ユーチューバーの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

ユーチューバーの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

ここ数年、子どもがなりたい仕事として注目されているユーチューバーの仕事とはどのような仕事なのでしょうか。今回は、ユーチューバーの仕事内容を詳しくご紹介します。これからユーチューバーを目指す方必見の内容となっているので、ぜひ参考にしてください。

ユーチューバーとはどんな仕事?

ユーチューバー(YouTuber)とはどんな仕事なのでしょうか。大まかに説明をすると、動画クリエイターです。ネット上で動画を公開するのが主な仕事になります。

それでは、ユーチューバーの仕事を詳しく掘り下げていきましょう。

YouTube上で動画を投稿する仕事

メインになるのが、YouTubeに動画を投稿することです。YouTubeに動画を投稿して、視聴者が動画と併せて広告を視聴しなければ、収益になりません。広告は再生回数が多くなければ視聴者がスキップしてしまうため、広告をみてもらうためにも、YouTubeで動画を視聴してもらう必要があります。

そのため、YouTubeにただ動画を投稿するだけでなく、視聴者が1回でも多く再生する工夫が必要です。YouTubeでは、さまざまなジャンルの動画があるので、自分が得意と感じるものを投稿するようにしましょう。

ネタ動画

バラエティに特化している動画で、多くのユーチューバーが投稿している動画です。

ユーチューバーによって内容もさまざまで、インパクト勝負でテレビではできない動画を投稿することもあります。しかし、あまりに過激な動画を投稿していると、再生回数は稼ぐことができるものの世間からの批判も多くなるので、バランス感覚も重要です。

レビュー系動画

ユーチューバーとして人気の動画ジャンルが商品を紹介するレビュー紹介です。

企画を考える必要がなく、ただ商品紹介をすればそれで動画になるため、人気ユーチューバーでも再生数稼ぎに行っている方も多いジャンルです。レビュー動画と同じくらい人気のジャンルがゲーム配信です。

ゲーム好きであれば、プレイしていればそれだけで収益につながるので、好きなモノがあればレビュー系動画として投稿をしましょう。

音楽系動画

音楽に特化した動画を投稿しているユーチューバーも多くいます。

音楽系の動画投稿は再生回数以外にも注目されれば、テレビの音楽番組に出演することも可能です。また、動画以外にも楽曲販売でも収入を得ることができるので、音楽制作に自信のある方は音楽系動画を投稿しても良いでしょう。

自分の特技で発信

ユーチューバーの中には、自分しかできない特技に関する動画を投稿している方もいます。

YouTubeの動画はさまざまな動画があるため、差別化を図るために自分の特技に特化させた動画も1つの武器となるので、特技のある方は自分の特技を活かした動画を拡散していきましょう。

趣味を仕事にすることができる仕事

ユーチューバーの良いところは自分の趣味を仕事にすることです。どれだけ投稿の反応がイマイチだとしても、ある日を境に一気に爆発的に人気がブレイクすることもあります。そのため、最初の頃は仕事というよりも、趣味感覚で動画を投稿していくと良いでしょう。

継続的な活動が、ユーチューバーには必要不可欠になるため、まずは続けるということを意識して動画を投稿してください。

ユーチューバーの仕事の具体的な内容

ユーチューバーの仕事内容を紹介していきます。動画投稿といっても、作業内容は細かく分かれています。YouTubeに動画を投稿する仕事内容を詳しく掘り下げていきましょう。

動画投稿は、複雑な作業の連続

動画を投稿することは、一見するととても簡単な作業に思えるかもしれません。しかし、実際には撮影から動画投稿までを全て行うことができなければ、ユーチューバーとは言えません。撮影〜投稿までの仕事内容を紹介していきます。

企画を決める

動画を撮影する前に企画を考えます。この企画はユーチューバーによってさまざまです。有名になれば、どのような動画を投稿しても評価されます。しかし、無名のユーチューバーは認知されていないため、動画投稿をしっかり行う必要があります。

