技術アジャスター給与・年収は?初任給や平均月収などの収入統計

技術アジャスター給与・年収は?初任給や平均月収などの収入統計

技術アジャスターは専門的な知識やスキルが求められる仕事のため、個人のスキルや知識によって給与が変動しやすい職種です。特に、技術アジャスター技能ランク試験の2級合格者は高額な年収を貰っている方もいます。この記事では、技術アジャスターの平均給与と給与アップのコツをご紹介します。

技術アジャスターの初任給

技術アジャスターの初任給は20万円前後

技術アジャスターの初任給は20万円前後です。この金額は特別高くも低くもなく、一般的な金額と言えます。技術アジャスター資格未保有者や技術アジャスター未経験者を募集している企業もありますが、初任給が低くなってしまう傾向があります。

技術アジャスターは専門的な知識やスキルを必要とする仕事のため、経験者の方が優遇してもらいやすく、未経験者は就職において少し不利になってしまう場合もあります。

資格保有者と実務経験者の初任給は高い企業も

技術アジャスターとして実務未経験でも資格を取得していたり、自動車事故査定の経験があれば初任給が少し高くなる場合もあります。

また、新卒採用も工学系の大学や専門学校出身者は採用されやすく、待遇も良い傾向にあり、入社時の知識やスキルが初任給に大きく影響するようです。応募者のスキルや経験によって初任給が変動するため、必ずしも初任給20万円からのスタートとは限りません。

企業によってどんな経験やスキルを重視し、優遇するかは異なりますので、求人を確認してみると良いでしょう。

技術アジャスターの平均給与

技術アジャスターの平均給与は25万円前後

厚生労働省の「平成30年賃金構造基本統計調査」 のデータ によると、技術アジャスターの平均給与は25万円前後となっています。

技術アジャスターは日本損害保険協会が実施する技能ランク試験に合格することが必須で、かつ、この試験は難易度が高いことから、給与が高いイメージがあるかもしれません。しかし、25万円という金額は他の職種と比べても大差はなく、専門知識や資格が必要な仕事の割にやや給与が低いと考えられます。

高ランクの技能ランク試験に合格することはもちろん、実務経験を積んでスキルアップするのが給与を上げる近道でしょう。つまり、自分のスキル次第で大幅な給与アップも可能であるということです。

技術アジャスターの求人は給与以外もチェック

プロの技術アジャスターとして働くためには技術アジャスター技能ランク試験の2級に合格していることが望ましいでしょう。そのため、企業側が2級合格に向けた資格支援や研修を積極的におこなっているかどうかも重要になります。

未経験または2級未取得の状態で就職し、これから技術アジャスターとしてキャリアを積んでいこうと考えるならば、しっかりと教育制度が整っている企業に就職しないとキャリアアップが難しくなってしまいます。

経験が浅いうちの就職は、給与だけでなくキャリアアップのしやすさにも注目して求人を探すことをおすすめします。技能ランク試験2級に合格できれば、勤め先の企業でも活躍できますし、転職のときもかなり優遇してもらえます。

技術アジャスター以外の資格でも優遇されるかも

技術アジャスターは技術アジャスター技能ランク試験の合格ランクが最も重要ですが、その他にも技術アジャスターに関連する資格を取得していると優遇してもらえる場合があります。

例えば自動車整備士資格取得者であれば、手当をつけてくれたり、未経験でも採用してもらいやすくなります。技術アジャスターの資格が無くても他の自動車関連資格を持っていれば、それが強みになる可能性もあるので、技術アジャスター未経験でも積極的にアピールしていくと良いでしょう。

自動車整備の専門学校などに通っていた方は、技術アジャスターの資格が無くても自動車整備や自動車工学について専門的に学んできたアドバンテージがあるので、ほとんどの企業で優遇してもらえます。

このように、資格だけでなく、過去の経験や習得している知識によって給与アップの可能性が高まります。技術アジャスターの資格が無くても、何かしらのアドバンテージがあれば他の資格未保有者より給与が高くなりやすいでしょう。

