調理師の給与や年収は?調理師見習いの給与と年収の実態、今後について

調理師の給与や年収は?調理師見習いの給与と年収の実態、今後について

今回は、様々な業界で活躍する調理師に焦点を当てて給与や年収などを、ご紹介していきたいと思います。一概に調理師と言っても、見習い調理師や高級料理店やホテルなど、中には独立開業して自分自身のお店を経営している方たちがいます。

調理師の初任給

調理師として働きだした時の見習い期間の初任給は、どの職場でも、大抵10万円くらいといわれています。調理師として働いていると聞くと、すぐに調理をしてお客さんに、料理などを出すことをイメージされる方が多いと思います。

しかし、そのような仕事をさせてくれるお店は、かなり珍しく、大抵1年目は調理師の見習いとして、下積み時代に業務内容を覚えていくことになります。

見習い調理師の給与

下積み時代は、上司や先輩と比べても、業務内容は過酷なものですが、その苛酷さが給与に反映されているかというと難しい所です。

実際に、調理師の求人情報を見みると、多くのお店で未経験者の初任給は10万円前後になっています。また、厚生労働省が行っている「賃金構造基本統計調査結果」のデータを見ても、他の業界と比べて、少し低い水準に位置していることがわかります。

見習いと調理師の給与の現実

厚生労働省が公表している平成27年度の賃金構造基本統計調査から、調理師の平均年収は40代で約330万円、そして調理師見習いの段階での平均年収は約260万円となっています。

また、調理師見習いが受け取る、月の給料は約13万円前後であり、ボーナスなどは経営している店舗によっては、出ない場合もあるようです。

なぜ給与に差があるのか

調理師と言っても、まだ見習いの段階では、給料が低く見積もられていることが多いそうです。なぜ、このような給与水準になっているのか。

それは、見習いの調理師が経験を積んだプロの調理師になるためには、まだまだ時間を要するため、見習いの調理師が、プロの調理師から1人前と認められるまでは、月の給料が低く設定されているからです。このような背景があるため、調理師という職業の全体的な年収が低い理由となっています。

そのため、調理師という職業は、一般のサラリーマンと違い、年齢や昇給試験で給与が上昇するわけではないため、調理師の年収は他の職業と比較されることが少ない理由になります。

高い給与を受けている人達

上記のような事情があることから、見習いの調理師でいる間は、月に10万円前後で生活することになり、所属して働いている店舗によっては、この金額を下回る可能性もあります。

しかし、見習期間が終わり、世間一般で、一流と言われているホテルやレストランなどで勤務することになった場合には、メディアでよく取り上げられるような年収1000万円を稼ぐ調理師も出てきます。

国外で稼いでいる調理師

また、最近では世界中でも日本の食文化が注目されているため、国外でも日本の食を取り扱っているレストランが多数あり、日本食の需要は国内に限らず、海外でも人気があります。

このような事情から、プロとして長年腕を磨いてきたプロ調理師は、海外の高級レストランやホテルで働き、年収が1000万円以上を稼いでいる方たちも存在します。

調理師は独立開業ができる仕事

しかし、調理師は、自身の技量が確かな物であれば、独立開業することができる職業です。

実際、若い調理師たちの多くが、いつかは自分のお店を持ちたいといった目標に向かって日々の修行に励んでいます。独立してお店を開業するタイミングに決まりはありませんが、飲食店などを開業する際に必要となるのが「食品衛生責任者」という資格です。

これは、それぞれの店舗に必ず一人は有資格者を置かなくてはならない決まりになっています。

調理師が働く業界

調理師として働くといっても、ホテルや病院など、色々な業界があります。では、どの業界で働く調理師の給料が高いのでしょうか。

1か月の給料などで考慮した場合、ホテルのレストランで働く、専属のパティシエなどが他の業界と比較すると比較的高い給料であるといわれています。

一般的に、ホテルのレストラン勤務であると、職場環境が整っていることが多く、ボーナスなども支給されるケースが多いため、待遇面で考慮した場合は、かなりの高水準であるのではないかと考えられます。

