デイトレーダーになるには?必要スキルや向いている人の特徴などを具体的に解説

デイトレーダーになるには?必要スキルや向いている人の特徴などを具体的に解説

株取引やFX取引で利益を得るデイトレーダーとして成功する人はほんの一握りで、ミスをすれば一瞬で大金を失うリスクがあります。証券口座と元手があればだれでも始められる投資ですが、デイトレーダーになるにはどんな人が向いているのでしょうか。

デイトレーダーになるには何が必要?

必要なのは集中力!資金や取引ができる環境は必須

デイトレーダーとは、株式や為替FX、債券取引などを1日のうちに売ったり買ったりすることで利益を得る人のことを言います。証券会社などに勤め、顧客のお金で取引し利益を得るトレーダーという職業もありますが、専業のデイトレーダーであればどこにも所属せず、自分のお金で取引を行っている人が多いです。

デイトレードでメインの収入を得ている人が専業デイトレーダーです。メインとなる収入源が別にあり、デイトレードと他の仕事を兼業している人は、兼業デイトレーダーと呼ばれることがあります。最近日本では少額から投資ができるようになるなど、投資ブームが起こっている影響で副業としてデイトレードを行う、兼業デイトレーダーが増加傾向にあります。

日本語ではデイトレーダーのことを投機家と呼ぶことがあります。投資家との区別はあいまいで、はっきりとした区別はありません。しかし、デイトレーダーは1日で取引を完結するのに比べて、投資家は長期間株や債券を保有し利益を得ることが多いようです。

資格・学歴関係なし!証券口座があれば誰でもなれる?結果がすべての厳しい世界

デイトレーダーを名乗るために資格や学歴は不要です。ただし、取引をするための口座を開く必要があります。未成年でも取引ができる証券口座も存在するので、実質未成年でも取引は可能です。

日夜デイトレードを行うためにインターネットが使える環境と、パソコン、もしくはパソコンに代わるデバイスが必要です。プロのデイトレーダーともなると、何台ものモニターを使用してチャートと呼ばれるグラフをチェックします。

リスクはあっても効率的に稼ぐためには多い方がいい?生活費とは別の余剰資金

投資をするには当然ながら資金が必要です。投資に回すお金が大きければ大きいほど、利益が出た時は金額が大きくなります。

例えば100万円の資金を使って取引を行い、1%の利益が出たら1万円の儲けとなります。もし仮に1,000万円の資金を使って1%の利益が出たら10万円の利益がでるということです。実際の取引ではさらに税金や手数料など差し引かれます。

もちろん投資なので損をすることもあり、金額が大きければ損をする額も大きくなります。投資は基本的に生活費とは別の余剰金で行い、効率的に利益を得られる金額が望ましいです。なおかつ取引で損をし、資金が0円になっても生活に困らないだけの資金を持っている人のみが、デイトレーダーを続けることができます。

デイトレーダーとしての資質を問われる、集中力と精神力は必須

一般的に株式の売り買いができるのは、株式市場が開いている取引時間内の9時~11時30分、12時30分~15時の5時間だけです。たった5時間ですが、市場はめまぐるしく変わり、一瞬でも気を抜くと売り買いのタイミングを逃してしまうこともあります。

専業デイトレーダーはトイレに行くタイミングもないほど、モニターを見て市場の動向を監視します。そのため、何時間もチャートと向き合い、正しい判断を行う集中力が必要です。

情報収集をしなければ勝負はできない!投資・経済に関する基礎知識

デイトレーダーを続けるためには当然、利益を上げる必要があり、そのためには投資や経済に関する知識がなければなりません。チャートの読み方・予測方法、株や為替の上下にどんな事件や出来事が影響するのかなど、経済や社会に関しての知識と教養が武器になると言えるでしょう。

デイトレーダーに向いているのはどんな人?

経済の動向に興味があり研究熱心、常に情報のアンテナを張っていられる人

デイトレーダーとして利益を上げるためには、経済がどのように動いているのか常に情報収集する必要があります。最近では海外と全くかかわりのない上場企業はほぼないと言ってもよいでしょう。

為替や株の値動きを予測するために、国内だけでなく海外の経済ニュース、事件や事故などもチェックする必要があります。英語や外国語が堪能で、原文で海外ニュースから情報収集ができる人は、日本に詳細な情報が入ってくる前に情報をゲットでき、有利になる可能性が高いです。

また、毎日株価や為替の値動きをチェックし、研究することがデイトレーダーとして必要な判断力をはぐくみます。何年も経済の動向を研究して経験を積んだ人の方が、判断材料が増えるため、有利になると言えるでしょう。

徹底的に追求し、余計な情報に流されず自分で情報の真偽を確かめるタイプの人

デイトレーダーには自分で徹底的に調べなければ気が済まない人に向いていると言えます。デイトレードの世界は実力主義です。いかに他者より優れた先読みをし、情報を基に判断を下せるか、デイトレーダーの能力にかかっています。