また、1日1動画は最低でも投稿する必要があるので、企画を1つずつ真剣に考えていては追いつきません。ユーチューバーは、動画を効率よく作りなおかつ企画としても成立しているものを考える必要があります。

撮影をする

企画が決まれば、撮影です。撮影といっても最初は素人なので戸惑うことが多いでしょう。そのため、まずは普段使用しているスマホから撮影を始めても良いでしょう。撮影が慣れないうちは失敗の連続ですが、とにかくコツを掴むまで努力が必要です。

編集

ユーチューバーとして最も苦戦するものが、編集です。編集作業は想像以上に時間がかかります。5分の動画を作成するのであれば、最低でも5時間は必要になります。また、こだわりを持って編集をすれば10時間必要なこともあります。

編集に終わりはありません。ある程度このレベルというものができるまで、とことんこだわって作るようにしましょう。また、最近では凝った編集の動画が多くなっているので、クオリティが高くなければ見てもらうことができません。そのようなことに意識をして編集をする必要があるので、編集をしっかり勉強してから取り組むようにしましょう。

動画更新

編集が終われば、YouTube上に動画を投稿することになります。動画は定期的に更新をしなければ視聴者はつかないので、この時間に投稿すると決めたら引き続き投稿をしていく必要があります。

また、動画の顔とも言える【サムネイル画像】を興味深いものにしなければなりません。動画だけでなく、サムネイル画像も作成する必要があるので、ユーチューバーの仕事はかなり多いということがわかるのではないでしょうか。

華やかな作業の裏では地味な作業も必要

このように、ユーチューバーの仕事は一見華やかなものに見えますが、地味な作業がたくさんあります。しかも、これらの作業をほぼ毎日のように行わないといけません。ユーチューバーには、地道な作業を行う力も必要であるということを覚えておきましょう。

ユーチューバーの仕事のやりがい

ユーチューバーのやりがいについて、紹介していきます。大きく分けて2つあります。1つは人に与える影響、もう1つは発信力です。

人に感動を与えることができる

ユーチューバーは動画で人の心を動かすことができます。笑わせることもできれば、感動を与えることも可能です。自分が苦労した動画で、知らない人を勇気付けたりすることができるという点もYouTuberのやりがいであると言えるのではないでしょうか。

世界へ発信できる

感動以外では、世界へ発信することができる仕事です。自分の動画の内容によっては日本人だけでなく世界の人に影響を与えることもあります。また自分の動画が世界で認められれば、日本だけでなく、一気に世界を代表するクリエイターとして仲間入りすることもできます。

ユーチューバーの良いところは、一発逆転で自分の状況を大きく変えることもできるため、動画で自分を変えたいという方にはオススメであると言えるでしょう。

有名なユーチューバーに必要なこと

夢がある仕事でもあるユーチューバーですが、有名になるためにはどのようなことが必要なのでしょうか。最も重要なことはどのような状況でも動画を投稿し続けるという継続性と奇抜なアイデア、そして人間性です。特に、人間性はユーチューバーには重要になります。

ユーチューバーとして人気者になっている方は魅力的です。そのため面白い動画と魅力的な人間になるために日々自分磨きが必要になる仕事と言えるでしょう。

ユーチューバーの仕事内容まとめ

youtuberという職業は一発当てれば夢が広がる仕事

ユーチューバーは、一発当てれば一気にスターになることができる夢のある仕事です。もちろん華やかな一面だけではありません。

ユーチューバーとして活躍する方がとても多く競争が激しい業界です。そのため、ユーチューバーとして生き残るためにはさまざまな作戦を考えて動画を投稿しなければなりません。

戦略がうまくいけば、ユーチューバーとして生き残っていけるので、ぜひこれからユーチューバーになりたい方は、今回紹介した内容を参考にデビューを目指してください。

YouTuber(ユーチューバー)の参考情報

平均年収800万円~1億円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種テレビ・映画・映像

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

YouTuber(ユーチューバー)の関連記事

テレビ・映画・映像に関する他の職業KANREN JOB