バイヤーになるには?必要資格や向いている人の特徴などを具体的に解説

バイヤーになるには?必要資格や向いている人の特徴などを具体的に解説

流行をチェックして分析して仕入れるバイヤーになるには、一体どんなスキルや経験が必要なのでしょうか。今回はこの記事で、バイヤーに必要なスキルや経験、向いている人の性格的特徴などをご紹介します。

バイヤーになるには何が必要?

バイヤーになるにはいくつも必要なものがありますが、その中でも誰よりも豊富な商品に対する知識が必要になります。

バイヤーと一言で言ってもアパレルや玩具、クルマなど種類がありますが、全ての種類においてその業界や分野における商品知識がなければ話になりません。扱う商品の魅力を相手に伝えるために、細かい部分まで説明できる専門的な知識がバイヤーには必要になるのです。

商品情報の収集としても多くの知識やネットワークを持っていることが必要になります。バイヤーになるには必要な資格が特にないので、その分それぞれのジャンルによって異なる商品の豊富な知識が大事なのです。

語学力がバイヤーの仕事に役立つ

バイヤーの仕事の中で、扱う商品によっては海外からの買い付けを期待されることもあります。直接海外で仕入れをする際には、現地の人と対面で話をして買い付けるので、語学力が必要になります。

海外から買い付けをするバイヤーは、得意な語学によって専門とする地域が決まっていることも多いですが、多くの語学について堪能な人ほどバイヤーとして成長をすることが出来るのです。

バイヤーは価格の交渉することも仕事の一つなので、交渉力は必須になるのですが語学を身に着けていないと話になりません。価格だけではなく数量や支払い方法などの細かい部分での交渉が必要になるので、付け焼刃の語学力では深い話が出来ないと考えられます。

店舗の利益を最大にするためには取引を成功する必要があり、交渉には語学力が必要になるのです。海外ではなく国内で仕入れる場合には語学力は必要ないですが、交渉力や提案力はバイヤーとして求められるものです。

体力も必要なバイヤーの仕事

現地に訪れて現地の人と交渉や提案をして新しい商品を仕入れるバイヤーですが、移動や交渉など、とにかく仕事が多いのが特徴です。

海外での仕入れでは移動でかなりの時間を使い、提案をして相手を納得させる必要があるので、体力を使う仕事なのです。バイヤーとして必要な事として基本的な部分ですが、体力は必要と言えるでしょう。さらに海外や国内に限らず移動をするバイヤーは、健康であることも必須になるポイントなのです。

バイヤーに向いている人、適性がある人

バイヤーになるには、持って生まれたセンスや性格的な要素も影響することが多いです。

流行に敏感である事はバイヤーの適性のひとつ

バイヤーに求められる適性として、まず流行に敏感であることが挙げられます。バイヤーはこれなら売れるだろうという商品を見極めて買い付ける事が仕事になります。

ファッションやグルメや電化製品など、業界によって異なる流行をチェックして最新のトレンドを理解出来ることが成功するかしないかの大きなカギになります。日頃からインターネットやテレビなどの情報をチェックして、新製品などの特徴を理解して多くの情報を掴むことが大きなポイント。こまめに流行をチェックして、流行に敏感な人程バイヤーに向いているのです。

バイヤーは分析の経験を活かせる仕事

バイヤーの仕事は商品を買い付けるときに商品を引入れてどれくらいの利益が出せるかどうかを計算する必要があります。原価を抑えて仕入れる数量、売るときの値段の設定や市場の動向なども含めて分析をして、自分なりに緻密な計算をすることが欠かせません。

計算や分析が好きな人にはバイヤーとして適正があると言えます。逆に計算をして利益を出せる見込みがなければ良い商品だとしても買い付けることは出来ないのです。

選ぶセンスも大事になりますが、確実に仕入れた商品をヒットさせる分析力や計算力が必要なのです。分析や計算を普段から好きな人、分析には自信がある人はその経験を活かせる仕事であると言えます。

