バーテンダーの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

バーテンダーの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

バーで、お酒を提供する時に欠かせないバーテンダー。バーテンダーの仕事内容はどのようなものがあるかをこのページでは詳しく解説します。バーテンダーになろうとしている方は、この記事を読めば仕事内容を知ることができるので、ぜひ参考にしてください。

バーテンダーとはどんな仕事?

バーテンダーが、どのような仕事をしているのか、まずはバーテンダーの特徴を中心に紹介していきます。

バーテンダーの特徴

バーテンダーは、お客に応じたお酒を提供しつつ、お酒の美味しさを最大限に引き出したお酒を作らなければいけません。そのため、バーテンダー=お酒のプロフェッショナルであることが要求されます。

お酒に精通している

バーテンダーであれば、お酒に精通していなければいけません。ただお酒の知識を知っているだけでは精通しているとは言えません。実際にどのタイミングでお酒を作ると美味しいお酒が作ることができるのか、来店するお客さんに合わせて絶妙な味のお酒を作る必要があります。

また、美味しいお酒の飲み方を聞かれた時は、瞬時に答えなければプロフェッショナルであるとは言えません。そのため、日頃からお酒に関する知識を身につけておく必要があります。

コミュニケーション相手

バーテンダーには、コミュニケーション能力も必要になります。お客さんのコミュニケーション相手になって、バーに来店した客が非日常の空間を味わえるような演出作りを意識してバーカウンターに立つ必要があります。

これらからもわかるように、バーテンダーはお酒に精通したプロフェッショナルということがわかるのではないでしょうか。

バーテンダーになるためには

バーテンダーになるためには、どのようにすればなることができるのでしょうか。ここでは、バーテンダーになるための簡単な流れを紹介していきます。

下積みをする

バーテンダーになるためには、見習い期間が必要です。「NBA認定バーテンダー資格証書」をはじめとした資格がありますが、これらを取得するためにも実務経験が必要です。そのため、必ずとこかのバーテンダーに勤務をして、バーテンダーとしての実績を積み重ねる必要があります。

認められて独立する

実績をある程度積んでいけば、立派なバーテンダーとして働くことができます。立派なバーテンダーになるためには人によりますが、実績豊富なバーテンダーになるためには、10年程度経験は必要だと考えておきましょう。

ベテランクラスになれば、正社員だけでなく独立してお店を開業する方もいます。将来的に独立を視野に入れてバーテンダーとしての修行を積んでもよいでしょう。

バーテンダーの仕事の具体的な内容

バーテンダーの具体的な仕事内容はどのようなものがあるのでしょうか。ここからは、バーテンダーが実際に働く上でどんな業務をこなしていくか詳しく紹介していきます。

バーテンダーといっても、見習いとベテランでは大きく異なるため、見習い、ベテランと分けて紹介します。

バーテンダーの仕事(見習い)

見習いのバーテンダーは、主にバーテンダーとしての基礎を学ぶことが主な仕事内容になります。見習い時代に培った経験は、一人前のバーテンダーになった時に自分に大いに役に立つので、努力と忍耐力が必要になります。

雑用

バーテンダーの雑用は、主に使用済みのグラス洗い、グラス磨き、店内の掃除、シェイカーの手入れ、氷の準備など、バーを運営していく上で必要な雑用を任されます。

全て見習い時代に行う業務ですが、業務の合間に先輩の動きを見て、自分のスキルとして身につけていく必要があります。雑用中に先輩の技術をいかに盗むことができるのかという洞察力も、バーテンダーには必要になります。

常連客に顔を売る

バーテンダーとして重要なことは、お客さんとの関係性です。お客さんとの信頼関係を築いていくことで、自分のファンになり、一人前のバーテンダーとして成長していくことができます。自分を知ってもらうためにも、見習い時代から積極的にお客さんに顔を覚えてもらうということも、見習いバーテンダーの重要な仕事でもあります。

