エディトリアルデザイナーの資格・試験とは?取得しておくと役立つ資格の特徴などを解説

エディトリアルデザイナーの資格・試験とは?取得しておくと役立つ資格の特徴などを解説

エディトリアルデザイナーの資格はどのようなものが必要なのでしょうか。実は、これという資格を持って仕事をするのではなく実績が大きく影響するため、資格や試験は必要ありません。ただ、取得することで業務の幅やスキルアップにつながる資格などはあります。この記事では、エディトリアルデザイナーに求められる資格や関連した資格試験などについて紹介しています。

エディトリアルデザイナーの資格とは?

エディトリアルデザイナーにはどのような資格が求められるのでしょうか。まずは、エディトリアルデザイナーに求められる資格を詳しく紹介していきます。

資格が求められない仕事

エディトリアルデザイナーの仕事は、資格がなくても仕事ができます。中には資格を持っていないエディトリアルデザイナーもいます。資格を絶対に取らなければならない仕事ではないので、資格は後回しと考えておきましょう。資格以上に求められるスキルは多くあります。

見やすいデザインの設計

エディトリアルデザイナーの仕事は、見やすい雑誌を設計することができるかどうかはとても大切な要素になります。良いエディトリアルデザイナーになれば、編集会議で出された意見を元に良いデザインを作りあげることができます。

見やすくてしかもデザインが良い書籍・雑誌を作ることができれば、自然と仕事が多く舞い込むので、見やすいデザインができるエディトリアルデザイナーが求められます。

コミュニケーション能力

デザインのスキルが高くてもコミュニケーション能力が高くないと、良いエディトリアルデザイナーとは言えません。むしろ、コミュニケーション能力は必要不可欠なスキルになります。

編集者とデザイナーが考えているイメージは異なる可能性が高いため、誤差をなくすためにもコミュニケーションが必要になります。コミュニケーション能力が高ければ、ケアレスミスも少なくなるだけでなく、仕事の効率もあがります。

エディトリアルデザイナーになるのであれば、芸術的なセンスだけでなくコミュニケーション能力が求められることになります。

パソコンスキル

エディトリアルデザイナーの仕事は、パソコンで編集作業をすることになるので、パソコンのスキルが必要不可欠になります。フォトショップやイラストレーターの使い方は仕事をする前にマスターしておくと良いでしょう。

また、中にはパソコンの資格を習得しようと考えている方もいます。資格はさまざまですが、その中でも、Webデザイナーの資格を持っていれば、仕事に活用することができるので、前向きに検討してみましょう。

Webデザインに特化した資格とは

Webデザイナーの資格は、Webデザインに特化した資格です。Webでのデザインは通常のものと違い一定のルールを知っておかなければなりません。

ビジュアルデザインのルールはもちろんのこと、HTMLやCSSの書式や基本設計などWebデザインを活用する上では欠かすことができないスキルなので、パソコンを使って仕事をするエディトリアルデザイナーには必要不可欠です。

この資格を持っておくと、エディトリアルデザイナー以外の場面でも活用することができるので、ぜひ取得をしておきましょう。

エディトリアルデザイナーに役立つ資格「Webデザイナー試験」

エディトリアルデザイナーであれば、取得しておくと良いWebデザイナーの仕事ですが、どのような日程で試験を取得することになるのでしょうか。Webデザイナー試験(Web検定(ウェブケン))の難易度について詳しく紹介していきます。

Webデザイナーの難易度

Webデザイナーの難易度は、どの程度の難しさなのでしょうか。試験はパソコンを活用して行い誰でも受験することができます。パソコンに詳しい方であれば、そこまで難易度が高いとは感じない試験内容です。

しかし、パソコンへの知識が全くないと、0から勉強する必要があるので苦労する可能性があります。パソコンが苦手な方は、じっくり理解するまで学習するようにしましょう。

試験日程について

他の試験とは異なり、毎日のように試験が実施されています。そのため、自信がついたら試験に応募するようにしましょう。公式ページからアクセスすればいつでも試験を申し込みができるので、まずは、しっかり勉強して問題が解けるようになってから試験に臨みましょう。

合格率

合格率は、個別に試験を申し込むため公開されていません。試験は出題される問題のうち70%以上正答率があれば合格することができます。

その他のエディトリアルデザイナーに関連する資格

エディトリアルデザイナーが持っておいた方が良い資格はこれ以外にもあるのでしょうか。エディトリアルデザイナーが持っておいた方がよい関連資格を紹介しましょう。

資格よりも実績が大切

エディトリアルデザイナーは、資格を保有していても実績がなければ優秀なデザイナーであるとは言えません。そのため、エディトリアルデザイナーとしてふさわしい実績を作っていくことがステップアップにつながります。

実績のあがる雑誌とは

エディトリアルデザイナーとして実績のあがる雑誌は特にこれというものはありません。もちろん、売り上げが良い雑誌のデザインを手がけたのであれば、評価があがります。しかし、知名度で売れている可能性もあるので、売り上げ=実績とは限りません。

大切なことは、1種類の雑誌だけでなく、さまざまな書籍を手がけることが、実績を作りあげる上で重要なので、さまざまな種類の雑誌や書籍のデザインに携われるようなデザイナーになれるようにしましょう。

多くの雑誌や書籍を手がける方法は

多くの雑誌や書籍を手がけるためには、どのようにすれば良いのでしょうか。大切なことは、「エディトリアルデザイナーとして任せられる」と認識されることです。そのためには、納期が早い、言われた要求通りの仕事を行うということが無名な時には評価されるポイントにつながります。

コツコツ編集者の期待に応えていけば仕事を任せられることになるので、最初の頃は嫌な仕事でもコツコツと取り組むようにしましょう。

エディトリアルデザイナーのスキルをあげる方法

エディトリアルデザイナーの資格が取れる学校はありませんが、エディトリアルデザイナーに必要不可欠なスキルを磨く場所は多くあります。ここからは、エディトリアルデザイナーとしてのスキルをあげる方法を紹介していきます。

デザイン系の学校で学ぶ

エディトリアルデザイナーは、デザインの基礎を学んでいると自分の知識を仕事に活用することができます。配色や全体のバランスなど芸術の基礎を学びたいのであれば、芸大やデザイン系の専門学校に通い基礎を学ぶようにしましょう。

芸術作品をたくさん見る

バランス感覚や、雑誌に先進的なデザインを取り入れるために芸術作品をたくさん見ることをオススメします。多くの芸術作品に触れていると、刺激を受けるだけでなく、仕事で活用することもできます。デザイナーは、インプットとアウトプットは必要不可欠になるので、芸術作品を積極的に見るようにしましょう。

色々な人に興味を持つ

エディトリアルデザイナーはさまざまな人とコミュニケーションを通して1つの雑誌や書籍を作りあげていきます。その中では、コミュニケーションは必要不可欠です。コミュニケーション能力をあげるためには、色々な人に興味を持つようにすると、自然と会話をしたくなるので積極的に色々な人に話しかけるようにしましょう。

エディトリアルデザイナーの資格・試験まとめ

資格よりも実力が求められる仕事

エディトリアルデザイナーの仕事は、これという資格を持って仕事をするのではなく実績が大きく影響する仕事です。

色々な書籍作りに関わっていれば自然と仕事が集中し、厳しい競争に生き残ることができます。一方実力がなければ仕事がなくなってしまうので、エディトリアルデザイナーに必要なスキルを日々磨くようにしましょう。

エディトリアルデザイナーの参考情報

平均年収300万円〜500万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種出版・報道

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

エディトリアルデザイナーの関連記事

出版・報道に関する他の職業KANREN JOB