければならないというプレッシャーに打ち克たなければなりません。

精神面が弱いとすぐに仕事を辞めたいと感じてしまうため、逆に精神的にタフな人にはおすすめの仕事だといえます。

セールスドライバーになるための学校・教室

セールスドライバーになるための学校や教室はあるのでしょうか。セールスドライバーを養成するための学校は残念ながらありません。しかし、セールスドライバーに必要なスキルを磨く方法は学校以外でも磨くことができます。

アルバイトからセールスドライバーになる

セールスドライバーの中にはアルバイトからセールスドライバーに転身する人も少なくありません。アルバイトのうちは荷物を運ぶだけで給料をもらうことができますが、セールスドライバーはプラスアルファとして、事務処理や営業なども時間がある時に行うことになります。

いきなりセールスドライバーになると、両方を学ぶ必要がありますが、もともと配達の経験があれば、事務処理や営業方法を勉強するだけでセールスドライバーとしてのスキルを学べば良いので、将来的にセールスドライバーになることを考えている人は、アルバイトからの社員登用を目指しましょう。

トラックの運転スキルを磨く

セールスドライバーになると、トラックの運転をすることもあります。自動車をあまり運転したことがない人は、セールスドライバーになるまでにトラック免許などを取得しておくと良いでしょう。

社員になってからトラック免許を取得しても良いですが、ステップアップに時間がかかってしまうので、セールスドライバーになる前に取得しておくことをおすすめします。

セールスドライバーになるには?まとめ

物流の業界に欠かすことができない体力勝負の仕事

セールスドライバーになるには、体力、コミュニケーション能力が最低限必要になります。ここ近年では、セールスドライバーの給与待遇が大きく見直されているので働きやすい環境になりつつあります。

優秀なドライバーになれば、年収も高くなるため、頑張れば頑張った分だけ評価される仕事です。これからセールスドライバーを目指す人は、今回紹介したポイントを参考に必要なスキルを磨いておくようにしてください。

セールスドライバーへの転職・就職を支援してくれるオススメの転職エージェント

セールスドライバーの参考情報

平均年収300万円~400万円
必要資格
  • 普通自動車第一種免許
  • 中型自動車免許
資格区分 免許
職種運輸・乗り物

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

セールスドライバーの関連記事

運輸・乗り物に関する他の職業KANREN JOB