一般的な会社であれば、わからないことは先輩や上司に聞くことで解決することも、デイトレーダーの場合は誰かに聞いて解決するということはほぼないです。新聞や雑誌、ニュース、時には上場企業のデータが載っている四季報を隅から隅まで見て結論を自分で下すのです。

もちろん同業者の友人や知り合いができ、情報交換をすることもありますが、デイトレーダーとしての判断を全て委ねることはほぼないと言ってよいでしょう。自分で情報を収集し判断できる人に適性があります。

小さく負けて大きく勝つ!成功するデイトレーダーは強い精神力を持った人

株やFXなどの取引をするにあたり、利益だけを出し続けているデイトレーダーは存在しません。負けることやプラスマイナスゼロになることもあります。小さく負けて大きく勝つことを続けられる人が成功する、と言われているほどです。

大きな損害が出たからといって動揺したり感情的になったりして冷静な判断ができなくなってしまうと致命的です。損害が広がらないように損切をしたり、ここぞという時に十分な投資をしたりできなくなります。デイトレードだけで生活ができている人たちは、数百万や数千万、時には数億円の資金を動かします。

莫大な損害が出ても冷静な判断ができる、精神力のある人が向いていると言えるでしょう。

デイトレーダーになるための知識を身に付ける方法

デイトレーダーを名乗るための資格や試験は存在しません。もし、株やFXなど投資に関しての知識を身に付けたいのであれば、株式の仕組みから教えてくれるマネースクールもあるので門をたたいてみるのもよいでしょう。

投資というと大げさにとらえてしまう人も多いですが、マネースクールでは家計簿レベルのお金の話から、将来設計に関する投資についてまで教えてくれるところもあります。

何年もかけて独学で投資のノウハウを学んだデイトレーダーも少なくありません。投資に関する書籍も数多く出版されています。経済は日夜変動がありますので、最新の情報を取り入れることを意識しつつ、本や雑誌、インターネット、投資関連の動画などから独学で学ぶことも十分可能です。

中にはブログで投資関連の執筆をしたり、メールマガジンなどで情報を発信したりしているデイトレーダーもいますので、さまざまなところから情報を集めるとよいでしょう。個人が行っている講座やスクールも存在しますが、中には詐欺まがいのセミナーなども存在しますので、十分注意して選ぶ必要があります。

家計簿レベルから投資をすでに始めている人にも「ファイナンシャルアカデミー」

ファイナンシャルアカデミーは日本最大級の総合マネースクールです。家計に役立つ貯蓄法から、株式投資・不動産投資など資産運用のことまで学べるカリキュラムが用意されています。自分の目的にあったコースを選ぶことで、デイトレーダーに必要な投資に関する基礎地知識を学ぶことができます。

投資について学ぶのであれば「株式投資スクール」か「外貨投資・FXスクール」のカリキュラムがおすすめです。「株式投資スクール」では会株式の仕組みか会社四季報や財務データの見方の基本、チャートを分析し解読する方法など基礎から実践まで丁寧に教えてくれます。

おすすめコースは「外貨投資・FXスクール」基礎から実践まで時間をかけて学ぶ

「外貨投資・FXスクール」では、FXをすでに始めているが成果が出ない人やこれから始めようと思っている人におすすめの講座です。知識を身に付け、自分で考えたうえで判断を下すことができる「自立した投資家」を育てることを目的としたコースです。

受講期間が2年間と長めに設定されており、好きな時に繰り返し学べ、成果が出るまでじっくりと勉強することができます。教室で受講する場合、受講生同士のディスカッションやケーススタディの時間があるため、交流を深め人脈を広めるきっかけにもなります。

投資について情報交換や近況報告ができる仲間ができるのは、大きなメリットと言えるでしょう。専業のデイトレーダーは一人で投資について情報収集し、考え、判断をする一方で、同業者の友人・知人を持ち食事や飲み会の場に参加することで息抜きをする人が多いです。人脈を築くという意味でも教室に通う価値があると言えるでしょう。

忙しい人、マイペースで通いたい人は通信制・WEB受講の利用がおすすめ

ファイナンシャルアカデミーの学校があるのは東京・大阪・ニューヨークの3か所です。遠方に住んでいる人や仕事が忙しい、家を空けられない方などは通信制やWEB講座で学ぶことができます。

デイトレーダーになるには?まとめ

デイトレーダーとして成功するためには資金・知識だけなく精神力が重要

デイトレーダーになるために特別な資格や学歴は不要ですが、結果がすべての職業です。やり方次第では小さな元手を大きく増やせる一方で、どんな戦略を立てても予期せぬ事態が起これば一瞬で大金を失う可能性があります。決して安定しているとは言えません。

確かな判断力と、どんなことがあっても動じない精神力がなければ続けるのは難しいです。日夜変動する経済の動きに合わせていけるだけの知識や柔軟さも必要と言えるでしょう。

ミイダスで「あなたの適正年収」を診断可能!

ミイダスは経歴や経験・スキル情報から自分の市場価値、スキル、パーソナリティを診断・データ分析できるサービスです。

デイトレーダーの参考情報

平均年収-
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種金融

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

デイトレーダーの関連記事

金融に関する他の職業KANREN JOB