デイトレーダーの給与・年収は?毎年同じ金額を稼ぎ続けるのはほぼ不可能に等しい

デイトレーダーの給与・年収は?毎年同じ金額を稼ぎ続けるのはほぼ不可能に等しい

デイトレーダーとして収入を得る場合決まった給与はなく、市場の動向や景気、投入した資金などによって人によって異なります。デイトレーダーと似た職種である、金融商品を扱う証券会社や、金融取引を行うトレーダーなどの仕事に就いた場合、年収はどれくらいなのか比べてみました。

デイトレーダーに初任給は?

初任給は会社などに就業した際に初めてもらえる給与のことです。専業でデイトレーダーを仕事にしている人は、どこかの会社に所属して働いているわけではないので、初任給は存在しません。また、その時の利益や市場の動き方などで収入は変化するうえ、どの程度の元手から始めたのかによっても収入は変わります。

メインの収入となる別の仕事を持つ兼業デイトレーダーの場合も同様に、初めて利益を出した時の資金や市場の状況によっても変わるので初めて得る利益がどれほどかというのは断言するのは難しいと言えるでしょう。

証券会社社員として就職した場合、初任給はいくらくらいもらえるのか?

株式や為替取引と関係が深い証券会社に就職した場合の初任給は20~25万円前後が一般的です。

将来、専業デイトレーダーとして独立したいと思っている人の中には、知識やノウハウを学ぶために証券会社への就職を目指す人も多いのではないでしょうか。ただし、専業デイトレーダーになるのに学歴は必要ありませんが、お金を預かる信用第一の金融系の仕事は学歴や職歴を重視することも多いようです。

デイトレーダーの月給与は?

デイトレーダーの給与は人や状況、資金によって変動するので把握は不可能

専業でデイトレーダーをしている場合でも、兼業でデイトレードをしている場合でも、月にいくら稼いでいるか、という統計を取るのは難しく、残念ながらはっきりしたことがわかりません。1日のうちに数億稼いだという話もあれば、数億溶かしたという話もざらにあります。

人気超大手の国内証券会社に勤めた場合の平均給与は一般企業より高水準

証券会社に就職した場合の給与平均は一般的に高水準のであることが知られています。とある人気大手の証券会社の月額給与は、性別、勤続年数によっても大きく変わってきます。

男性の場合20~24歳が20万円前後、25~29歳が60万円前後、30代では55万円前後、40代では万円前後、50代では100万程度という推定データがあります。

女性の場合、20~24歳が20万円前後、25~29歳が48万円前後、30代では73万円前後、40代では68万円前後、50代では76万程度という推定データがありました。

さらに、24時間常に動いている市場を相手に仕事をしているだけに、仕事量は多く激務であることが多いです。業界全体を見ても残業が多いため、残業代だけでも毎月数万円プラスされることもあるようです。

デイトレーダーの年収統計は把握不可能

デイトレーダーの年収はマイナスになる人から億単位で稼ぐ人とさまざま

デイトレーダーの月収についてはっきりとしたことがわからないのと同様に、年収についてもはっきりとしたデータがありません。

専業・兼業デイトレーダーの1年の収支はマイナスになる人もいれば、数千万円、数億円プラスになる人もいます。もちろん、数百円程度のプラス・マイナスの人もいます。そのため正確なデータを取るのはほぼ不可能と言えるでしょう。

国内大手の人気証券会社に勤めた場合の平均年収はどれくらい?

新入社員はほぼ一律でもらえていたボーナスも、勤務年数を重ね、実績をどれくらい評価されるかによってボーナスの額が変動してきます。ある人気大手の証券会社の推定データでは年収額も年齢・男女差が大きいです。

男性の場合20~24歳の年収が300万円前後、25~29歳が960万円前後、30代では1,100万円前後、40代では1,300万円前後、50代では1,500万程度という推定データがあります。

女性の場合の平均年収は20~24歳が300万円前後、25~29歳が800万円前後、30代では900万円前後、40代では1,000万円前後、50代では1,200万程度という推定データがあります。

20代前半と後半で大きく差がつくのは、どれほど成果を上げられたかの差ととらえることができます。大手の証券会社の推定年収なので、地方の中小証券会社であればもっと年収は低く見積もる必要があるでしょう。

外資系と日系証券会社では雇用形態が違い、報酬や評価の仕方も異なることがある

証券会社は実力主義の厳しい業界だと言ってもよいでしょう。ずっと証券会社で働こうと思ったら、それなりの成果をおさめていかなくてはなりません。実力主義の特色がさらに濃いのは外資系の証券会社です。

契約の仕方も年俸制で、年俸に見合った働きができなければ容赦なく評価に響いてきます。成果が上げられない状態が続くと、契約更新されずクビになることもよくあるようです。また、上司が英語しか話せない、顧客に対しても英語で商談しなければならないなど、語学力も当然のように要求されます。

ただし、成果を上げ続ければボーナスとして反映され、実力を適正に評価してもらえれば年収はどんどん上がっていく可能性が高いです。優秀な外資系証券マンは日系の証券会社より数倍稼ぎ、20代前半から何千万もの年収を稼いでいる人もいます。

デイトレーダーに似た職業の人たちは年収いくら?

