クラブDJになるには?必要スキルや向いている人の特徴などを具体的に解説

クラブDJになるには?必要スキルや向いている人の特徴などを具体的に解説

クラブDJになるには、一体どんなスキルや資格が必要なのでしょうか。仕事として続けるにはクラブDJとしての情熱を持ち続けられるかがポイント。今回はこの記事でクラブDJに必要なスキルや向いている人の性格的な特徴などをご紹介します。

クラブDJになるには何が必要?

クラブDJになるにはいくつか必要な要素が考えられますが、まずは情熱が必要になります。クラブDJの仕事で十分な生活が出来ている人は一握りであまり儲かる仕事ではないと言えます。自費でCDやレコードを買い集める事になるので赤字になる場合もあるのです。

クラブDJの仕事が好きで、朝まで楽しく出来る情熱を持っている事がクラブDJには求められます。第一線で活躍しているクラブDJは利用者の笑顔を見られるから仕事が続けられるという人もいます。

誰でもクラブDJにはなれますが、誰にでも慣れる仕事だからこそ長年プロとして続けることは難しい職業です。楽しいと仕事をするためにDJに対する強い情熱が必要になると考えられます。

リズム感がクラブDJの仕事に役立つ

クラブDJに必要な事としてリズム感が挙げられます。DJは音楽のチョイスからリードまで行うため、クラブを訪れた人を乗せてリードをするのである程度のリズム感は必要です。

いくら音楽について知っていてもリズム感がないとDJとしての仕事は務まりません。リズムに乗って合わせた曲をチョイス出来る事がクラブDJには大切です。

体力も必要なクラブDJの仕事

クラブDJの仕事は意外とハードなので、基礎体力がしっかりあることも重要です。クラブDJの仕事は不規則です。飲食店やクラブの専属は営業時間が勤務時間であり、フリーランスのDJは決まった勤務時間や休日はないので自分自身で決めることになります。

仕事中は立ちっぱなしで朝まで仕事をしなければいけない事もあるので、ハードに感じることは多いでしょう。その場を盛り上げるためにも体が資本。自己管理をしっかりと行い体調を崩さないようにすることは大切です。

絶対必要ではないがクラブDJに関する資格があるほうが有利

クラブDJになるには何かの資格が絶対に必要というわけではありません。それでも資格を取得していれば一定の知識やスキルがある証明になり、転職でも有利に働く可能性はあります。クラブはとして働く人が取得する資格で代表的なものは、音楽とリズム感が必要になるリトミックインストラクターが挙げられます。

英語力があると滑らかに繋げられる

クラブDJになるのに英会話ができないといけないわけではないですが、英語力があると良いです。英語の曲のセットを流す際に合間のトークが英語で出来ると滑らかな繋ぎが出来て、来場者の盛り上がりに繋がります。クラブDJとして世界を舞台に活動したいと考える人は英語力があることは必須であり、強い武器になるでしょう。

クラブDJに向いている人、適性がある人

クラブDJになるには、持って生まれたセンスや性格的な要素も影響することが多いです。

音楽が好きという気持ちは適性のひとつ

クラブDJに求められる適性として、まずは音楽が好きという気持ちが挙げられます。適性として最も大切な事は、音楽が好きという事でしょう。好きと言っても一般的なレベルではなく、深く音楽を愛していて誰にも負けない知識がなければDJは務まりせん。人が普通知らない音楽まで網羅している人がクラブDJとして向いていると考えられます。

陽気で人懐っこい人もクラブDJ向き

クラブDJはとにかく盛り上げなければいけません。イベントなどで華やかな場で仕事をする事から性格的に陽気の人の方が盛り上げることが出来るでしょう。自分自身もノリノリに楽しめる人の方が良いパフォーマンスに繋がると言えます。クラブDJとして活躍するためには社交的である事も大切な要素と言えるでしょう。

人脈によって新しい仕事が増える事の多い業界なので、知り合いが多ければ多いほど集客もしやすくなります。誰にでも声をかけてすぐに親しく慣れる人懐っこさは大切と言えます。

空気が読める力があるとベター

クラブDJには空気を読める力も必要になります。フロアにどんな年齢層のお客さんがいるか、人柄などの特徴を掴んで全体の雰囲気をつかむ事が大切になります。雰囲気を掴むことが出来ればその場にあった音楽を流すことが出来ますし、盛り上がりにも繋がります。

楽しませようという気持ちがある人もクラブDJ向き

クラブDJは自分で選び繋いだ音楽のセットで、きている人を楽しませようというホスピタリティーが求められます。会場の雰囲気や来場者の反応を見てより盛り上がる曲を即座に変更する事も。

みんなが踊りやすくなるように工夫することも必要で、来場者を楽しませる心は常に持っておかないといけません。クラブDJとして楽しませようとする気持ちがある人は適性があると考えられます。

クラブDJになるための学校

クラブDJになるために学校に通うことは、自分と同じようにクラブDJを目指す仲間に出会えます。お互い刺激し合いながら学ぶことが出来る事は魅力的です。

音楽についての基礎が学べる専門学校

クラブDJになるには、専門学校に通って音楽について学ぶ人もいます。通常クラブDJになるにはフリーのクラブDJになる事やタレントとしてクラブDJになる、専属のDJになる事が一般的です。

ある程度音楽やエンターテイメント業界に必要な知識を身につけることが出来るのが専門学校の魅力です。専門学校ではプロの現場を経験する実践授業も用意されている事もあります。

カリキュラムを比較して学校選びを

クラブDJになるための専門学校は全国にあるので、どこの専門学校で学ぶか選択肢はいくつもあります。学校によっては実習中心の授業が用意されていることや、プロからの指導が魅力の授業もあります。

そのほかにも資格取得支援や就職サポートが充実していれば、進路の不安も少なくなるでしょう。昼間仕事をしている人であれば、夜間コースのある学校を選ぶことも大切になるでしょう。

大学でもクラブDJになるための勉強が可能

クラブDJになるために学校に通う選択肢として、専門学校以外では大学にも音楽に関する学部や学科が用意されている事があります。舞台学や演劇・舞踊学、音楽・映像学などが挙げられます。クラブDJに関連する音楽のカリキュラムが用意されている事は詳しくチェックしてみましょう。

店で修業を積みクラブDJになることも可能

クラブDJになるには専門的な学校で知識や技術を学ばないといけない決まりはありません。現場で働きながらスキルを身につけるのも選択肢と言えますし、そういったクラブDJは多いです。

お店によってはお客さんとして足を運んでいるうちに仲良くなり、クラブDJとして働けるようになるケースもあります。それでも募集は少なく競争率は激しい事に加えて、もらえる金額もお店によって異なります。中にはボランティア同然の金額の仕事もあるので、収入になるかも見極めて引き受ける事が大切です。

雇用形態もアルバイトでスタートする事が多く、他の仕事と併用して行う人は多いでしょう。

クラブDJになるには?まとめ

資格があればベター。まずは情熱と音楽が好きな気持ちがクラブDJを続ける原動力に

DJに対する情熱と音楽が好きな気持ち。クラブDJになるには、どんなに仕事がハートでも続けられる力が必要です。加えて人懐っこさや楽しませようとする気持ちがある人は、特殊なクラブDJの仕事では強い武器になると考えられます。

未経験でも仕事に就くことは出来ますが、資格があればベターです。専門学校や大学で音楽やリズムに関しての知識を学ぶ人や店で修行を積んでからなる人もいます。

クラブDJの参考情報

平均年収200万円~300万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種音楽・ラジオ

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

クラブDJの関連記事

音楽・ラジオに関する他の職業KANREN JOB