映画監督

映画監督
映画監督とは?
  1. 映画監督(えいがかんとく、film director フィルム・ディレクター)とは、映画の映像制作面を統括する責任者のこと。
  2. 映画監督は、一般に映画製作というのは、プロデューサーが最上位の権限を持ち、映画の(おおもとの)企画、資金提供者選び、資金の流れやその配分の決定、脚本家選び、監督選び、俳優選び、配給先決定などの権限や責任を持っており権限の上でNo.1と見なされるのに対し、映画監督はプロデューサーから監督として選ばれて、契約を結び、ある映像の制作に責任を持った人物である。
  3. 映画監督の基本的な責任範囲は「映画作品としての品質管理」である。「企画(どういう映画を作るかという案を策定する)」、「製作(製作費の調達や管理、作品の売り出しなどを決定する)」は基本的にプロデューサーの職分であり、監督という職種の本来の責任範囲ではない(ただし、監督がプロデューサーを兼ねる場合もある)。
平均年収400万円~1000万円
必要資格 必要資格なし
職種テレビ・映画
有名人
  • スティーブン・スピルバーグ
  • 宮崎駿
  • 黒澤明
  • 北野武

映画監督の記事一覧

テレビ・映画に関する他の職業KANREN JOB