舞台俳優、劇団員になるには?必要資格や向いている人の特徴などを具体的に解説

舞台俳優、劇団員になるには?必要資格や向いている人の特徴などを具体的に解説

素晴らしい演技を通して観客に感動を与える舞台俳優になるためには、どのようなスキルや要素が必要なのでしょうか?今回の記事では、舞台俳優になるために必要な能力を分かりやすく紹介します。さらに舞台俳優に必要なスキルを習得するための学校や教室についてもまとめています。

舞台俳優・劇団員になるには何が必要?

舞台俳優になるためには情熱が重要

舞台俳優になるためには情熱を持ち続けることが大切です。舞台俳優の仕事は、与えられた役を演じることによって多くの観客に感動を与えることです。

納得できる演技をするためには、基礎練習や発声練習や台詞の練習などを繰り返します。自分では納得のできる演技ができたとしても、観客には評価されないこともあります。一流の舞台俳優になるためにコツコツと努力する必要があるため、夢に向かって頑張ることのできる情熱が必要です。

どんな状況でも諦めない精神は大切

舞台俳優になるためには諦めない精神を持ち続けることも大切です。舞台俳優が仕事を続けるためには、舞台のオーディションを受けて役をもらう必要があります。

舞台俳優になりたての頃は主役などの重要な役をもらうことは稀で、最初のうちは小さな役しかもらえないことばかりか、オーディションに落ちることもよくあります。そのため、与えられたどんな役でも一生懸命に演技をして結果を出して、周囲に認められることが大切です。

なかなか結果を出せないと高いモチベーションを持ち続けることは大変ですが、どのような状況でも諦めないでいることが舞台俳優には必要です。

自己管理能力は舞台俳優にとって不可欠な要素

舞台俳優にとって自己管理能力は不可欠な要素です。舞台で最高の演技をするためには、体調管理にも気を配らなければなりません。

風邪などで体調を崩したからといって、代わりの人に役を交代してもらうことはできません。もし公演の最終日まで務めることができなければ、舞台監督からの信用を失うことになり、今後はその監督から役をもらうことはできなくなる可能性もあります。

舞台俳優になるためには、自分自身の体調をコントロールできる能力を身につけることが必要です。

コミュニケーション能力も重要な要素

舞台俳優になるためにはコミュニケーション能力を身につけることも重要です。どんな舞台でも、1人だけで成り立たせることはできません。1人芝居のような舞台もありますが、そのような場合でも照明や音声などたくさんのスタッフが集まって1つの舞台を完成させます。

舞台で1つの作品を作り上げるためには、他の舞台俳優やスタッフ達とのコミュニケーションが取れることは重要です。

舞台俳優に向いている人、適性がある人

演技力や表現力のある人が向いている

舞台俳優に必要なスキルとして演技力や表現力があげられます。演技力や表現力は毎日の練習を通して磨くこともできますが、喜怒哀楽を表情によって表現したり、感情や目的を動きによって表現したりすることは多少のセンスも関係してきます。

日常生活で経験した悲しい出来事や嬉しい出来事をすぐに表現できる人が、舞台俳優には向いています。

目立つことが好きなことも大切なスキル

どんなに感情を表現しやすい人でも、たくさんの観客の前で表現できなければ舞台俳優になることはできません。小さな劇場では数百人の前で演技をしますが、大きな劇場になると数千人の観客を集めます。そのような舞台でも、緊張することなく堂々と演技ができることは大切です。

そのため、目立つことが好きな性格の人は舞台俳優に向いていると言えます。

読解力や理解力は舞台俳優にとってなくてはならないスキル

舞台俳優にとっての大切なスキルに読解力や理解力があります。

読解力とは文章などの書かれていることを読み解く能力のことです。舞台俳優は、演技をするために台詞が書かれた台本を読みますが、書かれていることの状況や背景、言葉の意味などを把握できないと最高の演技はできません。