働く業界ごとの給与水準

しかし、レストランも各々の業界ごとで見た場合、レストランなどで就労するケースは、そのレストランの売り上げが給料に大きく影響するため、個人が経営しているイタリアンレストランなどは、ボーナスがない場合が多い所もあります。

他の職業との比較

他の職種と比較した場合に、調理師としての給料を上げる方法は、職人やパティシエなど1つ分野で調理師としての経歴を積み、実績を重ねていく必要があります。そのため、調理師になるために通う専門学校では、和食や洋食、デザートなど、あらゆる分野の料理を勉強することができます。

つまり、専門学校に通っている時代に、調理師としての基礎を固め、自分が将来なりたいジャンルの進路を見つけることで、将来のキャリアプランや人生設計がしやすくなります。

働く地域によって給与が異なっている

一概に調理師と言っても、働く地域や場所で給与が大きく変わります。例えば東京や大阪で働く調理師は、他の地方で働く調理師たちよりも給与が高く、平均年収も必然と多くなります。

そのため、給与が高い職場やお店の福利厚生がしっかりしているお店で働きたくても、地方で調理師を目指す場合は、かなり店舗の数が限られてきます。

給与の昇給額について

そして、調理師の昇給額は、調理師以外の職種と比べても金額が少ないと認識されています。さらに、見習の調理師の場合だと、日々の業務内容が激務で、実際にもらう給与に比例していないのではないかと疑問視する声もあります。

管理職になった場合

実際、管理職になると見習いの頃と比べ、手取り額が昇給しますが、役職をもらうということは、それだけ責任や、自身の業務内容が広がります。つまり、いくら昇給したといっても、業務内容が増え、激務な時期が続くことで、勤務時間を考えた時に、給与が低いのではと、悩みを持っている人も中にはいます。

勤務時間と給与について

また、調理師は他の職種と比較しても、その業界で長期間働き、実務経験を積んだとしても、現在の給与が大幅に上昇することは稀な職業です。そのため、見習期間の下積みを終えた後は、自分で独立開業して、そのお店が儲かれば、調理師としての給与を大幅に上昇させることができ、自然と平均年収も上がることになります。

しかし、自分で独立してお店を開業した場合は、今度は自分が経営者となるため、今までのように調理することや、食材の管理の仕事以外にも、お店の売り上げ管理や宣伝、従業員の給与の支払いなど、様々な業務が増えることになります。

平成28年 調理師の年収(規模別)

厚生労働省が公表している、平成28年の賃金構造基本統計調査では、10人から99人の規模の事業所で働く調理師の年収は約330万円、100から999人の規模では約320万円、1,000人以上の規模では約360万円、10人以上の規模では約340万円となっています。

平成28年 調理師の年収(年齢別・男女別)

調理師の年収を年齢別に見た場合は、男性では年齢の上昇に合わせて、少しずつ上がってきており、性別で見ると男性の年収が高く、男性は約370万円、女性は約270万円となっています。

平成28年 調理師見習いの年収(年齢別・男女別)

しかし、調理師見習いの場合は、年齢や性別との差はあまりなく、男性で約280万円、女性で約220万円となります。

そして、ボーナスが出る店舗では10万前後という数値になっていますが、必ずしも見習い期間の全員がもらえるわけではなく、勤め先の経営状況によるとことも多いです。

さらに、勤務している地域によっても、給与やボーナスに差が出ることが多く、東京などの、都会になるほど給与やボーナスが高額になる傾向にあります。

調理師の給料・年収まとめ

やりがいと給与について

実際に、調理師として働いている方の中に誇りや、自分なりの職業に対するやりがいを持ち業務に励んでいる方がたくさんいます。そして、そのような方たちの日々の支えになっているのが、見習期間に学んだ経験の記憶です。

見習期間である新人の時に、正しい知識を身に着け、周りの人から認められることで、仕事や人間関係について深く学ぶことができ、大変だった下積み期間があるからこそ、今現在の仕事に対する情熱が培われていくのだと思います。

調理師の参考情報

平均年収250万円~400万円
必要資格
  • 調理師免許
資格区分 国家資格
職種飲食

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

調理師の関連記事

飲食に関する他の職業KANREN JOB