夜間・休日対応による手当で給与が高くなりやすい

技術アジャスターは自動車事故が起きたら、困っているお客様のために迅速に対応しなければいけません。自動車事故は夜間や休日にも頻繁に起こるため、夜間・休日出勤が多い職種です。

ブラック企業でなければ深夜手当や休日手当をしっかり支給してくれるので、その分給与も増えることになります。多少勤務時間が増えてもいいから給与は高い方が良いという方は、技術アジャスターとしてキャリアを積んでいきやすいのではないでしょうか。

残業の多さから給与が高くなることも

先ほどの夜間・休日手当と似ていますが、突然の自動車事故対応による残業によっても給与が高くなります。自動車事故はいつ起きるか予測できないため、対応する自動車事故が重なると忙しくなり、残業になってしまう日も少なくありません。

残業時間が増えれば増えるほど残業手当がつくため、給与が高くなります。しかし、あまりに長時間の残業は労働基準法に違反するため、残業手当で給与アップを狙うよりも待遇のいい企業に転職する方が良いでしょう。

技術アジャスターの平均年収

技術アジャスターの平均年収は500万円前後

同じく厚生労働省の「平成30年賃金構造基本統計調査」 のデータ によると技術アジャスターの平均年収は500万円前後となっています。しかし、企業や個人のスキルによって金額の差が大きいため、400万円~600万円と考えるほうが良いでしょう。

保有資格によって年収に差が出る

技術アジャスター必須の技能ランク試験に合格している場合、どのランクまで合格しているかで年収に差が出ることがあります。例えば、見習ランクや初級であれば年収もそこまで高くなりませんが、経験を積み、見事2級に合格すると一気に年収が上がる企業が多いです。

さらに、技能ランク試験2級合格者の中には年収1000万円を超える方もいます。それくらい技術アジャスターは資格と経験が年収に反映されやすい職種であるということです。コツコツ努力を続けていけば、年収も上がりやすいでしょう。逆になかなか高ランクの試験に合格できず、伸び悩んでしまうと年収も上がりにくくなります。

日々の仕事で実務経験を積みながら、試験合格に向けてコツコツ勉強することが年収アップとキャリアアップに大切なことです。

転職も視野に入れる

技術アジャスターとして就職後、ある程度経験を積んで高ランク試験にも合格できるレベルまで成長したら、より待遇のいい会社に転職することを考えてもいいでしょう。

最初に技術アジャスターとして就職した会社でじっくりキャリアを積むのもアリですが、技術アジャスター経験者として転職することで現在の年収よりも高額の年収を提示してくれる企業もあるかもしれません。

特に、待遇のいい会社は技術アジャスター技能ランク試験の2級合格者のみ募集している場合が多いです。そのため、技能ランク試験2級合格後に、より待遇のいい会社へ転職する流れであればかなりの年収アップが期待できます。

まずは未経験者として教育制度を重視した企業選びをおこない、ある程度経験を積んだら年収額を重視した企業選びをして年収アップを狙うことも選択肢として考えてみてはいかがでしょうか。

経験が浅いうちは給与額ばかりにこだわらず、いかに成長できるかという視点で求人を探してみると、のちの年収アップにつながるかもしれません。

技術アジャスターの給与・年収まとめ

資格や経験次第で給与アップが期待できる

技術アジャスターの平均給与は決して高いと言えませんが、保有資格や経験によって優遇してもらえるので、努力次第では年収1000万円も目指せる職種です。

しかし、経験が浅いうちから高額の給与をもらえるわけではありません。年収を上げるためには地道な努力が必要です。技術アジャスターとしてしっかりキャリアを積んでいくためにも、求人の給与額だけでなく教育制度や資格取得支援制度も確認しましょう。

技術アジャスターの参考情報

平均年収400万円~600万円
必要資格
  • 技術アジャスター資格
資格区分 民間資格
職種金融

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

技術アジャスターの関連記事

金融に関する他の職業KANREN JOB