保険外交員になるには?必要資格や向いている人の特徴などを具体的に解説

保険外交員になるには?必要資格や向いている人の特徴などを具体的に解説

保険外交員になるにはどのようなスキルが必要になるのでしょうか。お客様の人生を支える商品を提案することになるので、難しい仕事なのではとネガティブに捉える方もいるでしょう。しかし全くそのようなことは考える必要がありません。保険外交員必要なことを紹介しましょう。

保険外交員になるには何が必要?

保険外交員は「生命保険」をはじめとした万が一のことが起きた時に生活を安心させるものを販売する仕事です。商品の中でも、「安心を買う」という特殊な仕事になるので、他の仕事に比べて違うスキルが必要になります。それでは、保険外交員にはどのようなことが必要なのでしょうか。

相手を思うやる気持ち

保険の仕事は相手の要望に応えた商品を提案する必要があります。一人ひとり「何に対して不安を抱いているのか」は異なります。それぞれの人が安心することができる、豊かな人生を送ることができるように商品を提案しなければなりません。

そのためには相手が何を考えているかを常に考える必要があります。保険外交員は一人だけでなく複数名を相手にする必要があるので、それだけのお客さんの気持ちを考える必要があります。相手のことを考えることが保険外交員にはとても必要になります。

スケジュールを柔軟に合わせられる

保険外交員は相手のスケジュールに合わせて仕事をしなければなりません。時には相手の仕事が終わったあとに商品の契約をすることがあるので、遅い時間まで働くこともあります。仕事がお客様優先になるためプライベートを自由に調整することができることが必要になります。

福祉関係の知識

保険外交員の仕事は、福祉関係の知識も必要になります。一人ひとりの生活環境が異なり、その人の環境に最適なプランを提案する必要があります。

この時「結婚をしている」「独身」「母子家庭」「事故をして1ヶ月働けない」などさまざまな環境があり、それぞれにどのような保険があれば安心して生活を送ることができるかを判断して提案する必要があります。

福祉の制度を知っていることで、自治体の福祉制度では何が不足をしていて保険に入ることで何が解消されるかを説明することができるようになります。結果として保険を売り込みやすくすることができるため福祉関係の知識を持っておくと良いでしょう。

経済の動向

保険は金融商品であるため時代によって顧客の希望も変わっていきます。経済がどのように変化しているのか、経済で何が起きているのかを把握することで交渉を有利に進めることも可能です。経済の動向を常に把握し、色々なお客様に満足のいくような商品を提案できるようにしましょう。

保険外交員に向いている人、適性がある人

保険外交員に向いている人や適正がある人とはどのような人物像なのでしょうか。保険外交員に向いている人、適性がある人について紹介していきます。

向いている人

保険外交員に向いている人は次のようなスキルがあると保険外交員として向いているといえます。

相談を聞くことに慣れている

保険外交員はお客様の悩みを聞くことが仕事にもなります。悩みを聞くことで解決することができる商品を提案しなくてはなりません。そのため、さまざまな人の相談を常に聞くことが保険外交員には求められます。

普段から色々な人の悩みを聞いてそれに対して解決策を提案しているような方であれば、保険外交員となっても円滑に仕事を進めることができるでしょう。

柔軟性がある

保険外交員の仕事は不規則なことが連続して起きるので、柔軟に対応することができる力も求められます。例えば、昼休み時間にアポを取っていてもお客様から夕方に時間を変えてもらいたいという提案があればそれに合わせて時間を調整しなければなりません。

また、保険商品を売っても途中で別のプランに変更させたいなどという要求をされることがあります。さまざまな要求に対して柔軟に対応することができるスキルも求められるので、柔軟性が必要であるということを覚えておきましょう。

好奇心が強い

保険を販売する相手は、さまざまな仕事・生活環境を持っている人たちです。さまざまな人たちのライフプランに合わせた商品を提案するためには、人に興味を持つことが必要になります。また、一人ひとりの生活環境だけでなく、何を求めているかもそれぞれ異なるため相手が求めていることを聞き出さなければなりません。

このような時に、好奇心を持っていることでそれぞれの環境に興味を持たせることができるので、好奇心旺盛な方には保険外交員の仕事が向いているといえるでしょう。

適性のある人

保険外交員として適性のある人とはどのような人物なのでしょうか。適性のある人物像について掘り下げていきましょう。

人のために動くことが好き

保険外交員の仕事は人のためにどれだけ動くことができるかがとても重要になります。そのため、人のために活発に動くことが得意な人は保険外交員として働いても優秀な成績を残すことが期待できます。

人のための動くことが得意な人、人の役に立ちたいという強い気持ちを持っている人は保険外交員としての適性があるので前向きに検討してください。

細かい配慮ができる人

保険外交員は、さまざまな人と向き合うことになるため、一人ひとりに合わせた細かい配慮を心がけておく必要があります。

例えば、誕生日、結婚、昇進、仕事のプロジェクト成功などその人にとって大きな変化があった時に、プレゼントを送ったりお祝いの言葉を送ったりと細かな配慮をすることで契約につながることもあります。

自分の担当するお客様に対しては細かな配慮が常に求められるので、心配りができる方は適性があるといえるでしょう。

粘り強い

保険外交員の仕事は、お客様に対して何度も交渉を行うことで契約に結びつけるということもあります。このような時、「ダメかもしれない」という気持ちを持っていると交渉が決裂してしまうことがあります。

困難な状況を打破するために、粘り強く交渉を行う必要があるため何事にも諦めることなく、粘り強く取り組むことができる人が保険外交員に向いているといえます。保険外交員になった後でも優秀な成績を残すことができる可能性が高いので、該当する方は保険外交員を前向きに検討してみてください。

保険外交員になるための学校・教室

保険外交員について学ぶことができる教室や学校はあるのでしょうか。保険外交員について学習する場所について紹介しましょう。

学歴は問われない仕事

保険外交員は専門学校で学ぶ必要はありません。資格も必要ないためやる気さえあれば保険外交員としての仕事を行うことができます。

行くと良い学校

専門学校は必要ないものの、保険外交員として勉強をしたいのであれば福祉系の大学、経営について学ぶことができる大学に通うことで、保険外交員として必要なスキルを学ぶことができます。保険外交員は生涯に大きく関係する商品を販売するため、福祉系の知識を蓄えておくと交渉をする時に役立てることができます。

もちろんこれらの大学では保険外交員以外の仕事でも役立てることができるので、勉強が全く活用できなかったということはないでしょう。保険外交員だけでなく福祉系の仕事や経営の仕事に活用させたい人は、基本的な知識として勉強をしておきましょう。

保険外交員になるには?まとめ

人と接することが好きな人にオススメの仕事

保険外交員は人と接する機会が多く、人のためにどこまで貢献できるかがとても重要な仕事です。

資格は必要がないので「人のために役立ちたい」という気持ちさえあれば優秀な保険外交員になるので、これから検討している方は今回紹介した内容を参考にしてみてはいかがでしょうか。

人のために役立ちたいという気持ちが強ければ、保険外交官として優秀な成績を収めることができるでしょう。

保険外交員の参考情報

平均年収300万円~400万円
必要資格
  • 生命保険一般課程試験
資格区分 試験合格
職種金融

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

保険外交員の関連記事

金融に関する他の職業KANREN JOB