映画監督の仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

映画監督の仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

映画監督の仕事内容は映画制作の全行程にわたります。時間拘束も多く、大変な仕事内容です。その分、作品が完成して映画が評価された場合のやりがいは大きくなります。映画制作の行程ごとに必要な仕事内容からやりがいまで詳しくまとめてみました。

映画監督とはどんな仕事?

映画制作の全般を取り仕切る仕事

映画監督は映画制作の統括責任者とも呼ばれます。映画制作にかかわる全般について決定や修正の決断を行っていきます。映画制作にかかわる事は映画の内容にとどまりません。例えば映画制作に関わる予算など、制作進行に関連するすべての内容を取り仕切ります。

決定事項を通達すればすべて思い通りになるものではありません。反対意見も多く出て調整に動く事もあります。映画制作の全体像を意識しながら決断をしていく事となります。

各専門家への指示出し、調整

映画制作には脚本家や役者、スタイリストなど各分野のスペシャリストが集まってつくりあげます。それぞれの分野で経験値が高い方に対して指示出しや調整を行っていきます。

当然、映画監督自身に各分野の知識がなければ的確な指示は出せません。役者出身であるから脚本制作は苦手というスタンスでは、指示出しに支障をきたします。

修正の指示に対して、双方プロのこだわりから対立することも少なくありません。しかし、議論を重ねて最終的にはよい映画作品に近づけることまでが映画監督の仕事と言えます。

制作前の折衝やPRにも携わる事が増えてきた

映画プロデューサーの仕事として切り分けられていることもあった仕事まで、昨今では映画監督が請け負うこともあります。映画制作前のスポンサー企業との折衝や、制作編集後のPR活動についてが該当します。

スポンサー企業との折衝では、商業映画として利益に繋がるかどうかが厳しく判断されるようになりました。いわゆるイメージ広告として、何気ない形では成果と認められなくなってきました。それだけスポンサー側も映画監督の手腕に深いところまで興味を持つ形となりました。

制作後のPR活動についても、視聴者目線で映画監督について知りたいと思う流れがあります。監督の人柄や映画に対する思いによって映画視聴前からプラスのイメージを持ってもらう事が大切になりました。

映画監督の仕事の具体的な内容

映画の企画をまとめ撮影に入れる状態を整える

映画撮影に入る前段階をまとめることが仕事としてあります。脚本家と協力して台本を整え、役者の配役を決める段階が該当します。

撮影前に決める事項は細部にわたります。例えばロケ地の場所だけではなく、期間や撮影許可、滞在中の生活場所から小道具の手配まで膨大なポイントがあります。

当然、アシスタントなど多くの人に協力を仰ぎながら仕事を行います。しかし、撮影当日に準備不足から不備が起こった責任は映画監督にあると言えます。それだけ重責であり、様々な箇所への気遣いが必要とされます。

イメージと現実を擦り合わせる調整

脚本に関して現実目線との擦り合わせが大切です。イメージとしては素晴らしい内容であっても、現実に表現できない形であれば無理となります。理想と現実をつなぎ合わせる調整が大切です。

役者の配役についても、オファーを出せば完了する内容ではありません。役者自身の他の仕事や配役のイメージを含めて断られる事もあります。役者1人が変わると、他にもイメージの相違など影響が出ます。

このように修正から派生する形で更なる修正点も出てきてしまいます。映画監督の仕事内容として難しい調整となります。

撮影の進行

撮影現場でも想定した内容に合わせるための指示が大切です。台本ができていても映画監督としての映画に込める思いをしっかり伝えていくことが大切な動きとなります。

想定とは違った形で完成してしまう箇所もあります。現実の作品としてゴールのイメージを持って修正指示を出せるのは映画監督だけと言えます。

すべてを通して把握するという仕事への姿勢は、映画監督にとってとても大切です。特に役者は個々の仕事でベストを尽くす事に注力します。全体と個をあわせて一つの作品という形にする事が目に見えずらい仕事内容となります。

映画監督の出番はすべての期間

役者であれば自分が関係する場面に集まれば基本は成り立ちます。しかし、映画監督は該当映画のすべてに関与します。穏当に撮影が進む事もありますが、何か決断が必要となった際に即決できる動きが映画制作の現場では求められます。

