調理師の資格試験とは?調理師免許 資格試験の概要と合格の秘訣

調理師の資格試験とは?調理師免許 資格試験の概要と合格の秘訣

食に関連する仕事に自信をもって携わりたいと多くの人が取得を目指す調理師免許。この資格の利点は将来にわたって役立つ点です。今回この記事で、調理師の資格取得に関する具体的な内容を試験情報と共に詳しくご紹介したいと思います。

調理師の資格とは?

食のプロとして認められる国家資格

調理師免許は、調理師法(昭和33年に定められた)に基づき1958年より都道府県知事 の免許を受けて国から認められた者として調理師と名乗ることが出来る国家資格です。もしこの資格を持っていないのに調理師を名乗った場合は30万円以下の罰金が課せられてしまいます。

この国家資格は、国民の食生活向上を目的としており、調理法はもちろん 栄養、衛生など幅広い技術と知識を持つスペシャリストとして認められている事を示しています。

将来性のある資格

調理師としての活躍の場は、各種飲食店だけではなくホテル、福祉施設、病院、学校、企業の食堂などへの就職をはじめ、パート、アルバイトでの就業と多岐にわたります。もちろん、調理師免許がなくてもこれらの仕事に携われますが、調理師免許を保有していれば採用確率や給与アップが望めます。

また、将来独立開業に役立ちます。そのために必要なのが「食品衛生責任者」の資格と「保健所の承認」なのですが、調理師の免許があれば「食品衛生責任者」の申請をするだけでこの資格を取得できます。

さらに、将来この調理師免許を取得することでで次につなげる事が出来ます。例えば、専門調理師・調理師技能士は、調理師の免許取得年数、実務経験年数によって受験資格を得ることが出来ますし、フードコーディネーター3級は受験科目4科目のうち2科目が免除されるのです。

調理師免許の取得方法

実務経験を積んで受験資格を得て調理師試験に合格する方法と、厚生労働大臣指定の調理師養成機関(大学、短大、高等学校、専門学校など)で学んで卒業時に調理師免許無試験で取得するという方法があります。

調理師の資格の難易度・合格率

難易度やや低め、全体的に学んで合格目指せる

調理師免許試験は、実技実習がなく筆記試験のみで、全60問全てが4択のマークシート方式です。

合格ラインは全科目合計の60%以上ですが、1科目でも平均点を大幅に下回るようだと不合格になってしまいます。ですから、全体的に学んで苦手科目をなくしておくことが、調理師免許試験を受けるにあたってとても重要です。

調理師試験の合格率は、全国各地で見ると30%代から80%代とばらつきがあり試験年度によっても違ってきますが、全国平均で見ると約65%前後です。ですから、10人中6人は合格するということなので狭き門ではありません。

独学で勉強するなら最新の参考書と最新の過去の試験問題集で苦手対策をする事が出来ます。

調理師免許試験の概要

合格率 全国平均約65%前後
受験資格(東京都の場合) 次のいずれかに該当する者(学歴、職歴、職歴と認められない場合の基準が各都道府県によって異なる)

■学歴
・中学校卒業以上の者(学校教育法、第57条の規定に基づき高等学校入学資格を有する者)
・旧制国民学校高等科の修了者、旧制中学校2年の課程修了者又は調理師法施行規則附則第3項の規定によりこれらの者と同等学力があると認められる者

■職歴 
・調理師法施行規則第4条に定める次の施設で2年以上調理業務に従事した者
・飲食店営業(旅館、簡易宿泊所含む)
・魚介類販売業(販売のみは除く)
・惣菜製造業(佃煮を含む煮物、炒め物を含む焼き物、揚げ物、蒸し物、酢の物又は和え物を製造する営業)
・学校、病院、寮等の給食施設(継続して1回20食以上又は1日50食以上調理している施設)

※職歴に関する注意事項
・パート・アルバイトで調理業務に従事している場合は、原則として週4日以上かつ1日6時間以上の勤務必要
・従事期間については、調理業務従事証明書の証明日現在で2年以上が必要、ただし勤務先で1か月以上の長期休暇がある場合は、その期間を除く2年以上の従事期間が必要。また、複数の勤務先での従事期間を通算することは可能ですが同一期間に複数施設で勤務していた場合は、その従事期間、勤務日数及び時間は合算できません。
・次の場合は、職歴(調理業務に従事していたこと)とは認められない。
・接客業務(会計、ホールスタッフ等)、運搬、配達業務、食器洗浄等、直接調理業務に従事していない場合
・栄養士、保育士、看護師及びホームヘルパー等の職種として採用されている場合
・調理学校等で調理実習指導等に従事している場合
・会社や研究所等で食品開発業務の一環として従事している場合
・菓子製造業又は喫茶店営業の許可のみを受けた営業施設で従事している場合
・飲食店営業の許可を受けた営業施設であっても主にケーキやデザート類及びパン製造(調理パンは除く)の業務に従事している場合
・外国の飲食店で従事している場合
・高校在学期間中に従事している場合(定時制、通信制を除く)

