舞台俳優、劇団員の資格・試験とは?評価されるために身に着けておきたいスキルを解説

舞台俳優、劇団員の資格・試験とは?評価されるために身に着けておきたいスキルを解説

舞台俳優になるためには資格や試験が必要なのでしょうか。資格が必要なくても、舞台俳優として評価をしてもらう必要があります。それでは、舞台俳優として評価してもらうためにはどのようなことが必要なのでしょうか。このページでは、舞台俳優として評価されるためにはどのようなことが求められるのかを詳しく紹介します。

舞台俳優の資格とは?

舞台俳優になるために必要な資格はあるのでしょうか。実は舞台俳優にはこれといった資格はありません。そのため、舞台俳優は「資格がなくてもできる仕事」なのです。しかし、所属する劇団や事務所によっては、出演するための特別な「資格」や「スキル」が必要なケースがあります。

資格が必要なケース

舞台俳優として資格が必要なケースは、劇団に所属をする際に必要な場合があります。例えば、老舗の大手劇団になると、劇団が開講している養成学校に1年間通わなければ舞台俳優として活動ができないというケースがあります。また、年齢制限がある場合もあるので年齢で対象外になってしまうケースもあります。

もちろん、劇団によっては書類審査を行うケースもあります。そのため、応募すればすぐに誰でもなれるわけではないということを覚えておきましょう。ただ、どのような劇団の舞台俳優になるかで条件が異なるので希望する劇団の応募資格をしっかりチェックしておきましょう。

素人から舞台俳優を志すのであれば事務所・劇団が開講している養成学校に通うことをオススメします。養成学校では、発声練習、エチュードなどをはじめとした技術的な授業だけでなく、舞台俳優として必要最低限の知識を学ぶことができます。そのため、養成学校にしっかり通えば、舞台俳優としてのノウハウを得ることができるのでオススメです。

舞台俳優に求められる最低限のスキル

舞台俳優に求められるものは資格だけではありません。最低限のスキルも必要になります。舞台俳優を志すのであれば、次のようなスキルは必要不可欠になります。

発声

舞台俳優の生命線とも言えるものが、発声です。声が遠くまでしっかり行き届かなければ舞台俳優としては失格です。そのため、声が出にくい方は人一倍発声練習が求められることになります。舞台俳優を目指すのであれば、腹式呼吸をベースにした発声方法を習得しておくようにしましょう。

度胸

演技をする上で、映画・テレビと大きく異なる点が人前で演じるということです。

しかし、演じている時の一挙手一投足に観客が注目します。そのため、緊張してしまうと思った通りのパフォーマンスがいくだけでなく、芝居の世界観を台無しにしてしまうケースがあります。どのような人の前でも同じような演技ができる度胸も舞台俳優には求められます。

読解力

舞台俳優として見落とされがちなスキルとして、読解力があります。舞台俳優には役に与えられたセリフをただ覚えるだけではなく、どのような状況でそのセリフを言ったのかを考えなければなりません。そのためには、脚本に書かれてある文脈を読み取る必要があります。読解力がなければ、役者としては痛手で向いていないと言えます。

もちろん、読解力は何度も訓練をすれば身につけることができます。何をここでは求められるのか。を意識しながら芝居を考えてみましょう。

舞台俳優として評価される方法

舞台俳優は、養成学校に通って事務所や劇団に所属をしてそれで終わりということではありません。その後、舞台俳優として評価されることが大切です。評価されなければずっと無名な舞台俳優として生活をしていかなければなりません。

無名な舞台俳優になると、舞台だけでは食べていけないのでアルバイトを掛け持ちで行う必要があります。それでは、どのようにすれば舞台俳優として評価をされるのでしょうか。

人気劇団員の舞台俳優として活躍

舞台俳優として評価されたいのであれば、さまざまな舞台公演に出演して注目を集めるという方法です。とはいえ、知名度の低い劇団で活動をしていても注目されることはありません。そのためには、有名な劇団での劇団員に所属することが最も知名度をあげるために手っ取り早い方法だと言えるでしょう。