度胸はバイヤーの仕事をする上で必要

ヒットするであろう商品を計算や分析をして仕入れるバイヤーの仕事ですが、それだけではなく賭けという一面もあるのです。

事前に売り上げを予測するのは当たり前ですが、どんなに売れると分析をしても最終的に売ってみないと分からないのがバイヤーの仕事。売れると思って仕入れても、全く売れずに手痛い思いをすることもある事です。売れるか分からない世界だからこそ、失敗を恐れては決断が出来なくなり売れるものも売れなくなってしまいます。

自分の判断や直感なども含めて、大きな決断を恐れない度胸がある人がバイヤーとして成功することが出来るのです。

見る目がある人もバイヤー向き

バイヤーとしての適性はいくつもありますが、その中で大事なのが見る目がある事です。商品を買い付けることを考えた際に一番大切なことは、バイヤー自身に良いものを見抜けるかという事。

アパレルでは本当にお洒落で流行りそうかという事が大事になりますが、自身の好みや美意識で考えることは一番やってはいけない事です。食品でも本当に美味しいものかどうか、その判断を自分の好みを入れてはいけないのです。

相手にあげるプレゼントを選ぶのが得意であったり、服装のセンスが良いと普段の生活で言われることが多い人は、バイヤーとして良い商品を見つけ出せる可能性があると言えます。

バイヤーになるための学校

バイヤーになるために学校に通うことは、自分と同じようにバイヤーを目指す仲間に出会えるということ。何を扱うかで通う学校も大きく異なりますが、同じ目標を持った仲間に出会えることは大きな魅力であると言えます。

それぞれの基礎が学べる専門学校

バイヤーになるには、その専門の基礎から学べる専門学校に通う人が多いです。アパレルや玩具、電化製品などゼロから学んで好きを仕事にすることが大切になります。

専門学校に通う事により、自身がなりたいバイヤーの商品について学ぶことが出来ますし、バイヤーとして必要な交渉力などを養うコミュニケーション能力をつけることが出来るのも大きな魅力。

商学部や経済学部で経営や経済を学ぶ事もおすすめ

バイヤーになる為に経済の仕組みや経営に関する知識を身に着けることはとても大事なことです。商学部や経済学部などで経営について学ぶことで、将来的にバイヤーとして仕事をする際には役に立ちます。

海外で活躍したい人は語学力が身に就く学部を選択すると良いですが、百貨店でバイヤーをしたいと考えている人は就職倍率も高いので、自身のアピール出来るものを専門の学部で学んでおくことも大事になります。

企業に入社して経験を積んでバイヤーになることも可能

バイヤーとして働くためには、必要な資格は特にないのでとりあえず企業に入社して経験を積んで知識を増やしてからバイヤーになる事も可能です。

どのジャンルのバイヤーになりたいかで必要な経験やスキルは変わってきますが、洋服や靴などのファッションアパレルで働くバイヤーになりたい場合には、アパレル関係の企業に入社することが大事になります。

百貨店や量販店のバイヤーになりたい場合には、幅広い視野と数ある商品の細かい知識が必要になるので、それぞれ企業に入社して貢献をすることでバイヤーとしての道が開けていきます。

バイヤーとして働く際には、未経験の人がいきなりバイヤーになる事はほとんどないので、接客から地道に経験を積んで知識を増やしてバイヤーの仕事を任せてもらえるというのが一般的と言えます。

バイヤーになるには?まとめ

売れる商品を見極めて分析する事。バイヤーになるにはしっかりと売れる商品を仕入れることが大切になります。加えて、流行にも敏感で失敗を恐れない度胸がある人は、賭けの部分も多いバイヤーの仕事で強い武器になると考えられます。

資格は特に必要のないバイヤーですが、未経験では知識や経験が不足しているのでバイヤーとして成功することは出来ません。専門学校や大学で自身がなりたいジャンルの知識を身に着ける事や、企業に入社して接客からゼロから知識を増やして経験を積んでからバイヤーになる事が一般的と言えます。

バイヤーの参考情報

平均年収300万円~600万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種販売・サービス

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

バイヤーの関連記事

販売・サービスに関する他の職業KANREN JOB