受験費用(東京都の場合) 6,300円(各都道府県により異なる)
出題範囲 公衆衛生学、食品学、栄養学、食品衛生学、調理理論、食文化概論

その他の調理師に関連する資格

食に関する国家・公的資格

調理師以外にも食に関連した国家資格や公的資格があります。そのいくつかをご紹介します。

  • レストランサービス技能士
  • 製菓衛生師
  • 栄養士
  • 管理栄養士
  • 専門調理師・調理技能士
  • ふぐ調理師
  • 船舶料理士
  • 食品衛生責任者

上記のうち、食品衛生責任者の資格は、飲食店を開業する時に必要な資格で調理師免許を取得していれば申請するだけで取得可能です。

食に関する民間資格

民間資格となるともっと幅広くあります。では、そちらもいくつかご紹介します。

  • 食育アドバイザー
  • 食育栄養インストラクター
  • フードコーディネーター
  • 食生活アドバイザー

他にも各種ソムリエ、アドバイザー、インストラクター、検定等、多岐にわたります。

調理師の資格が取れる学校

厚生労働大臣指定の調理師養成機関であれば、卒業と同時に無試験で調理師免許を取得する事が出来ます。

服部栄養専門学校

服部栄養専門学校には、栄養士科(2年制)、調理ハイテクニカル経営学科(2年制)、調理師本科(1年制)、調理師本科パティシエ・ブランジェクラス(1年制)と調理師本科、調理師科の各夜間部(各1.5年制)といった学科があります。

厚生労働大臣指定の専修学校認可校である服部栄養専門学校は、調理師本科で最短の1年で卒業と同時に調理師免許を取得する事ができます。

最先端の設備が整った環境の中で和・洋・中・製菓製パンの基礎から最新技術までの習得、栄養学や衛生学などを幅広く学び食のプロを目指します。服部幸應校長をはじめとする一流の講師たちによる実践教育からも多くを学び取ることが出来ます。

また国内、ヨーロッパ、アジアなどの研修旅行や約10日間の校外実習によって実践的に学べるようなカリキュラムとなっています。

調理師以外の資格取得も可能

服部栄養専門学校の調理師本科では、卒業時に調理師免許を取得出来ますがそれだけではありません。

在学中、だしソムリエ検定による資格取得や卒業と同時に食育インストラクター、技術検定証(上級)、食品衛生責任者の資格取得もできるのです。調理の技術だけではなく幅広く学べるカリキュラムが1年間の在学期間に濃縮されているといえます。

高い就職率で就職サポートはもちろん、その後のスキルアップ転職といったバックアップも万全です。

大阪調理製菓専門学校

大阪調理製菓専門学校ecole UMEには、調理師科(1年制)、調理総合本科(2年制)、製菓総合本科(1年制、2年制)があります。こちらも調理師科で最短の1年で調理師免許を取得できます。

また、2年間で調理師免許と製菓衛生師免許の2つの国家資格取得する事の出来るWライセンスシステムコース(ブライダルマスターコース、カフェマスターコース、CPマスターコース)もあります。多彩な就職サポートで就職活動のバックアップ体制も整っています。

毎日充実した実習量

一人一製品実習、グループ実習など国家資格取得に必要な調理実習時間の2倍近い実習時間が組み込まれています。しかも、各実習室には最新設備が完備されており、レストラン、技術研究施設も併設されています。このようなプロの現場を体験する学びを、最も大切にしています。

調理師科では、前期は日本料理、洋風料理、中国料理の実習を、後期は日本料理かフランス・イタリア料理を専攻実習して集中的に学びます。このようにして1年を通して基礎から応用、さらに専門性を高めていきます。

もちろん、栄養、衛生、マナーなど必要な知識も学びます。また、調理総合本科(2年制)他、対象学科のみ全員参加のヨーロッパ研修では研修費全額補助で参加できるのも現場体験を大切にしている学校であるからこそですね。

調理師の資格まとめ

調理師免許を取得して、ずっと関わる食の仕事に役立てよう

調理師の国家資格取得にこだわらなくても、飲食業に携わることはできますが、この調理師免許という資格取得の有無によって将来に大きな違いが生じてきます。

職場によっては、調理師免許が必須であったり、採用確率や給料面で違いが出ます。スキルアップのための試験内容によっては受験資格を得たり、教科の免除を受けられるという利点があります。

独立開業にも役立ちますから、将来を見据えて調理師の資格試験を目指してみるのはどうでしょうか。

ミイダスで「あなたの適正年収」を診断可能!

ミイダスは経歴や経験・スキル情報から自分の市場価値、スキル、パーソナリティを診断・データ分析できるサービスです。

調理師の参考情報

平均年収250万円~400万円
必要資格
  • 調理師免許
資格区分 国家資格
職種飲食

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

調理師の関連記事

飲食に関する他の職業KANREN JOB