ガーデンデザイナーの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

ガーデンデザイナーの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

ガーデンデザイナーは、庭園を1から設計する仕事です。このページでは、ガーデンデザイナーが具体的にどのような仕事をしているのか、仕事のやりがいなどについて詳しくご紹介します。これからガーデンデザイナーを志そうとしている方は、ぜひ参考にしてください。

ガーデンデザイナーとはどんな仕事?

ガーデンデザイナーは、どのような仕事をしているのでしょうか。ガーデンデザイナーが日頃から行なっている仕事内容がどのようなものか詳しく紹介していきます。

要望に合わせた庭園を提案する

ガーデンデザイナーの仕事は、お客さんが希望した庭園を提案し設計を行い完成までの工事に携わる仕事です。工事は、家が完成した後で行うこともあります。庭園は、お客さんによって要望が異なるので、さまざまな様式の庭園を知っておく必要があります。

また、すべてのお客さんが同じ面積の庭園ではないのでそのお客さんに合わせた庭園を提案することも大切です。そのため、場合によっては限られたスペース、予算の中でお客さんが納得するような庭園を設計することもあります。

お客さんの予算内でいかに満足のいく庭園を設計するかが、ガーデザイナーに任せられる仕事だと言えるでしょう。

ガーデンデザイナーに求められるスキル

ガーデンデザイナーは、仕事をする上で次のようなスキルが求められます。これからガーデンデザイナーを目指そうと考えている方は、次のようなスキルを身につけておくようにしましょう。

提案力

ガーデンデザイナーには提案力が求められます。良い庭園を提案する時に提案力がなければ、お客さんが納得せず工事を受注してくれない可能性があります。いかにして、お客さんのニーズをくみ取りながら、納得できる庭園を提案できるか。ガーデンデザイナーにかかっているので、提案力を養うようにしましょう。

提案力は、デザイナーによって異なりますが、お客さんが納得いくような庭園をどのような方法で説明するかです。熱意で伝える方法もあれば、わかりやすい画像にすることで納得してもらうこともあります。

提案力は、人によって千差万別なスキルになるので自分に合った提案方法をガーデンデザイナーになった後で確立するようにしましょう。

植物に関する知識

ガーデンデザイナーになるのであれば、植物に関する知識は必要不可欠になります。植物の知識がしっかりあれば、植物をどのように配置すれば効果的かを知っているため、お客さんに提案する際に役立てることができます。

また、イメージに合う植物を提案するだけで、お客さんの満足度が高くなるので、植物に関する知識をガーデンデザイナーになって役立てるようしっかり身につけておきましょう。

ガーデンデザイナーの具体的な仕事内容

ガーデンデザイナーの仕事が具体的にどのようなことを行うのでしょうか。詳しい仕事内容について紹介していきます。

庭園が完成するまでの流れ

ガーデンデザイナーは、庭園が完成するまですべての工程に関わることになる仕事です。打ち合わせから完成までどのような流れで仕事が進んでいくのか、それぞれの工程を解説しながら、庭園が完成するまでの流れを簡単に紹介していきます。

お客さんからのヒアリング

ガーデンデザイナーがまず行う仕事が、お客さんからのヒアリング調査です。「どのような庭園を作ってほしいのか」「どれくらいの予算で庭園を作ってほしいのか」「どこにこだわりたいのか」など理想的な庭園を作る上で必要な情報をお客さんから聞きだします。

この時、お客さんからの情報が少ないと完成時にトラブルになってしまうこともあります。お客さんからしっかり調査をしているかどうかで庭園の完成に大きな影響を及ぼすので、ガーデンデザイナーにとっては大切な工程だと認識しておきましょう。

予算の作成

お客さんから言われたイメージを元に、予算がどの程度かかるか予算表を作成します。 予算表をおおざっぱにすると、お客さんが不信に感じてしまうことがあるので、納得できるような予算表を作ることが求められます。

庭園を作るためにどのような費用がかかるか具体的に示していると、お客さんも納得して工事を受注してもらうことができるので、慎重な資料作りが求められます。

完成図の提案

予算表と同時に大切なものが、完成図です。完成図があればお客さんもイメージが湧きやすいので、トラブルがなく工事を進めることができます。また、完成図を元にお客さんの要望を聞いて微調整をすることも可能です。

ガーデンデザイナーの中には、イメージを聞いて完成までお任せというケースもありますが、完成した後のやり直しは費用が膨大にかかってしまう可能性があるので、完成図を作ることでトラブルを回避することができます。

着工

お客さんから正式な依頼を受けたところで初めて着工に移ります。現場では石や植物の配置をガーデンデザイナーが指示を出すこともあります。ガーデンデザイナーは、イメージ図を完成させたら終わりということではありません。

完成まで責任を持って仕事に取り組むことになるため、最後まで手を抜くことができない仕事だと認識しておきましょう。

ガーデンデザイナーの腕のみせどころは

ガーデンデザイナーは、庭園が完成まで関わる仕事ですがどこが一番腕のみせどころなのでしょうか。ガーデンデザイナーは、庭園を完成させるための設計図を作りあげる点が、最も腕を見せるところと言えます。

お客さんから聞きだした情報を元に、良い庭園を完成させなければいけません。また、お客さんによって要望が少しずつ異なるので、お客さんが喜びそうなことをイメージしながら庭園を設計する必要があります。

完成図を提案するところが、ガーデンデザイナーにとって最も重要な仕事になるので、ここで納得のいくような庭園が提案できると一人前のガーデンデザイナーであると言えるでしょう。

ガーデンデザイナーの仕事のやりがい

ガーデンデザイナーの仕事のやりがいはどのような点にあるのでしょうか。ガーデンデザイナーの仕事のやりがいについて紹介していきます。

自分のスキルが結果として現れる

ガーデンデザイナーの仕事は、自分の芸術的センスや植物に関する知識が完成する庭園に大きく反映させることができる仕事です。自分の培ってきたスキルがすべて結果として現れるため、庭園の勉強をすればするほど、自分に返ってくる仕事だと認識しておきましょう。

完成した時の達成感がある

ガーデンデザイナーは、設計から完成までさまざまな工程を担当しなければなりません。1つの庭園を作るのに何ヶ月も時間を要するケースもあります。1つの庭園を完成させるために、膨大な努力が求められるため、完成した時は何とも言えない達成感を感じることができる仕事だと言えるでしょう。

人を笑顔にできる仕事

ガーデンデザイナーは、自分が手がけた庭園を見て、お客さんが笑顔になることができます。また、完成した後、庭園を見た人に感動を与えることができます。自分のスキルで、会ったことがない人を幸せにできるのは、ガーデンデザイナーの特権と言えるでしょう。

ガーデンデザイナーの仕事内容まとめ

庭園が好きな人にオススメなクリエイティブな仕事

ガーデンデザイナーの仕事は、お客さんに要望に合わせて満足のいく庭園を提案する大切な役割を持っている仕事です。ガーデンデザイナーとして活躍するためには、植物や石材など庭園に関する知識が豊富だけでなく、どのような庭園をお客さんが求めているのか要望をくみ取りながら提案する力が求められます。

ガーデンデザイナーは時に大変な面もありますが、自分の手がけた庭園が一生残ることもあるので、やりがいのある仕事だと言えるでしょう。ぜひ、お客様の心に残る庭を作り上げてくださいね。

ガーデンデザイナーへの就職・転職に役立つ講座が見つかる!

ユーキャン

ガーデンデザイナーの参考情報

平均年収300万円~500万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種自然・動物

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

ガーデンデザイナーの関連記事

自然・動物に関する他の職業KANREN JOB