エディトリアルデザイナーの給与・年収は?初任給や平均月収などの収入統計

エディトリアルデザイナーの給与・年収は?初任給や平均月収などの収入統計

エディトリアルデザイナーがどの程度給与、年収をもらうことができるのか、このページではエディトリアルデザイナーの年収や給与について詳しく紹介します。これからエディトリアルデザイナーを目指している方は、このページを見て参考にしてください。

エディトリアルデザイナーの初任給

エディトリアルデザイナーの初任給はどの程度給料を受け取ることができるのでしょうか。エディトリアルデザイナーの初任給がどの程度であるか紹介していきます。

初任給

初任給は就職する会社によって異なりますが、平均すると20〜23万円程度です。一般的な企業とほぼ同じ程度の給与を期待することができます。

エディトリアルデザイナーは、スキルで評価されていくので、給与を上げるためには実績を残しておく必要があります。また、企業によっては初任給から給料が上がらないというケースもあるので、エディトリアルデザイナーとしてどのようなキャリア設計で仕事に取り組むことかを考えながら、仕事に取り組むようにしましょう。

20代がやるべきこと

20代のエディトリアルデザイナーは、赴任してからすぐに活躍できるわけではありません。実績をしっかり積むことが20代のエディトリアルデザイナーには求められます。

最近は、エディトリアルデザイナーの働く形態も変化しているので、20代のうちにエディトリアルデザイナーにとって必要なスキルを身につけておきましょう。必要なスキルを身につけていれば、エディトリアルデザイナーとしての年収も高くなっていくので、20代は色々なことを学ぶようにしてください。

デザインの基礎を学ぶ

エディトリアルデザイナーは、センスが問われます。独学でセンスを磨くことも大切ですが、デザインの基礎的な知識を学んでおかなければ、読者が読みにくいような配色を気づかずに行なっていることもあります。

デザイン系の大学に出ていないのであれば、芸術に必要な基礎を20代のうちに学習するようにしましょう。

仕事の流れを覚える

エディトリアルデザイナーは、打ち合わせ、印刷、クリエイターとの相談などさまざまな仕事を経験しなければなりません。

仕事の工程が多いので全部を一気に覚えてしまうとミスにつながることもあります。20代のうちに、それぞれの工程でどのような仕事をするのか、どのような点に気をつける必要があるのかを覚えていくようにしましょう。

それぞれの工程をしっかり覚えることができれば、一人前のエディトリアルデザイナーとして活躍することができるので、まずは仕事の流れを覚えるところから始めるようにしてください。

将来像をイメージする

エディトリアルデザイナーは、フリーランスとして活躍をすることができます。また、仕事で学んだノウハウを活用して、webページなどを設計することも可能です。これからは様々な場所でスキルが活用していくことができるので、将来像をイメージしながら仕事に取り組むようにしましょう。

エディトリアルデザイナーの平均給与

エディトリアルデザイナーが平均給与をどの程度受け取っているかご存知でしょうか。全体の給与を平均すると、約31万円になります。これは、他の仕事に比べるとやや低い給与であることがわかります。なぜ、給与が低いのか給与の低い背景なども説明していきます。

給与の上がり方

エディトリアルデザイナーは、初任給は一般企業並みにもらうことができますがそれ以降の給与はゆるやかに上昇するため、他の仕事に比べて給与が低いケースがあります。30代でも、給与の平均は30万円台のため、場合によっては給与に物足りなさを感じることもあります。

40代になっても、30万円後半程度が当たり前で、50代になるとようやく40万円前後に達するようになります。このように、給与の上がり方がとてもゆるやかなので、稼げない仕事と思われてしまうこともあります。

ボーナスの平均

ボーナスはどの程度もらうことができるのでしょうか。平均すると、エディトリアルデザイナーのボーナスは約110万円前後です。

変化する働き方

なぜ、エディトリアルデザイナーの給与は低いのでしょうか。これは、仕事が一部のエディトリアルデザイナーに集中しているということと、デジタル機器が発展したことが原因です。

昔のように、雑誌や書籍を紙で印刷するのではなくデジタルアーカイブとして出版する雑誌や書籍も少なくありません。デジタル書籍でも、もちろんレイアウトは必要になりますか全体のコストが大きく下がってしまうため、エディトリアルデザイナーに支払うお金も結果的に少なくなっているという現状があります。

フリーランスで働くエディトリアルデザイナーに仕事が集中しているため、社内お抱えのエディトリアルデザイナーが減り給与が少なくなっているという点も大きな原因になっています。

しかし、エディトリアルデザイナーがいなければ良い雑誌や書籍を作ることはできないので、今後も必要な仕事になりますが、スキルがなければ仕事をもらうことができないと認識しておくと良いでしょう。

エディトリアルデザイナーの平均年収

エディトリアルデザイナーの年収はどの程度なのでしょうか。年収を平均すると、400万円〜500万円です。しかし、これはエディトリアルデザイナーでも優秀な方の年収の平均のため、300万円前後で活動しているエディトリアルデザイナーも少なくありません。

フリーランスで働くとどうなる

エディトリアルデザイナーとして、フリーランスで働くとどうなるのでしょうか。エディトリアルデザイナーで活躍をしたいのであれば、独立して仕事をもらうべきだと主張する方も少なくありません。

なぜ、フリーランスで働くことがエディトリアルデザイナーにとって良いのでしょうか。フリーランスの働き方について、詳しく紹介していきます。

報酬形態が変わる

フリーランスで働くと大きく変わるのが、報酬形態です。これまでは雑誌のレイアウトをどれだけ対応しても、給与は同じでした。場合によっては1ページあたりの単価が1,000円以下になってしまうこともあります。

しかし、フリーランスにすると1ページあたりいくらで引き受けるという報酬形態に変わります。もちろん、手がける作品によっては、1ページあたりではなく1作品あたりになるケースもありますが、エディトリアルデザイナーにとって悪い話ではないことがわかります。

このような報酬形態にかわるため、多くの雑誌を手がければ手がけるほど自然と報酬が高くなっていくことになります。

収入が大幅に改善される

フリーランスで活躍すれば、収入が大幅に改善されるのでこれまで低いと言われていた給与も飛躍的に増やすことが可能です。エディトリアルデザイナーの仕事は好きだけど、報酬が全く合わないと感じているのであれば、働き方を変えて収入を増やすようにしましょう。

年収1,000万円になることは可能

エディトリアルデザイナーとして年収1,000万円以上稼ぐことは可能なのでしょうか。

可能性が全くないわけではありません。働き方を工夫することで、収入を大きく改善することができます。もちろん、国内の作品だけでは1000万円以上の収入は難しいので、海外などを視野に入れて活動するようにしましょう。

エディトリアルデザイナーの給与・年収まとめ

スキルがあれば収入が増える

エディトリアルデザイナーの給与や年収は決して高いものではありません。しかし、スキルが高ければ収入を増やすことは難しいことでは決してありません。

エディトリアルデザイナーとして活躍すれば、実績を多く残すことができ、そのタイミングでフリーランスになれば収入も自然と増えるので、情熱を持って仕事に取り組むようにしましょう。

エディトリアルデザイナーの参考情報

平均年収300万円〜500万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種出版・報道

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

エディトリアルデザイナーの関連記事

出版・報道に関する他の職業KANREN JOB