クラブDJの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

クラブDJの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

若い人から人気の高い仕事、クラブDJ。センターでパフォーマンスをして盛り上げる楽しそうなイメージがある職業ですが、地道な下積みの上に成り立っている様です。今回はこの記事でクラブDJの仕事の特徴や魅力、やりがいなどについてご紹介します。

クラブDJとはどんな仕事?

お店やイベントで音楽をかける人をクラブDJと呼ぶ

クラブDJは2つ以上の再生機器で音を混ぜ合わせて、創造的な音楽をつくる人のことを言います。音の設定や照明の調整なども行い、その場所全体のプロデュースもしています。

スピードや効率も要求される仕事

クラブDJは、イベントなどでBGMを選曲してその場で音楽をかけていく仕事です。来場者を盛り上げさせる事が大切ですが、日によってどんな人が来場するか分かりません。

用意してきたBGMがイマイチだった場合にはすぐにちがうBGMに変える事もあります。素早くにBGMを変えないといけない事からスピードも要求される仕事であると言えます。

イベント時は朝まで仕事をすることも

イベントでクラブDJとして仕事をする際には長時間仕事をしなくてはいけない事が多いです。イベントは基本的に夜に行われる事が多く生活サイクルが乱れてしまう事も。

朝までのイベントの際には、寝ないでDJとして盛り上げないといけませんし、基本的には不規則になりやすく、体力的にハードな仕事といえるでしょう。

クラブDJの仕事は意外とハード。体力が必要

クラブDJはどちらかというとノリノリで楽しいイメージがありますが、頭を使う職業です。

その場の雰囲気に合わせてBGMを選曲して繋ぎなどを考えながら盛り上げなければいけないからです。クラブDJとしての勤務先にもよりますが専属であれば拘束時間は長めで体力も必要になると考えられます。

クラブDJの給料レベルは低めの傾向

勤務場所によるものの、クラブDJの給料はほかの職業に比べ低い傾向が多いようです。一般的には10万円前後の給与からスタートし、年収100〜250万円といわれています。クラブDJの仕事は夜が多く日中は他の仕事をして夜に副業としてクラブDJをしている人が多く、DJとしての年収は非常に少ないことが多いです。

DJの仕事を始めたばかりの時はボランティアで仕事を引き受けることもあり、仕事が少しずつできるようになると年収100万円前後の金額になります。専属DJとして働けるようになり、お店全体のマネージメントができるようになると、年収は少なくても100万円、400万円程と安定してきます。

いずれも収入レベルは低く、DJだけで稼ぐことは簡単なことではないようです。クラブDJは稼ぐというよりも好きなことを思う存分やるということを感じられる職業です。

クラブDJの具体的な仕事内容

クラブDJの仕事は、音楽をかけていくことに尽きます。どんな音楽でも良いわけではなく、来場者の世代や雰囲気に合わせてチョイスする事が大切になります。

音楽をかける以外にクラブDJがする仕事

クラブDJの仕事は、イベントやお店でBGMをかけるだけではありません。

イベントで使用する曲を決める

イベントに出演する際には、そのイベントで使用する曲を決める事もクラブDJの仕事の一つです。

事前にどんな人が来場するのかを確認して決める人もいますし、その場で曲を決める人もいます。クラブDJとして一定の経験があればその場で雰囲気に合わせた曲を選択する事が出来ますが、慣れるまでは事前に考えておく人が殆どです。

挨拶回り

イベントに出演してDJをする場合には、始まる前にしっかりと挨拶回りを行います。出演者やオーナー、知りたいなどに丁寧に挨拶を行います。挨拶をしっかり行う事で、新しい出会いを探し、次の仕事の依頼を獲得する事も出来ます。

後片付け

クラブDJとしてイベントでもお店でも終わった後は片付けを行います。使用した音源をレコードバックに詰めて、場合によっては機材のメンテナンスも行います。使わせてもらった機材を綺麗にして帰るのはクラブDJとして当たり前のことです。

