セールスドライバーの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

セールスドライバーの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

セールスドライバーの仕事は何かと聞かれたら、荷物を運ぶ仕事と連想する方も多くいるでしょう。しかし、ただ荷物を運ぶだけの仕事ではありません。荷物を運ぶ以外にもさまざまな仕事を手がけています。このページでは、セールスドライバーの具体的な仕事内容、仕事のやりがい等についてご紹介します。

セールスドライバーとはどんな仕事?

セールスドライバーは実際どのような仕事をしているのでしょうか。セールスドライバーの仕事をまずは簡単に説明していきます。

荷物を運ぶ

セールスドライバーがメインに行う仕事は、荷物を運ぶ仕事です。個人宅に届けるような荷物から、企業に届ける荷物までさまざまな荷物を扱います。これらの荷物を担当するエリアをトラックで回りながら配達するドライバーもいれば、営業所から荷物を運ぶセールスドライバーまでさまざまです。

担当する地域によって運ぶ荷物の量や忙しい時間帯も違うため、配属された環境に合わせて働き方を変えていく必要がある仕事です。

担当エリアの顧客を増やす

荷物を運ぶ以外でセールスドライバーが行なっている仕事が、担当しているエリアの顧客を増やすことです。荷物を運ぶだけではなく、定期的に顧客に営業をかけていくことで、エリアの売り上げを伸ばす努力を心がけます。

優秀なセールスドライバーになれば、営業所内で表彰されるだけでなくスピード出世も不可能なことではないので、スピード出世したいセールスドライバーは、積極的に営業をかけて優秀な実績を残しているケースが多いと言えます。

長期的な関係性を築く必要がある

優秀なセールスドライバーになるためには、顧客との信頼関係が密でなければ営業をかけることが難しいと言えます。また、担当するエリアは固定になるため、長期的な視野での信頼関係が必要になります。

優秀なセールスドライバーになれば、顧客とのコミュニケーションをとる機会を増やし信頼関係を構築させることに成功しているケースが多いので、顧客と話すことも立派な仕事です。そのため、体力だけでなく、コミュニケーション能力もセールスドライバーには求められる仕事だと認識しておくようにしましょう。

セールスドライバーの具体的な仕事内容

セールスドライバーが毎日どのような仕事を行なっているのか仕事内容を紹介していきます。

荷物を届ける

セールスドライバーのメインとなる仕事は、時間内に荷物を配達する仕事になります。道路状況によっては時間内に配達できないこともあります。しかし、なるべく決められた時間にいかに効率よく届けることがセールスドライバーには求められます。

毎日のように荷物を届けるスピードが遅いと、お客さんから信頼されなくなってしまう恐れもあります。そのため、決まった時間に配達をすることも大切です。しかし、場合によっては急ぎで届けて欲しいとお客さんから言われることもあるので、その状況に合わせた判断力も問われる仕事だと覚えておくと良いでしょう。

荷物を集荷する

セールスドライバーの仕事は、荷物を届けるだけではありません。お客さんの送りたい荷物をしっかり管理して届ける仕事も行います。お客さんによっては、明日中に確実に届けたいという要望もあれば、大量の荷物を送りたいときはどのようにすれば良いか相談を持ちかけるケースもあります。

このような場合に、どのようにすればお客さんの要望を解決することができるかをケース毎に提案する必要があるため、さまざまな知識が必要になります。

集荷に関する質問に答えることができないと、顧客からの信頼を失ってしまう可能性があるので、セールスドライバーになるには、専門的な知識が必要になることを認識しておくようにしましょう。

顧客との価格交渉

セールスドライバーは、お客さんとの荷物の価格を交渉することもあります。最近では荷物の価格が上がっているため、お客さんの中には配送料を少しでも抑えたいという思いを持った方も少なくありません。

場合によっては、親しいお客さんとの厳しい価格交渉に臨むこともあります。このような場合でも、相手を不快にさせないように解決するための提案が必要になります。セールスドライバーにとって、避けて通ることができない仕事なので、これからセールスドライバーを志す方は、コミュニケーション能力を身につけるようにしましょう。

セールスドライバーの仕事のやりがい

セールスドライバーとしての仕事のやりがいは、どのようなところに現れるのでしょうか。セールスドライバーの仕事のやりがいについて紹介していきます。

努力した分だけ自分に返ってくる

セールスドライバーの仕事は、自分が一生懸命頑張った分だけ自分に返ってくる仕事でもあります。顧客を増やすために、多くのお客さんと積極的にコミュニケーションをとることで信頼関係を築けることもあれば、いつも決まった時間に配達をする正確な仕事からお客さんに評価されることもあります。

ただ荷物を配達しているだけではお客さんの評価も低くなりますが、自分なりに努力をすればセールスドライバーとしてしっかり評価されるので、努力が決して無駄になると感じる仕事ではないことを認識しておきましょう。

感謝される

お客さんの中には、荷物の配達・発送状況によってビジネスに大きな影響をおよぼすことがあります。お客さんの中には、仕事でどうしても明日中に荷物を届けなくてはいけないといったケースもあります。

このような時に親身になって、打開策を提案することで問題を解決することもあります。お客さんによっては、その商品が届けられたことで感謝されることもあります。

また、機転を利かせた配達を行なっていると、お客さんに感謝されることもあるので、お客さんから「ありがとう」と言われ時はセールスドライバーの仕事をやっていてよかったと感じるでしょう。

信頼関係を築くことで、お客さんに頼られる

お客さんの中には、セールスドライバーを頼りになる存在と捉えている方もいます。正確な仕事をしっかりしていれば、お客さんからも頼られるようになり、それをきっかけに信頼関係を構築することも可能です。

頼りになる存在と自分が気づけば、仕事へさらにやりがいを見出すことになるので、誰かに頼られたい仕事に就きたいと考えている方にとって、セールスドライバーはオススメの仕事だと言えるでしょう。

成績が目に見える形で残る

セールスドライバーの仕事は、成績が見える形で残ります。頑張れば、その月の売り上げや配達状況が良いと評価されます。逆に仕事をサボってしまえば、数字として残ることになります。

成績が目に見える形で残るので、仕事を積み重ねていくことで自分の頑張りが目に見えてわかるという点もセールスドライバーのやりがいでもあると言えるでしょう。

セールスドライバーは機械ではできない仕事

最近では宅配BOXに荷物を預ける、機械でドローンなどを用いて配達を完結させようとする動きがある中でセールスドライバーの存在意識が問われる場面が多くなっています。確かにセールスドライバーとしての仕事内容はこの先大きく変わる可能性がありますが、なくなってしまう仕事ではありません。

今後は顧客とのコミュニケーションなどを中心に、人間でしかできない仕事がセールスドライバーに求められるので、体力だけあれば何とかなる仕事と捉えるのではなく、コミュニケーションが大切になる仕事だと認識しておきましょう。

セールスドライバーの仕事内容まとめ

努力や熱意が目に見える形で残る仕事

セールスドライバーの仕事は、自分がどのような姿勢で仕事を行うかで、結果として見える形で残ります。

一生懸命取り組めば、その分だけ仕事で返ってくるので、これからセールスドライバーになろうと考えている方は、仕事内容だけでなく熱意によって仕事が楽しく変わるものだと認識しておきましょう。

セールスドライバーの参考情報

平均年収300万円~400万円
必要資格
  • 普通自動車第一種免許
  • 中型自動車免許
資格区分 免許
職種運輸・乗り物

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

セールスドライバーの関連記事

運輸・乗り物に関する他の職業KANREN JOB