コミュニケーショのノウハウを学ぶ

バーでは、通常のお店とは異なりさまざまな事情を抱えたお客さんが訪れます。経営者から平社員までさまざまな人が訪れるので、その人に応じたコミュニケーションを行う必要があります。状況に合わせたコミュニケーションは、先輩のノウハウを盗む必要があるので、常に先輩の動きに注目をして自分の能力として還元していく必要があります。

バーテンダーの仕事(ベテラン)

一人前として認められ、ベテランクラスになるバーテンダーではどのような仕事内容になるのでしょうか。紹介していきます。

カクテルの提供

バーテンダーといえば、シェイカーを華麗にさばいてここだけしか飲むことができないカクテルを作ることが花形の仕事になります。一人前になれば、カクテルを作ることができるようになり、客に提供することが可能になります。また、技術力が高ければ季節に応じた新しいカクテルを提案したりするなど、独創的な仕事を任せられるようになります。

常連客とのコミュニケーションをはかる

ベテランバーテンダーになると、常連客とのコミュニケーションは重要な仕事になります。お酒を飲みにきている客だけでなく、バーテンダーと話しにやってくる客がいます。このような客は、ベテランバーテンダー目当てで来店しているため、コミュニケーションが重要になります。

若手の指導

ベテランバーテンダーになると、若手のバーテンダーの育成も重要な仕事です。NBAの認定試験を控えているバーテンダーであれば、資格を取得した経験があるバーテンダーが指導を担当することになります。

技術の高いバーテンダーになれば、若手の育成も重要な仕事になるので、お店の後継者を育てるという意味では、お店側からの信頼も高くなります。

バーテンダーの仕事のやりがい

バーテンダーとしての仕事のやりがいは、どのようなところにあるのでしょうか。バーテンダーのやりがいを詳しく解説していきましょう。

人に感動を与えることができる

バーテンダーは、お酒をただ提供するだけではなく、客がお酒を飲んで感動することがあります。自分の作ったお酒を目の前で味わって感動をしてもらうことができるのは、他の飲食店でも限られた人しか味わうことができないでしょう。

お客様に忘れられないいっぱいを作ることができる

バーにはさまざまな事情でお店に落とすれるお客さんが多くいます。中には、日頃のストレスに耐えきれずお店にやってくるお客さんもいるでしょう。このようなお客さんに忘れられないような思い出のお酒を提供することで、人生が大きく変えることができるかもしれません。

また、中にはバーで好きな人に愛の告白をするといった粋なことをするお客さんもいるので、時にはお客さんの人生を大きく変えてしまうこともあります。

ファンがつく

バーテンダーで最も嬉しい言葉は、「○○さんがいるからお店にきている」と言われることです。これは、バーテンダーさんのファンである証拠で、そのためにファンが足繁く通っていると考えれば、バーテンダーとしての冥利につくことでしょう。

このような魅力的なバーテンダーになるためには、日頃からお酒の研究をするだけでなく、お客さんの詳細な情報を常に覚えておく必要があります。ファンがつくということは、地道な努力が実った結果でもあるので、このような時にバーテンダーをやってよかったとやりがいに感じることがあります。

これ以外にも、バーテンダーのやりがいはバーテンダーによって様々です。しかし、その多くはお客さんとのコミュニケーションを通じてやりがいを強く感じるバーテンダーが多いので、人との会話が大好きな方にはオススメの仕事と言えるでしょう。

バーテンダーの仕事内容まとめ

バーテンダーは、お酒のプロッフェショナル

バーテンダーは、お酒をとおして人との関係性を築いてくプロフェッショナルです。ベテランバーテンダーになるためには、さまざまな課題をクリアしなければなりません。

一人前のバーテンダーになると、誰にも真似することができない技術を身につけることがでます。これからバーテンダーになろうとしている方は、このようなことを考慮して、バーテンダーの道を歩んでください。

バーテンダーへの就職・転職に役立つ講座が見つかる!

バーテンダーの参考情報

平均年収300万円~400万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種飲食

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

バーテンダーの関連記事

飲食に関する他の職業KANREN JOB