読解力を身につけるためには、時間をかけて書かれている台本を読むだけでなく、経験や知識を台本を理解するための手がかりとして用いながら読み解く事が必要です。

一方で理解力とは物事のしくみや状況を瞬時に判断する能力のことで、言われた内容を理解するためには大切なスキルです。舞台俳優は、舞台監督から演技指導をされることがよくあります。最高の舞台にするために、舞台俳優は状況や背景を説明して求められる演技を説明します。

理解力を身につけるためには、想像力が必要です。与えられた役柄について、どんな性格なのか、どんな人生経験を歩んだ人なのかなどを、持っている知識に基づいて想像力を働かせる必要があります。

理解力が乏しいと、舞台監督から受けた説明を即座に理解できないために、舞台で求められている演技を表現できない可能性もあります。そのため、常日頃から人間観察などを通して想像力を鍛えて、理解力を身につける必要があります。

暗記力も舞台俳優には必要なスキル

読解力や理解力以外に身につけておきたいスキルとして暗記力があります。どんなに舞台の情景を理解できても、与えられた台詞を暗記できなければ舞台俳優になることはできません。

舞台俳優はテレビや映画俳優とは違い、台詞を忘れたり間違えたりした場合でもやり直しができません。さらに、ただ台詞を覚えるだけでは共演する俳優たちとの息の合った演技はできません。

台本に台詞を完璧に覚えるのはもちろんのこと、覚えた台詞を動きや表情によって演技することが求められます。

舞台俳優になるための学校・教室

劇団員となって舞台俳優を目指す人もいる

舞台俳優になるための方法として、定期公演を主催している劇団に入ることがあげられます。

劇団員として舞台俳優を目指す場合には、オーディションを受けて入団する必要があります。「宝塚歌劇団」や「劇団四季」などの多くのファンを持ち、高い観客動員数を誇っている劇団では、オーディションの倍率も高いためそれなりの準備をしなければ入団できません。

そのため、大きな劇団で活躍するためには、舞台俳優としての基礎能力を身につけていることが求められます。

劇団員になった後も厳しいレッスンがある

厳しい審査をクリアして晴れて劇団員になったとしても、すぐに舞台俳優としてデビューできるわけではありません。まずは研究生として厳しいレッスンを受けて舞台俳優としての知識や技術を身につけます。

専門学校や大学で舞台俳優の基礎を学ぶ人もいる

舞台俳優を目指す人の中には、演劇学科のある大学や俳優を育成する専門学校に入学して舞台俳優の基礎を習得する人もいます。

大学や専門学校によっては、プロの舞台監督や舞台俳優によるレッスンを受けられるところもあり、舞台俳優として必要な演技力や表現力を学ぶことができます。

俳優養成所に通う方法も

俳優プロダクションの中には、俳優養成所を運営しているところもあります。舞台俳優に限らず、映画やテレビの俳優を育成しているプロダクションもあり、舞台俳優になるための基礎を丁寧に教えてもらえます。

実力を身につけた舞台俳優については、オーディションを受けることができたり、プロダクションと契約を結ぶこともできます。

舞台俳優になるには?まとめ

舞台俳優になるために情熱は不可欠。演技力や表現力のスキルも重要

舞台俳優になるためには、演技力や表現力を身につけることは重要な要素ですが、なによりも一流の舞台俳優になるための強い情熱を持ち続けることが大切です。

舞台俳優として仕事をするためには、オーディションに合格することが不可欠です。最初の頃はオーディションに落ちることも多く、合格したとしても脇役しかもらえないこともしばしばあります。そういった状況でも諦めずに努力し続けることが必要です。

舞台俳優になるための方法として、劇団に入団すること、大学や専門学校に進学すること、俳優養成所に通うことなどがあげられます。状況などを考えて、自分に合った方法を選択するようにしましょう。

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

舞台俳優(劇団員)の関連記事

芸能に関する他の職業KANREN JOB