バーテンダーの給与や年収は?初任給や支給されるボーナスはどれくらい?

バーテンダーの給与や年収は?初任給や支給されるボーナスはどれくらい?

お酒を提供するプロフェッショナルのバーテンダー。彼らの収入が実際どれくらいもらっているかご存知でしょうか。このページでは、バーテンダーの収入を詳しく解説して紹介します。バーテンダーとして働こうと検討中の方には必読の内容となっているので、ぜひ参考にしてください。

バーテンダーの初任給

まずは、バーデンダーの初任給について詳しく解説をしていきましょう。バーテンダーの初任給は、平均すると16万円〜20万円です。

これは、お店によって異なりますが大学、高校卒の新人レベルであれば、これくらいの給料になるので覚えておきましょう。通常の飲食店のスタッフでも正社員でもこの程度の初任給になるので、他のサービス業と大きな違いはないと認識してください。

もちろんこれはあくまで初任給です。キャリアを積んでいけば次第に給料も高くなっていきます。それでは、どのタイミングで給料があがるのか詳しく掘り下げていきましょう。

給料があがるタイミング

バーテンダーは、通常のスタッフとは異なり長くバーテンダー歴が長ければ給料が上がるというわけではありません。バーテンダーとしての技術を認めてもらうことができれば、通常のペースよりも早く昇給を期待することができます。

お店によって異なりますが、通常の給料にプラスアルファして手当を渡すお店もあるので、お店の昇給制度をしっかり確認してから働くように心がけましょう。主に給料があがるタイミングは次の通りです。

お店でのキャリアを作る

お店での勤務歴が長ければ長いほど、給料があがります。しかし、これはお店によって昇給するタイミングがさまざまです。1年おきに昇給する可能性があると思っておきましょう。

バーテンダーの大会に出場し優勝する

バーテンダーは、技術力によって給与が大きく決まります。技術力が高いと言われていても、実績がなければあまり認めてもらうことができません。

そこで実績として認められる大会に出場する必要があります。日本バーテンダー協会が定期的にバーテンダーの技術力を競い合う大会を主催しています。この大会に出場し、優秀な成績を収めることで昇給するチャンスが得られます。

もちろん、お店によっては全く影響がない可能性もありますが、技術力の高いスタッフが在籍していることで、お店への来客アピールをすることができるので、バーテンダーとして働きはじめたら、このような大会に積極的に出場しましょう。

独立する

バーテンダーとしての収入をあげる最も良い方法が、独立することです。お店を持つことで、自分の給与をあげることができます。また、実績を積んでから有名店のバーテンダーとして働くという選択肢もあります。

しかし、この時実績がなければすぐにお店が潰れてしまう/有名店に雇ってもらえないという可能性があるので、確かな技術力を身につけてから転職を検討するようにしましょう。それまでは、下積みと割り切ってお店を固定して働くようにすることをオススメします。

有名店のバーテンダーになれば、月収が40万円前後期待することができるので、バーテンダーとして働くと決めたら、どのようなキャリアプランでバーテンダーとして活動をしていくのかを明確にしておくと昇給も早く訪れるのでオススメします。

年収の高いバーテンダーになると、どの程度の年収が期待できる

年収が高いバーテンダーになると、どの程度の年収になるのでしょうか。バーテンダーとして独立をすれば、年収1,000万円以上稼ぐことが可能です。また、技術の高いバーテンダーになれば、独立をしなくても、月50〜60万円前後も可能です。

給料が高くなるということは、それだけ技術力がある、店長などの役職に就くといった特徴があるので、こちらも合わせて覚えておきましょう。

年収が高くなるために必要なこと

年収が高くなるためには、技術力が必要であることはわかりました。しかし、それだけでは何が必要かよくわからないという人も多いと思うので具体的に説明をしていきましょう。

お酒の知識が豊富

年収の高いバーテンダーになると、お酒に関する知識を豊富に保有していることが多くなります。そのため、お酒の勉強をしておく必要があります。お酒の特徴から、どのような人にオススメなのか。美味しい飲み方などお酒の豆知識などたくさんお客さんに提供する必要があるので、日頃からお酒の研究が必要になります。

