ファンドマネージャーの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

ファンドマネージャーの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

ファンドマネージャーは金融商品を扱うプロフェッショナルです。一流のファンドマネージャーになれば巨額の金融商品を扱うこともあります。このページでは、ファンドマネージャーがどのような仕事内容を行なっているかを紹介します。ぜひ参考にしてください。

ファンドマネージャーとはどんな仕事?

ファンドマネージャーが行う仕事とは一体どのような仕事なのでしょうか。ファンドマネージャーが行う仕事内容を紹介していきます。

金融資産を運用する

ファンドマネージャーが行う仕事の中で、最も大切なことは金融資産を運用するということです。ファンドマネージャーが扱う金融資産はさまざまです。資産運用がうまくいっていない資産家の資産を増やす仕事もあれば、巨額な資金を増やすための資産運用をすることもあります。

ファンドマネージャーによっては、何百億というお金を動かしている方もいるので、扱う商品が高ければ高いほど、ファンドマネージャーとして優秀であるということがうかがえます。もちろん、巨額の資産を運用するまでにはファンドマネージャーとしての実績が問われるので、少しでも巨額の商品を扱いたいというのであれば、実績を積むようにしましょう。

決断力が求められる仕事

ファンドマネージャーが行う仕事は、決断力が求められる仕事です。普通の人ではできないような大胆な決断をすることもあれば、時には苦渋の決断をしなければならないこともあります。

常に変化していく市場に対して素早い決断が求められるので、ファンドマネージャーの仕事をこれから行おうと考えている方は、決断力のスキルを磨いておくようにしましょう。

ファンドマネージャーの具体的な仕事内容

ファンドマネージャーが日々どのような仕事を行っているのか、ファンドマネージャーが行っている具体的な仕事内容について紹介していきます。

銘柄を検討する

ファンドマネージャーは資産を増やすことが主な目的となっています。そのため、最も大切なことは市場内のどの銘柄を増やせば資産増やすことができるかを検討しなければなりません。

銘柄選びは資産運用を成功させるためにはとても重要で、銘柄選びに失敗すると大きく損をしてしまう可能性があります。これから伸びる銘柄は何か。銘柄を購入・売却するタイミングまでファンドマネージャーが計算して判断していく必要があるので、最も神経を研ぎ澄ませて行う必要があります。

顧客の資産運用をアドバイスする

資産を管理する上で顧客に対してアドバイスをすることもあります。所有している金融商品によっては早急に売却して新しい商品を購入した方が良いケースもあります。このような状況で顧客にはっきりと断言することもファンドマネージャーの仕事です。

時には顧客が納得しないこともあります。顧客を納得させるためにもファンドマネージャーとして的確に説明をしてアドバイス通り資産運用ができるように交渉を進めていきましょう。

取引方法を検討する

ファンドマネージャーは資産を増やすために取引方法を検討することもあります。資産を増やすことが使命になるため、あの手この手を考えます。また、金融商品は変動が激しいため取引方法について遅い判断を下すと利益を生むことが難しいこともあります。

そのため、素早い決断をファンドマネージャーはしなければいけません。時には1時間の間に重要な判断を下さなければいけないこともあります。

トレーダーとのミーティング

銘柄の取引をする上で欠かせないのがトレーダーへの指示です。ファンドマネージャーは1人で資産を運用するのではなく、チームで動いているケースが多くあります。このような場合、ファンドマネージャーがトレーダーに指示をして取引を代わりにしてもらうケースも少なくないため、トレーダーとのコミュニケーションは必要不可欠です。

トレーダーよりも知識が優っていないと、トレーダーが指示通りに動いてもらえないので的確な指示をすることもトレーダーには求められます。

市場調査

ファンドマネージャーとして成功をするためには、市場がどのような動きをしているかを分析しなければなりません。市場調査はとても地味な作業ですが、ファンドマネージャーが成功するためにはとても大事な仕事であると言えます。

市場を丁寧に分析することで、今後どのような銘柄が成長するのかを知ることができます。また市場と経済の動きを把握していれば、素早い判断を下すことも可能なので市場調査や分析はファンドマネージャーになれば必ず行う仕事だと考えておきましょう。

ファンドマネージャーの仕事は、巨額の金融商品を扱う一方でトレーダーや顧客とのコミュニケーションや決断力、分析力が必要になります。これからファンドマネージャーの仕事を行いたい方はぜひこのような点を意識しながらスキルを磨くようにしましょう。

ファンドマネージャーの仕事のやりがい

ファンドマネージャーの仕事のやりがいについて紹介しましょう。ファンドマネージャーになれば、次のようなやりがいがあります。

感謝される

ファンドマネージャーの仕事は感謝をされる仕事です。自分でうまく増やすことができなかった資産を代わりに増やしてもらうことで、資産家からも感謝されることがあります。また、経営がうまくいっていなかった会社の資産を代わりに増やすことで、危機的状況を救うことも可能です。

経営者、資産家から成功した時に直接感謝されるため、取引が成功した時は自分の仕事に誇りが持てるでしょう。

達成感がある仕事

資産を一気に増やすこともあれば、長期的な期間で資産を増やすこともあります。長期的な方法で資産を増やすことができれば、目標を達成した時に達成感を得ることができます。

また、困難な取引を連続で成功させると達成感があり、自分のファンドマネージャーとしてのスキルも伸ばすことができます。

努力が報われる仕事

ファンドマネージャーは、緻密に計算をした上で金融商品を資産運用していくことになります。時には徹底したリサーチや分析が必要になり、頭を悩ませることもあります。このような時にさまざまな情報を分析し、成功させる方法を模索するという地道な努力を重ねることで、投資が成功することもあります。

努力を結果に結びつくことができるので、投資が成功した時は自分の努力が無駄ではないと感じることができます。

世界を股にかけて仕事ができる

ファンドマネージャーの資産運用は国内の株だけには留まりません。海外の資産家の依頼や海外市場の銘柄を扱うことがあります。世界を相手にして日々戦っている気持ちを持って仕事に取り組むことができるのは、ファンドマネージャーの醍醐味であると言えます。

結果がはっきりわかる

ファンドマネージャーはその日のうちに投資の結果がわかることもあります。自分の仕事内容がはっきり結果として現れるので、成功を積み重ねていけば自分の能力がどの程度あるのかを確かめることができる仕事です。

そのため、結果を出したい方にはオススメの仕事であると言えるでしょう。結果が目に見えることで次の仕事へのモチベーションにもつながるため、成績を出すことのできる方にとってはモチベーションを保ちやすい仕事だと言えます。

ファンドマネージャーの仕事内容まとめ

巨額資金を武器に海外と渡り合う仕事

ファンドマネージャーの仕事は、個人では扱えないような巨額な資産を元に、資産を増やす方法を検討する仕事でもあります。そのため、自分では普段手に負えないような金額を扱うこともあります。

優秀なファンドマネージャーになれば扱うお金も大きくなり、投資の成功は会社の今後を大きく左右することもあります。お金に興味がある人はぜひファンドマネージャーを目指してみてはいかがでしょうか。

ファンドマネージャーの参考情報

平均年収700万円~1200万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種金融

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

ファンドマネージャーの関連記事

金融に関する他の職業KANREN JOB