一般企業で働くトレーダー・金融ディーラーはどのような仕事か?

証券会社などに勤めているトレーダーという職業は、株式や債券などの売買の取引仲介を行い、時にはトレーダー自ら売買を行うこともあります。

金融ディーラーとは外国為替や外貨資金などの売買取引などを行う仕事のことです。トレーダーとディーラーの呼び分けについては非常にあいまいで、会社によって呼び方が違うが仕事内容がほぼ一緒であったりします。

海外市場を含めると金融市場は24時間休みなく働き続けています。それらに合わせてディーラーやトレーダーたちも働くため、素早い判断力・情報処理能力だけではなく、体力と大きなお金を動かすプレッシャーにも強い精神力が必要とされます。

基本的に専業デイトレーダーは自己資産を用いて取引を行い、得た利益は税金などを差し引いてすべて自分のものになり、フリーランスや自営業のようなイメージです。一方ディーラーやトレーダーはお客様からお預かりした資産を元に取引を行います。成功すれば多額のボーナスが支払われたり、それなりの報酬があります、失敗が続くと契約が切られたり、ディーラーの役職を下ろされたりします。

もちろんトレーダーとして独立し、個人で顧客と契約をして仕事をしている人もいます。この場合、お客様から資産運用の絶対的な信頼を寄せられたうえで契約を交わしていますので、実力主義で失敗は許されないこともあります。そのかわり成功報酬はかなりの高額になると推測できます。

就業先によってさまざまな金融ディーラーの年収は?求人は減少傾向

金融ディーラーの年収にも幅があり、300~3,000万円ではないかと言われています。一般的な会社員としての稼ぎから、それ以上の稼ぎをする人までさまざまと言えるでしょう。
能力や就職する会社によっても異なります。また、能力や経験の差もボーナスなどに影響してきます。

また最近ではコンピュータ取引の進化もあり、求人は減少傾向にあると言われています。しかし、コンピュータやAIではカバーしきれない専門性や柔軟な情報処理能力など、高い知識と経験を持った人であれば、成果も出すことができ、長く働ける仕事だともいわれています。

優秀なトレーダーは高収入!実力主義の世界で仕事内容もハード

トレーダーにも証券トレーダー、株トレーダー、FXトレーダーなどさまざまな専門があります。何を専門にし、どれほど成果を出したかによって変わりますが、若いうちから年収1,000万円を超える人もいるようです。

だいたい500~1,000万円以上と一般的な会社員と比べたら高水準の年収で、日系企業の倍以上の年収が期待できると言われています。しかし、成果主義・実力主義の世界ですから、成果が出せなければ減給や異動になることもある厳しい業界です。

デイトレーダーは自由だが不安定、会社員は評価があるがある程度収入は安定する

不測の事態がいつ起こるかわからないため、専業デイトレーダーは安定とは程遠い職業です。2008年に起きたリーマンショックでは、全財産を失ったデイトレーダーも少なくありませんでした。その一方、会社員では決して稼げない額のお金を一瞬で稼ぐことができる夢のある職業でもあります。

投資の世界に興味があるようであれば、経済的な安定や投資の基礎知識を築くために、デイトレーダーへのワンステップとして金融業界で働いたほうが、メリットが大きいこともあります。

デイトレーダーの中にはディーラーや証券マンとして働いたほうが活躍でき、トータルの年収が増えるのではないかと思われる人もいます。しかし、どこかの企業に所属したり契約を結んだりしないのは、専業デイトレーダーは自分自身で仕事ができる自由さが理由の一つかもしれません。

顧客から預かったお金を使ってする取引や、組織の中で動くことにプレッシャーを感じてうまく能力が引き出せない人も中にはいるでしょう。デイトレーダーの強みは自分自身の資産を使い、大きな損益を出してもクビになったり、降格されたりするプレッシャーはありません。

自身の生活だけを最低限保証できれば良いわけです。仮に業務内容はほぼ同じで、企業に勤める方が、年収が高くなったとしても、デイトレーダーとして一人で活動することにこだわる理由は、自由度が高いことにあるのかもしれません。

デイトレーダーの給与・年収まとめ

デイトレーダーの収入はマイナスになることも億単位になることもある

デイトレーダーの収入が安定することはありません。経済の動向は激しく、予測不可能な事態が起こることもたびたびあります。1日で数億稼ぐこともあれば、全財産失うこともあります。

証券会社に勤める会社員やトレーダー、金融ディーラーになり成功すれば一般的な会社員より何倍も稼げますが、その分リスクや責任は非常に大きいです。実力主義・成果主義の非常に厳しい業界です。

デイトレーダーの参考情報

平均年収-
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種金融

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

デイトレーダーの関連記事

金融に関する他の職業KANREN JOB