航空整備士の給与・年収は?平均月収や支給される手当まとめ

航空整備士の給与・年収は?平均月収や支給される手当まとめ

安全な航空の為の、縁の下の力持ち的存在な航空整備士。平均給与や年収はいくらくらいなのでしょうか?今回はこの記事で、航空整備士の平均給与や年収、そして給与アップの為の手段や高収入を目指せる可能性についてご紹介します。

航空整備士の初任給

新人航空整備士の給与は平均17万円~18万円

航空整備士として働く場合、初任給は17~18万円程度が相場といわれています。

中小企業か、大手企業かによっても変わる事はありますが、航空整備士の給与面は若干高めの傾向にあります。活躍場も様々です。またどの企業でも上記の金額が下回る事はほぼないと考えられます。

さらに日本空港やANAやJALなどの大手企業ならば初任給もさらに上回るでしょう。例として、約19万円から22万円まで上がる事もあり得ます。

しかし空港会社によっては24時間運行している事があるので、その場合は24時間交代で整備をしなければいけません。航空整備士は精神的にも体力的にもハードな仕事である事は覚悟しておくべきでしょう。

異業種から航空整備士の転職は給与の確認を

異業種からの航空整備士に転職する場合は齢に関係なく、新卒と同じ給与からスタートの場合が多いです。なので、転職前の仕事内容によって給与が大幅に下がる可能性もあります。

以前と同じように、あるいはさらに上げる為に転職する際には航空整備士になる為の専門知識や技術を身につけられる方法や、またほとんどの航空系の企業で資格が必要な仕事でもあるので、転職する際には資格取得も視野にいれながら行動しないといけません。

経験を積む程給与が上がる可能性がある

航空整備士は元々、給与自体も高めではあります。ですが経験を積んで年齢が上がるにつれ給与も上がっていくでしょう。他の企業に比べると年齢を重ねていく程、給与は上がる傾向にあります。

一例として、大手企業の航空整備士で40代後半くらいになれば約700万円は貰えると言われています。また経験年数を上げていく事で、役職につけるようになればボーナスや給与も徐々に上がっていくでしょう。

他にも受ける事の出来る資格のレベルに応じて経験年数が必要になってくる場合もあります。取得している資格によっては修理や、整備できる機体も変わってくるので経験を積んでさらなるスキルアップを目指していけば給与アップもあり得ます。

航空整備士の平均給与

航空整備士の平均給与は約35万円

全国平均的に航空整備士の平均給与は約35万前後となります。特に自衛隊航空整備士となると500万円くらいは貰える見込みがあります。

航空整備士は航空会社以外でも、他の航空に関係してくる業種でも活躍の場は様々です。正社員として働く事で勤務年数や昇給、深夜手当などで上がっていくのでスキルアップしていけば、年収を上げられる事も期待できるのではないでしょうか。

他にも、若干ではありますが、大卒の方が少し給与も高くなります。さらに航空専門学校卒業でも卒業した時に、2年生か3年生かによっても給与に変動があります。

警察など公的機関の場合、安定した収入が得られる傾向

大手企業であればある程度は安定して給与と、ボーナスも年間2回貰える所がほとんどです。

しかし航空会社も業績によってボーナスが上下する場合もあり得るので、どんな時でも安定した収入を得たいと考えているなら、公的機関の警察や消防などで、公務員として航空整備士になるのもひとつの手です。

平均給与は航空整備士として働く場所の規模・状況によって変動

上記にあげた航空整備士の給与はあくまで全国平均の数字です。勤務先の地域や企業規模で給与、年収に手当など色々変動すると考えていいでしょう。

地域差を見てみると首都圏の方が給与は高く、地方になると徐々にではありますが給与が下がっています。特に東京、愛知、大阪などの都市部は給与と共に年収も高いです。

大手企業系列の整備会社であれば、年収も最低400万円前後は見込めます。大手であればある程給与も年収も上がりやすいので、ほとんどの就職生が航空会社系列の整備会社に就職するケースが多いでしょう。

求人を探す際には手当や福利厚生など募集要項を細かくチェック

航空整備士には夜勤とシフト手当が貰える事があります。企業で違いはありますが、夜勤手当なら、4万円から6万円アップの可能性があります。しかし地域によっては、ない場合もあるので企業の勤務体系もチェックしておきましょう。

さらに仕事をする上で大事になってくる福利厚生も確認しておきましょう。企業によりけりですが、社宅制度や自社航空券の割引制度、各種保険から、育児休業制度など、住宅補助制度など、長く勤めていこうと思って、就職するならば福利厚生はしっかりしている所を探しましょう。

それと会社によっては、大学を出ていることも採用基準で求められている場合もあるので、隅々まで確認しておく事が大事です。

航空整備士の年収について

航空整備士の年収は約430万円~500万円前後

航空整備士の平均年収は約430~500万円前後となります。経験年数が長くなるにつれ、年収も500万円から700万円前後はまでは行くでしょう。

継続年数や年齢、地域、学歴によっても変わりますが、平均的にはこの年収が多いです。

資格取得が給料や手当に影響する場合も

資格が必要になる技術職でもある為、よりレベルの高い資格の取得を目指していけば昇給にも繋がります。

また一等航空整備士の場合ですと実務経験が4年以上必要になってきます。それを見据えた上で働きながら一等航空整備士を取得する事で、給与アップに反映してもらえる事もあります。取得している資格によっても任される機体や仕事内容も若干変わってきます。

専門知識や技術を問われる仕事でもあるので、会社にとって希少性の高い仕事が出来ると認めてもらえれば特殊な航空機を任せられる事もあるでしょう。仕事を認められるということは責任も重くなりますが、実力次第では給与もさらに上がっていくのではないでしょうか。

航空整備士として働くなら資格は取得しておくべき

航空整備士の求人のほとんどが航空整備士としての資格を持っている人を募集している事が多く、未経験ですと就職するのも難しいです。

一等航空整備士国家資格や二等航空整備士の資格は持っているのが応募条件として出ている事が多数です。航空整備士として就職する際には資格取得はしておく方が転職する際にも必要になってきます。

航空整備士の給与・年収まとめ

航空整備士の年収レベルは比較的高め。企業によってさらに高収入の可能性も

航空整備士の平均給与や年収レベルは精神的・肉体的にもハードかつ、タフさが求められる仕事としてある程度は仕事のレベルに応じた給与といえます。しかし新人の頃ですと勤務する企業によっては資格が必要でなくとも、働きながら技術を学んでいかなければいけません。

命預ける機会を整備する仕事である航空整備はハードルの高い仕事ですが、その分やりがいも大きい仕事でもあり、高収入の可能性もあり得る夢のある職業ではないでしょうか。

航空整備士の参考情報

平均年収400万円〜600万円
必要資格
  • 1等航空整備士
  • 2等航空整備士
資格区分 国家資格
職種運輸・乗り物

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

航空整備士の関連記事

運輸・乗り物に関する他の職業KANREN JOB