ファンドマネージャーになるには?必要資格や向いている人の特徴などを具体的に解説

ファンドマネージャーになるには?必要資格や向いている人の特徴などを具体的に解説

投資資産を管理して運用するプロフェッショナルであるファンドマネージャーになるには、どのようなスキルや能力が求められているのでしょうか。このページではファンドマネージャーに求められるスキルについて詳しく紹介していきましょう。

ファンドマネージャーになるには何が必要?

ファンドマネージャーになるためには、どのようなことが必要になるのでしょうか。これからファンドマネージャーになる方は、次のようなスキルを身に付けておくとファンドマネージャーとして有利に仕事を進めていくことができます。

客観的な分析力

ファンドマネージャーはどの銘柄をどのタイミングで購入するか、これから伸びそうな銘柄はどれかを分析していくことが必要になります。主観的ではなく客観的な分析が常に求められるため、分析力を磨いていくようにしましょう。

必ず成功する投資には理由があります。なぜ収益を上げることができたのか、なぜ失敗してしまったかを明確に分析できるだけでなく、経済状況を判断することができるような分析力を養うようにしましょう。

顧客との信頼関係

ファンドマネージャーには顧客との信頼関係も求められます。顧客との信頼関係がなければ資産を代わりに運用することも難しいと言えます。顧客との信頼関係を築いていくためには、小さな実績作りを積み重ねていくことが大切です。

また、実績だけでなく、顧客とはコミュニケーションを密にして信頼関係を深くしていくようにしましょう。

プレッシャーに負けない力が必要

ファンドマネージャーは自分の資産ではなく、人の資産を自分が代わりに運用していくことになります。そのため、結果を出さなければファンドマネージャーとして評価されず、仕事を失ってしまうこともあります。

場合によっては巨額の資産を代わりに運用することもあるので、それをプレッシャーと感じることもあります。常に結果を出さなければならない、結果が出なければ顧客が損をしてしまう、というプレッシャーに打ち勝つような気持ちがファンドマネージャーには求められると言えるでしょう。

ファンドマネージャーに向いている人、適性がある人

ファンドマネージャーに向いている人や適性があるのはどのような人物像なのでしょうか。次のような項目に当てはまる方は、ファンドマネージャーに向いている人、適性がある人であると言えます。それぞれ紹介していきます。

向いている人

ファンドマネージャーに向いている人は、人間力が高い人です。人間力といってもさまざまな定義がありますが、ファンドマネージャーにはカリスマ性の高い人間力が必要不可欠になります。次のような能力を持っている人は、優秀なファンドマネージャーになることができる可能性があります。

冷静な判断力のある人

ファンドマネージャーは、資産運用をしていく上で冷静な判断をする必要があります。好調な銘柄でも突然価格が大きく下落することもあります。また、全く注目されていない銘柄でもあることをきっかけに一気に業績を伸ばすこともあります。

このような状況を的確に判断していく必要があります。また、損失をした時に冷静さを欠いた判断をすると、資産を大きく失ってしまう可能性があるので、どのような状況でも冷静に判断できる力が必要です。

リサーチが得意な人

ファンドマネージャーになる方は、リサーチ能力が長けている人が多くいます。自分の得意としていない銘柄を管理することもあるので、どのような銘柄かをしっかりリサーチしておかないと自分の経験則だけで対応できないこともあります。

また、損失を最小限に抑えるために個人の資産のような大胆な行動を起こすことはできず、確実な投資も求められます。このような投資を行うためには、入念なリサーチが必要不可欠になるので、リサーチが得意な人でないとうまくいかないと言えるでしょう。

金融業界に興味がある人

投資はお金が関わってくる仕事なので、お金に興味がなければ投資がうまくできないこともあります。お金に関することが好きな人、巨額なお金を動かしたいという方にはオススメの仕事だと言えます。

また、金融業界に興味がある人だけでなく、お金に関する知識が豊富な方もファンドマネージャーに向いています。お金の知識は難しいことも多くあるため、興味がなければ持続して勉強することができないので、金融業界に興味がある方、知識がある方にオススメです。

適性のある人

ファンドマネージャーの適性がある人とはどのような人物なのでしょうか。適性の視点からファンドマネージャーに向いている人を紹介していきます。

自信家である

ファンドマネージャーは人の資産を確実に増やす必要があるので、自分の判断が正しいと思える自信も必要です。たとえ失敗したとしても、顧客に対して自分の判断は間違っていなかったということを納得させるような説明も必要です。

また、自分の判断に自信がなければどの銘柄を買えば良いか判断できないので、自信家としてのスキルが求められます。

結果に責任を持つことができる

ファンドマネージャーは、常に自分の結果に責任を持つことが求められます。失敗してしまった場合、どのような対策をして挽回するかも常に考えなければなりません。結果に責任を持つことができなければ、人の資産を代わりに運用することができないので、自分の決断に責任を持てるような人物が向いている仕事だと言えます。

決断力がある

ファンドマネージャーは、常に決断を求められます。時には決断することが難しい状況に直面することもあります。このような時でも迷わず決断する力が必要です。ファンドマネージャーになる方の多くは決断力があり、大胆さがあります。

大胆な思い切った決断を苦労することなくできる人は、ファンドマネージャーの適性があると言えるでしょう。

ファンドマネージャーになるための学校・教室

ファンドマネージャーになるための学校や教室はあるのでしょうか。ファンドマネージャーになるための学校や教室について紹介していきます。

会社で経験を積む

ファンドマネージャーは資格がなくてもできる仕事です。そのため、会社内で評価されればファンドマネージャーとして活躍できる可能性もあります。しかし、ファンドマネージャーの仕事は人の資産を扱う仕事になるため新人にいきなり任せることはありません。

アシスタントとして優秀であることをアピールし、実績を積み重ねていかなければファンドマネージャーになることは難しいでしょう。ファンドマネージャーになりたいのであれば、アシスタント時代から実績を積み、顧客との信頼関係を築きながら、先輩の動きを見て学習をしていくようにしましょう。

証券アナリストの資格を取得する

ファンドマネージャーの資格はないものの、証券アナリストという資格を取得することで、ファンドマネージャーとして優秀な能力があることをアピールすることができます。

この資格を持っていてもファンドマネージャーになることができるわけではありません。しかし、ファンドマネージャーになった時に、顧客の判断材料の1つになる貴重な資格であると言えます。

証券アナリストの資格は、指定された通信講座を受講し試験に合格すれば取得することができるので、証券アナリストを認定している日本証券アナリスト協会の通信講座を受講するようにしましょう。

ファンドマネージャーになるには?まとめ

資産運用に必要なスキルを身につけてファンドマネージャーになろう

ファンドマネージャーは資格が必要な仕事ではありません。その代わりに分析力、判断力、決断力などの的確なスキルと、顧客にこの人であれば自分の資産を任せてみたいと思わせる人間力が必要です。

ファンドマネージャーになりたい方は、資格を取得するのではなく必要な人間力を満たすために色々なことを勉強し、証券会社に入社するように心がけましょう。

ファンドマネージャーの参考情報

平均年収700万円~1200万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種金融

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

ファンドマネージャーの関連記事

金融に関する他の職業KANREN JOB