映画監督の給与・年収は?初任給やインセンティブ収入などについて解説

映画監督の給与・年収は?初任給やインセンティブ収入などについて解説

映画監督の給与・年収はヒット作をいかに生み出せるかに集約されます。初任給では実績がないため厳しい判定となります。しかし、映画監督としてヒットを生み出せた際には給与の上昇幅はとても高くなります。実績が反映される流れも含めて給与について詳しくご紹介します。

映画監督の初任給

映画監督の初任給は20万円前後

映画監督の初任給は20万円前後と言われています。初任給の額面に限り判断すると、特段低いとは言えません。

しかし、映画監督は商業映画を1本任される立場となった選ばれた方が行える職業です。専門職としての初任給では額が抑え気味であり、これは映画という仕事の収益構造に原因があります。

初任給をもらう立場という事は、過去の商業映画における実績が豊富にありません。映画興行としてヒットが見込める確約がありません。任せる訳ではありますが、あくまで収益が出そうという予測となります。裏付けの売り上げ数字が出るまではどうしても初任給に限度が出てしまいます。

準備に対する支出も多い

映画制作では製作費という枠を超えて赤字になってしまう事もあると言われます。映画制作の仕事は作品完成前の準備にかかる支出が大きいです。仕事上の経費と判断がつきにくい支出も多いです。

撮影現場における緊急対応など、即断が求められる場合も多くあります。経費申請を行って決済を待ってから対応を行う事ができないケースもあります。

このような制作状況が映画監督を行う上で赤字になる方もいるという一因となります。映画監督という立場上、製作費以上の赤字は給料に直結する部分です。初任給以上に手取り額に影響を与える見逃せないポイントです。

DVD売り上げなど後に入る収入もある

初任給に入らない収入要素として、映画公開後に入るインセンティブ収入があります。DVD売り上げの収入が主な例としてあげられます。劇場映画の場合、劇場公開が終わった後にDVD化されてその売り上げを集計します。映画監督に対するDVD分野のインセンティブ入金はその後となるため支払いスパンは長くなります。

映画のジャンルによりますが、このDVD売り上げが収入の大部分を占める分野もあります。初任給には反映されない収入要素となります。

ヒットが映画の枠を超えていく世界

映画作品がヒット作となった場合、DVD売り上げのみならずさらに様々な展開が期待されます。グッズの多様化、アニメ展開、続編の依頼など収入の幅が広がっていきます。

これらの収入要素は、スポンサー側も映画監督に対する判断材料とします。映画から様々なビジネスを生み出せる映画監督として評価されます。当然、スポンサー側に収益をもたらす映画監督と評判になれば、映画撮影の仕事依頼が殺到する形となります。

映画監督の平均給与の統計

映画監督の給与は30万円前後

映画監督の平均給与は約30万円と言われています。年齢や所属地域による差が少ない特徴があります。給与の内訳として他の職業でよくある通勤手当のような手当項目も少なめです。映画の作品評価が給与に与える影響が大きいです。

商業ベースで成り立つ映画は、年1本ペースが通常とされています。映画撮影の本数を多くすることにより収入を伸ばすという事が物理的に難しい仕事です。そのため、映画1本あたりの単価を上げることが収入増加に繋がります。

構想から編集まで制作期間が長期間にわたる

1年間に映画撮影の本数を稼げない要因として、構想から編集までの行程に時間がかかることがあげられます。構想もただ企画案を固めればいい訳ではありません。映画監督としてスポンサーや実務に携わるプロフェッショナルに連携をおこなわなければならない分野です。

撮影自体も構想していた内容から変更を求められるケースも多いです。そして撮影後の編集作業においても、映画監督として全体の統括を任されます。

映画の完成まで様々な工程で関与がかかせないのが映画監督です。このポジション特性から、制作に時間がかかってしまうことを解消するのは難しいと言えます。

映画以外の兼業が多い

映画の完成まで時間がかかるため、他の業務との兼務をされる方が映画監督には多いです。映画を教える学校の講師を行ったり、CM撮影など映像にかかわる他の仕事を受注する動きが多くあります。

