ファンドマネージャーの給与・年収は?完全実力主義のためインセンティブ報酬が全て

ファンドマネージャーの給与・年収は?完全実力主義のためインセンティブ報酬が全て

ファンドマネージャーは、巨額の資産を動かし1日で何億円というお金を取引する金融商品のプロフェッショナルです。彼らがどの程度給与・年収を受け取っているかご存知でしょうか。このページでは、ファンドマネージャーの給与・年収について詳しく紹介します。

ファンドマネージャーの初任給

ファンドマネージャーの初任給について、どの程度もらえるか紹介していきます。新卒のファンドマネージャーは残念ながらいません。新卒で証券会社に入社した場合、ファンドマネージャーではなく補佐するアシスタントとして仕事をすることになります。

アシスタントで活動をした場合、初任給は20万〜28万円程度になります。所属する会社によって給与額は異なりますが、業績の良い会社に就職をすれば20万円後半の初任給も夢ではありません。

報酬の高い仕事

ファンドマネージャーは報酬の高い仕事です。初任給でも給与が高いため、その後ファンドマネージャーになればさらに給与が上がります。ファンドマネージャーを目指している方は、会社で認められるように実績を積み重ねておくようにしましょう。

最初の頃は先輩のサポートをすることがメイン

ファンドマネージャーとして仕事ができる前は、アシスタントとして仕事を行うことになります。この時は先輩の仕事を覚えるだけでなく、顧客との信頼関係を築いていくことにしましょう。

ファンドマネージャーは人の資産を代わりに運用することになるので、信頼関係が構築されていなければ仕事を別のファンドマネージャーにしてほしいと言われることもあります。新人の頃は、給与よりも実績や人間関係を重視して活動するようにしてください。

20代後半の報酬

実績と信頼関係があれば、20代でファンドマネージャーになることも難しいことではありません。20代後半でファンドマネージャーになることができれば、給与も飛躍的に高くなり40〜60万円前後になることも夢ではありません。

ファンドマネージャーは実力でなることができる仕事

他の職種では20代では全く稼ぐことができず、本領を発揮することができるのは30代からという仕事が多い中で、ファンドマネージャーは実力次第で報酬が20代でも高くなり、同年代よりも高い給与を実現させることができます。

もちろん、高い給与を受け取るためにはファンドマネージャーとしての実績が判断材料になるので、ファンドマネージャーに求められるスキルを磨き、ファンドマネージャーとして結果が出すことができるように入社してからさまざまな学習と経験を積んでおくようにしましょう。

ファンドマネージャーの平均給与

ファンドマネージャーの給与はどのように推移していくかを簡単に紹介していきます。ファンドマネージャーの給与を平均すると約70万円前後になります。20代前半から後半にかけては勉強期間です。そのため、ファンドマネージャーとしての報酬も低く40〜60万円程度になります。

30代のファンドマネージャーになると、70〜80万円台になり、実績の高いファンドマネージャーになると月収100万円を超える人も少なくありません。

40代になると、90万円くらいは給与として受け取っている方も多くいます。このように他の職種に比べて全体的に給与が高い職種であることがわかります。

企業によって微妙に違う

証券会社といっても、国内の大手証券会社から中小企業までさまざまです。その中でも多く給与を受け取ることができる企業はどのようなところなのでしょうか。ファンドマネージャーの仕事になると、どの企業に勤めても給与は高めです。

その中でも、最も高い報酬が期待できるのが外資系の証券会社です。外資系の証券会社になると、実績さえ残せば報酬が飛躍的に高くなることもあります。

インセンティブ報酬が全て

ファンドマネージャーは給与が高い代わりにボーナスがない会社も少なくありません。正社員なのにボーナスがないのは可哀想だと思われるかもしれませんが、決してそうではありません。

ボーナスが支払われない代わりにインセンティブ報酬でボーナスを受け取っている仕組みにしている企業が多くあるためです。そのため、顧客の資産運用に成功をすれば直接ファンドマネージャーの報酬にもつながるので、ファンドマネージャーは必死になります。もちろんこの制度はリスクもあるので、良い面だけを捉えないようにしましょう。

ファンドマネージャーのリスク

ファンドマネージャーとして投資に成功すると、報酬を多く受け取ることができます。しかし、投資に失敗し続けていると報酬が全くありません。また、結果を出し続けていないとファンドマネージャーとしてクビになることもあります。

ファンドマネージャーとして巨額な損失を出し続けることはリストラを意味しているので、何がなんでも結果を出さなければいけないという厳しい世界であることを覚えておきましょう。

ファンドマネージャーの平均年収

ファンドマネージャーの年収はどの程度もらうことができるのでしょうか。ファンドマネージャーの年収を統計でみると、760万円〜1,300万円です。若手でも760万円も年収で受け取ることができるので、他の企業に比べて高い報酬が期待できる仕事であることが分かるのではないでしょうか。

年収1,000万は難しいことではない

ファンドマネージャーとして年収1,000万円以上稼ぐことは難しいことなのでしょうか。結論からいえば、ファンドマネージャーとして結果を出していれば難しいことではありません。むしろ、他の仕事に比べて簡単に年収1,000万を超えることができます。

ファンドマネージャーの中には年収1,000万円以上を軽々クリアし2,000万円以上稼ぐ方もいます。ファンドマネージャーは結果を出せば出すほど収入に直結するので、難しいことではないと覚えておきましょう。

世界のファンドマネージャー

世界のファンドマネージャーはどの程度収入を得ているのでしょうか。トップクラスのファンドマネージャーになると、推定年収が2,000億円というケースもあります。ファンドマネージャーとして一発当てることができれば、スポーツ選手をはるかに超える収入を得ることができるので、夢のある仕事であると言えるでしょう。

ファンドマネージャーとして働いた経験を活用する

ファンドマネージャーとしてある程度実績を積んだ方の中には、一線を引いて企業の顧問役を務める方もいます。ファンドマネージャーの仕事は1日1日精神をすり減らして投資を行うことになるので、体力がいる仕事でもあります。

体力的に厳しい方の中にはファンドマネージャーとして損失を出してしまうのではなく、引退をして別の道を模索することもあります。ファンドマネージャーとしての知識があれば、どの企業でも通用するので、第二の人生も安定した収入を期待できます。

ファンドマネージャーは、年収が他の業種よりも高く、しかも現役として働くことができなくなっても安定した収入を得ることができる仕事です。これからファンドマネージャーを検討している方は、ぜひこのような点も考慮して目指すと良いでしょう。

ファンドマネージャーの給与・年収まとめ

ファンドマネージャーは報酬が高い分リスクもある仕事

ファンドマネージャーの仕事は報酬が高く、ファンドマネージャーで活躍することができれば、億万長者になることも夢ではありません。

結果が自分の報酬につながるという点は良いメリットがありますが、結果が全く出せないとファンドマネージャーとしての仕事が難しくなるので、常にプレッシャーがかかるような仕事であることを覚えておきましょう。結果次第ではありますが、収入は青天井なので夢のある仕事です。

ファンドマネージャーの参考情報

平均年収700万円~1200万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種金融

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

ファンドマネージャーの関連記事

金融に関する他の職業KANREN JOB