コミュニケーション能力

バーテンダーは、お客さんとのコミュニケーション能力も必要になります。人とのコミュニケーションが苦手な人は、バーテンダーとしての仕事も難しいと言えます。コミュニケーション能力が高ければ、バーテンダーを求めて来店するお客さんもいるので、昇給への評価につながります。

バーテンダーの平均給与の統計

バーテンダーの平均給与はどの程度かを大手就職サイトに掲載されている情報を元に平均をとると約28万円程度になります。これは、初任給時と同様、バーテンダーの給与が飲食店の給料とあまり大差がありません。さらに細かくみていきましょう。

役職ごとの平均給与

役職ごとの平均給与をみていくと、次のようになります。

見習い 16万円
社員 27万円
店長クラス 30万円
独立開業 30万円〜

バーテンダーは、見習い時点では安い給与ですが、役職が高くなり、技術力が高くなっていくにつれて必然と給与も高くなっていくという特徴があります。そのため、給与を高くするためには長く勤務するだけではなく、役職クラスになることが必要であることを覚えておきましょう。

給与の違いで何が違う

給与の金額が違うと、何が違うのでしょうか。最も違うのは技術です。技術力があるバーテンダーになれば、お客様が求めているお酒を提供することができます。また、責任の度合いによって、給与が異なります。人気のバーテンダーになれば、それだけでインセティブをもらうことができるので、人気バーテンダーを目指しましょう。

お店による評価の違い

お店による評価も、給与に大きく影響を与えます。評価対象となるものを紹介しましょう。

実績による評価

お酒を作る技術も必要ですが、売り上げに直結するような実績が、給与が高くなるタイミングであると言えます。自分の勤務する日は売り上げが高くなるといった実績を作るように意識して働くようにしてください。具体的な実績はつぎ

スキルの評価

最も評価されるのが、バーテンダーとしてのスキルです。独創的なお酒を開発したり、バーテンダーとしてのスキルが高かったりすれば、すぐに昇給のチャンスが訪れるので、日頃からスキルを磨いておくようにしましょう。

バーテンダーの年収統計

バーテンダーの平均年収は、350万円〜390万円です。一般的な飲食店の年収とあまり差がありません。しかし、収入もお店によって少し異なります。お店ごとによってどの程度給与が異なるのか紹介していきます。

お店ごとによる年収の違い

お店を対象にして、年収の比較をすると、次のようになります。

ホテル

バーテンダーとしても給与が安定的かつ高額になるのが、ホテルのバーテンダーです。老舗ホテルのバーテンダーになれば、給与が一般的なお店よりも高くなることが期待できます。ホテルによって価格が異なるので、老舗店を選んで働くという選択肢もあります。

人気バー

人気バーで働くことになれば、給与も高くなります。しかし、見習いからスタートする場合は有名店のバーでも給与は平均並です。しかし、バーテンダーとして技術力を得ることができるので、働き始めは人気バー店で働くことをオススメします。

バーテンダーのボーナスについて

気になるバーテンダーのボーナスは、給料の3ヶ月分というところが多いようです。もちろん、お店によってボーナスの額も大きく異なります。売り上げ実績に応じてボーナスが変動するお店であれば、貢献すればするほどボーナスが多くなります。

バーテンダーの給料・年収まとめ

バーテンダーは実力に応じた給与形態になる

バーテンダーの給与、年収をまとめると、給与は28万〜30万程度、年収は350万円〜370万円ということになります。

お店によって給与やボーナス体系などは異なりますが、この程度の年収になり、バーテンダーとしての技術力があがれば給与も自然と高くなるということを覚えておきましょう。

バーテンダーは、お酒のプロフェッショナルの仕事なので、お酒好きの人は一度検討してみてください。

バーテンダーへの就職・転職に役立つ講座が見つかる!

バーテンダーの参考情報

平均年収300万円~400万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種飲食

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

バーテンダーの関連記事

飲食に関する他の職業KANREN JOB