その他、映画分野とは異なったアルバイトを兼業として担う映画監督もいます。映画の完成まで時間はかかりますが、映画監督という立場上、1日の時間に対しては裁量で調整できる点も兼業が可能となる背景です。

ヒット作を制作できて映画監督のみで生計を賄うまでには時間がかかります。収入面では厳しい時期を過ごす方も多い職業と言えます。

年1本の単価を上げるには時間がかかる

映画作品1本あたりの単価を上げることにもとても時間がかかります。映画の公開までの制作時間もかかります。公開後の人気が出て、スポンサー企業が潤うという結果が出るまでの時間もさらにかかります。

また、収入の増加には次回作への期待が込められることとなります。今回の作品でヒット作ができたとしても、次回作品で商業目線で再現性があるかどうかを判断されます。これだけ評価の観点が多いことも、収入増加への道が厳しい要因となっています。

映画監督の年収統計

映画監督の平均年収は400万円前後

映画監督の平均年収は約400万円と言われています。ですが、実際は年収400万円に届かない映画監督も多くいる厳しい業界と言えます。桁がいくつも違うくらいの高額年収となる有名監督がいる一方で、収入が低めの映画監督もいる、上下差が大きい年収構造となります。

年齢や経験年数の差が年収への影響に対して少ないという特徴もあります。映画作品という完成商品に対しての評価が年収額のすべてとなっています。それだけ結果を出せば評価される、やりがいがある映画監督という職業と言えます。

年収1,000万円以上の割合が少ない

高額年収への入り口としてよく目安とされる年収1,000万円ですが、映画監督では割合が少ないと言われています。映画好きの方でなくとも名前が知られている有名監督くらいが該当するでしょう。

逆に高額年収となる映画監督は年収1,000万円で留まらないので、この年収帯が少なくなります。他の職業で見受けられる経験年数をもとにした手当などを加算していく収入構造ではない事も要因としてあげられます。

ヒット作を作り出せれば飛躍的に収入が伸びていく形です。ヒット作品に対して反応してくれる人数も大事ではありますが、グッズや関連DVDなど1人の顧客が様々な分野で収入に直結する売り上げを増やしてくれます。

海外でも通用すると億単位の可能性もある

映画は制作された国内のみにとどまらない特徴があります。言語の字幕や吹き替えによって海外展開がされる分野となります。

この国内のみならず海外でのヒットという条件に達すると、収入は莫大な額となります。年収が億単位になるという話は海外におけるヒットが前提となります。

映画に対する接し方も国によって異なります。芸術として高い評価を受けるなど、収入につながる評価観点も多様となります。

国内市場のみでは横展開も限度がある

映画監督の年収について国内市場のみでは頭打ちが見られます。DVD化やグッズ販売など映画ヒット後に収入増加要因となる要素はあります。

しかし、人口の限界で上限が意識されます。収入面に限れば、規模がまったく変わる世界展開を狙うことが年収アップへの近道と言えます。映画監督の仕事は映画作品がいかに視聴者に届くかまで意識しなければなりません。企画といわれる全体構築の難しさがこの人口問題でも表れてきます。

映像インフラの発達がチャンスを広げる

映画も含め映像メディア全体への追い風として、映像インフラの発達があります。youtubeなどプロモーション活動を行う上で海外にも楽に届けられるインフラ整備がされてきました。

映画という長年にわたり愛されてきた分野には、成功ノウハウも蓄積されています。しかし、成功ノウハウから外れるようなチャンスが現代の映像インフラの発達には見られます。年収増加を目指す新人映画監督にとっては特にチャンスが多い時代背景となります。

映画監督の給料・年収まとめ

映画監督の年収は上下差が大きい

映画監督の給料は作品制作の時間からヒット作となるまでの時間もかかるため、低額からスタートとなる事が多いです。しかし、ヒット作ができる映画監督と認識されれば上昇幅も大きい職業です。

年収の増加は、いかに映画監督としてDVD展開やグッズ販売など映画から発生する収入源を強化できるかにかかっています。結果に対して反映される年収の増加はとても大きく、やりがいにもつながる上昇幅です。

映画監督の参考情報

平均年収400万円~1000万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種テレビ・映画・映像

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

映画監督の関連記事

テレビ・映画・映像に関する他の職業KANREN JOB