商業映画を監督として取り仕切れる数は年間1本程度と言われています。映画に対する1年分の情熱をすべてかけるくらいの仕事ぶりが求められます。

編集を行い映画作品を完成させる

映画撮影後の編集作業にも映画監督は関わります。映画作品として完成目前になり、すべてを通したうえで矛盾や改善点はないかチェックする役目を映画監督は担います。

撮影を行う段階では難しい仕事内容がこの矛盾チェックとなります。個々の撮影現場では正しい事でも映画作品としてすべてを通すと話が合わない内容はよくある事です。映画監督の仕事としてただ完成を急ぐのではなく、すべてを通して出来栄えはどうかという目線が必要です。

映画監督の仕事のやりがい

企画が作品として形になる

映画監督は、自らが企画した映画が作品として形になる事に大きなやりがいを感じます。これまでの長時間にわたる制作時間や軌道修正を行った苦労がすべて形として表れます。

映画という作品は長きにわたって存在する事も大きなやりがいとなります。名作となれば何世代にもわたり語り継がれるくらいの存在感を発揮します。このような前例を見てきた事もあり、映画監督自身のやりがいとして柱になる部分でもあります。

反響がわかりやすい

映画という作品に対して視聴者の反応がわかりやすい事もやりがいと言えます。SNSなど視聴者の声が伝わりやすくなった事も時代背景としてあります。

更に反響内容が深いこともポイントです。映画が面白かった、感動したという声も確かにうれしい声掛けであります。しかし、映画を見て決断したという行動まで変わったと視聴者のお客さんに言わしめる仕事は他の仕事と比べてあまりありません。

映画作品が完成するまでは構想として頭の中で存在した内容です。映画監督自身も反響を受けて自分の考えていた内容が正しかったと自信が出てくる分野であります。

出演者からの感謝

映画制作の現場で長時間苦楽を共にした出演者から感謝の声がかかる事もやりがいとなります。特に役者は出演映画のヒットによって人生が変わると言われるくらい影響が深いです。

映画監督と共に仕事ができたから人生がよい方向に変わったとまで言われます。人間同士の成長を直接感じられる仕事であると言えます。

仕事という友人関係がベースの状態とは違ったチームです。結果が出れば仕事上での対立などすべて好転する形とも言えます。

長い撮影をやりとげた達成感

好きな内容であっても1年近く、1日の大半を占める時間を使ってつくりあげる事は大変です。映画完成までに挫けそうになる事も1度や2度ではありません。

作品の完成時点ではこの苦労を思い出すことで大きな感動を生みます。この時点で映画作品の反響という結果はまだわからない時点ではあります。自己ベストを尽くせたという状態は大きなやりがいとしてあります。

金銭的評価の大きさ

映画のヒットに伴い、金銭的評価の高まりは他の仕事と比べて上昇幅が大きいと言えます。それだけ映画監督として商業ベースで成り立つ事は評価されます。

給与の額として急上昇する事は純粋に数字として評価が目に見えやすくやりがいとなります。新人映画監督としても高額報酬を得た映画監督がいるという事実は大きな目標となり、やりがいの元となります。

映画監督の実力が直接反映される事も大きなやりがいとなります。年齢や経験年数、作品数で評価上限が決まってしまう事は映画監督にはありません。純粋に商業ベースでヒット作が生み出せるかの評価を受けられます。

映画監督の仕事内容まとめ

映画制作の統括責任者として達成感も大きい

映画監督は映画の撮影だけが仕事内容ではありません。企画段階や撮影後の編集など、映画制作に関わる全行程で関与します。あらかじめ構想しておいた内容から修正が求められるなど、都度対応が求められます。

苦労を重ねた分、作品が完成して評価された場合のやりがいは大きくなります。映画監督として次回作に向けての原動力となるくらいうれしい反響も頂ける仕事となります。

映画監督の参考情報

平均年収400万円~1000万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種テレビ・映画・映像

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

映画監督の関連記事

テレビ・映画・映像に関する他の職業KANREN JOB