音源を集め

クラブDJとして音源集めは大切な仕事の一つです。レコード店で新譜やDJに使用できそうな曲を選ぶ事になりますが、バリエーション豊かに選ぶ事が大切で、クラブDJとして活躍するには音源集めは大切な事です。最近ではネットからダウンロードもする事が出来るので気軽さもあり、ネットを利用するクラブDJも多いです。

下積みからはじまるクラブDJの仕事

クラブDJの仕事は、地道な下積みから始まります。専門学校や大学で音楽について学んでからクラブDJになる人もいますが、すぐにクラブDJとして活躍する事は難しいと考えられます。

多くの現場を経験して、先輩DJの姿を見て学び、人によっては1年以上の下積みが必要になる場合もあります。

徐々に仕事の幅を広げていくイメージ

クラブDJになってすぐに仕事があるわけではありません。まずは雇ってくれるお店探しをし、友人を増やして紹介の可能性を広げていきます。最初は自分自身のDJの営業活動がメインになり、イベントのサポートをする事もあります。

クラブDJとして舞台でパフォーマンスが出来るようになるには長期的な積み重ねが必要になるでしょう。

10年以内が区切りになることが多い

クラブDJとして活動している人の多くはDJだけでなく、昼間は別の仕事をしています。クラブDJだけで生計を立てるのは一握りなので、一定期間を設けているひとも多いです。

人によってその区切りはそれぞれですが、10年以内に定めている人が多いと言われています。定期的に音楽の知識を増やす必要があり、朝までイベントなどの体力的にハードな部分もあるので年齢を重ねるに連れてかかる負担も大きいようです。

クラブDJの仕事のやりがい

オーディエンスに感動と興奮を与えられる仕事

音楽を通して心地よい空間や盛り上がる空間を演出する事がクラブDJの使命です。会場の空気を読みながらBGMを選曲して盛り上げます。

自分のオススメの音楽で利用者が楽しそうに踊っている姿を見た時や会場に一体感が生まれた時にクラブDJとして大きな達成感とやりがいを感じる事が出来ます。クラブDJとして人気が出れば固定のファンが出来たり、イベントに足を運んでくれるのは何よりも嬉しい事です。

自分の理想の音楽をどこまでも追及できる

クラブDJの最大の面白さは試行錯誤をして自分の理想の音楽を追い求められる事です。イベントによって会場の雰囲気や客層も異なります。季節や流行によってもマッチする音楽は変化します。その場に合わせた最高のBGMを選び出す事は難しいだけに、出来た時には大きなやりがいを感じられるものです。

時代が流れると共に新しい音楽が生み出されていきます。新しいアーティストのチェックや新譜の視聴などを行って自分のプレイに取り入れられる音源を探すこともDJならではの楽しみの一つです。

自分が気に入った音楽を多くの人に聞いてもらい、喜んでもらいたいという気持ちをクラブDJという職業では実現する事が出来るのです。

クラブDJの仕事内容まとめ

クラブDJは地道な努力やセンスが求められる仕事

音を演出する専門家であるクラブDJは、お店やイベントで利用者を楽しませるのが仕事です。最初は下積みとしてイベントのサポートや営業活動が多く、パフォーマンスが出来るようになるには時間が掛かるでしょう。

一人前のクラブDJとして活躍出来ても朝までのイベントなど不規則になりがちなので、体力的にハードな面があるのも特徴と言えます。

クラブDJの仕事はオーディエンスを多く集められる土日に多く、プライベートをゆっくり過ごす事は難しいかもしれません。しかし、オーディエンスに感動と興奮を与えられる事は何よりのやりがいに感じられるはずです。

クラブDJの参考情報

平均年収200万円~300万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種音楽・ラジオ

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

クラブDJの関連記事

音楽・ラジオに関する他の職業KANREN JOB