とはいえ、人気劇団になると新しい劇団員を募集していないケースもあるので、どこの劇団で舞台俳優として活躍するかをしっかり検討した上で応募をするようにしましょう。

映画に出演し脚光を浴びる

有名な劇団で注目されても、世間的に知られるためにはかなりの時間を要します。それ以上に早い方法が映画に出演をして脚光を浴びるというケースです。映画が話題になれば、知名度がなくても「〇〇をやっていた人」で注目を集めることも可能です。

名前よりも演技した役名が先行することがありますが、一度注目を集めれば一気に活躍の幅が広がるので、舞台俳優だけでなく、映画オーディションなどにも積極的に参加して演技力を評価してもらうようにしましょう。

海外映画に出演する

映画に出演する方法の中には、海外映画に出演する方法があります。海外映画の良いところは日本で有名人であっても海外では無名に近いので、知名度関係なく評価をしてもらうことができるという点にあります。

そのため、海外の映画に出演しその後日本で活躍をしている方も少なくないので、海外映画に出演することを視野に入れて、オーディションなどに参加しても良いでしょう。

大物俳優と共演をして評価される

作品が有名でなくても、舞台で共演した有名・大物俳優から評価を受けて引っ張り上げられるというケースもあります。

このようなケースでも、舞台俳優としてキャリアがなければ共演することも難しいので日頃から舞台俳優としてのスキルを磨いておく必要があります。

新人の頃に評価されないのは、ダメなことではない

このように、舞台俳優はいつどのような形で評価されるかわかりません。そのため、舞台俳優なりたての頃に全く評価されないから舞台俳優の道をあきらめるということだけはやめましょう。

志さえしっかり持っていれば、いつか評価されることがあります。そのため諦めずに継続して活動をし続けるという粘り強い気持ちも舞台俳優には求められます。

舞台俳優が持っておくべき資格

舞台俳優は資格がない仕事ですが、資格を持っておくことで思いがけないチャンスを得ることもあります。それでは、舞台俳優が持っておくべき資格とはどのような資格なのでしょうか。

英語

英語力があれば、舞台俳優としてある程度力をつけたら海外進出も可能です。海外であれば、ブロードウェイをはじめとした舞台の機会は多く、どの舞台もオーディションを勝ち抜けば演じるチャンスが訪れます。

そのため、海外で評価されたいと考えている方は英語力を身につけておくことも良いでしょう。また、日本で活躍している俳優さんがハリウッド映画に出演しているケースもあります。そのため、英語力を磨いて海外進出をする方法は間違っていないので方法としてはアリでしょう。

専門的な資格

最近では、弁護士、医者など職業に焦点を当てた作品も少なくありません。このような役を演じることになれば、資格を得た時に知った知識を存分に活用することができます。

もちろん、どのような資格でも活用することができるので、習得している方は資格を武器にする方法も検討しましょう。

舞台俳優の基礎を学べる学校・施設

舞台俳優になるための学校はいくつか存在します。それぞれのケースで何が違うのかを紹介しましょう。

事務所が運営する養成スクールに通う

事務所が運営する養成スクールでは、優秀な成績であれば事務所に所属することが可能です。しかも、優秀な生徒であれば新人の頃から売り出してもらうので、スピード出世をしたい方にはオススメです。

劇団に加入する

劇団が開講している養成学校は、劇団に所属することができるだけでなく、定期的に公演に出演することができます。最初は下積みなので公演の補助の仕事もありますが、継続的に行えば、舞台俳優として食べていくことも可能です。

舞台俳優の資格・試験まとめ

舞台俳優になるためにはやる気が必要

舞台俳優になるために必要な資格は特にありません。養成学校に通わなくても年齢が40歳以上から注目を浴びた俳優さんは多くいます。売れた舞台俳優さん全員に共通していることは、諦めずにやり通したということです。舞台俳優になるのであれば、確かなやる気を持って取り組むようにしましょう。

やる気さえあれば、舞台俳優として経験をつめばある程度のキャリアを積むことが可能なので、ぜひ諦めない気持ちで取り組んでください。

舞台俳優(劇団員)の参考情報

平均年収250万円~350万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種芸能

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

舞台俳優(劇団員)の関連記事

芸能に関する他の職業KANREN JOB