美容部員の給与・年収は?初任給や支給されるボーナスはどれくらい?

美容部員の給与・年収は?初任給や支給されるボーナスはどれくらい?

化粧品売り場を中心に働く美容部員に女性の中には憧れを持つ方もいるのではないでしょうか。美容部員は一体どれくらい給与を受け取っているのかご存知でしょうか。このページでは、美容部員の平均的な給与と年収について紹介します。

美容部員の初任給

美容部員の初任給がどの程度なのか初任給から触れていきましょう。美容部員として働き始める方は高卒、専門学校卒業、大卒でどのような違いがあるのでしょうか。

初任給の平均

美容部員の初任給の平均は16万円〜20万円です。高卒で美容部員になると初任給も低く16万円台という場合もあります。大卒での初任給でも20万円に到達しないケースも多く、18万円前後が平均になります。

それではなぜ、初任給でもこのような違いが生まれているのでしょうか。初任給の差についてもう少し詳しく紹介していきます。

働き方、メーカーによって異なる

美容部員は勤務形態がさまざまです。メーカーから化粧品売り場に派遣されている方もいれば、お店と直接契約を交わし働いている方もいます。そのため労働形態によって初任給も大きく異なります。

たとえば、勤務先がメーカーでも大手のメーカーとそうでないメーカーでは初任給は異なります。誰もが知っている大手化粧品メーカーに勤務すれば初任給も高く、20万円台も夢ではありません。デパートやドラッグストアに勤務すると化粧品メーカーよりは価格が安くなってしまうということも覚えておきましょう。

もちろん初任給が高い場所では応募者も殺到しているため採用されないこともあります。採用されやすい場所を選ぶか、それとも採用にくくても給与が高い場所を選ぶかはしっかり考えてから勤務先を検討するようにしましょう。

勤務先によって異なる

メーカー、百貨店など勤務場所よって初任給は異なりますがそれだけではありません。勤務地によっても給与が影響します。都市部の美容部員の方が給与は高くなる傾向にあるため、美容部員で活躍をしたい方は郊外の勤務地よりも都市部の勤務地になるように検討すると良いでしょう。

初任給を少しでも高くする方法

以上の点を踏まえると、初任給を少しでも高くする方法が見えてくるのではないでしょうか。次に、初任給を高くする方法について解説をしていきましょう。

勤務先を検討する

先述通り、勤務先は都市部の化粧品メーカーが最も高い給与が期待できます。もちろん高い給与の場所には美容部員も多く殺到するため、競争が激しくなります。競争を勝つためには美容部員として必要な知識やスキルを身につけておく必要があります。

また百貨店でも高い初任給が期待することができるので、業績が良く将来性のある百貨店で美容部員の採用がないか探してみる方法も良いでしょう。

しかし最近では美容部員を正社員で採用するのではなく、アルバイトとして採用するケースが多くなっています。最初はアルバイトから働き、正社員登用を目指すということも考えられるので、状況に応じた働き方を検討してください。

資格を取得する

活躍する美容部員を目指すのであれば、やはり資格取得をオススメします。資格を取得することで売り上げの実績につながるだけではなく資格保有者だからこそできる仕事を任されることになり、他の美容部員との差別化を図ることができます。

残念ながら資格は民間資格のため別途手当が出るということはあまり考えられませんが、ぜひ資格を取得して美容部員としての活躍の場を広げてください。

美容部員の平均給与の統計

美容部員の平均給与は36万円程度です。勤務地によりますが20万円〜40万円前後になります。なぜこのような差が出るのでしょうか。先ほど紹介した勤務地が大きく影響しています。

勤務場所によって異なる

美容部員の給与の違いは勤務場所によって大きく異なります。同じメーカーの化粧品を販売していたとしても勤務場所によって異なることもあります。

勤務場所 平均給与額
化粧品メーカー 40万円
百貨店勤務 35万円
化粧品店 30万円
ドラッグストア 25万円

このように働く場所によっても給与が異なります。もちろん化粧品メーカーから派遣して働いている場合であれば、ドラッグストアでも40万円前後給与を受け取ることができます。しかしこのようなケースは常駐ではなく、キャンペーン時など限られた場合に限るためドラッグストアで高い給与を期待することは難しいでしょう。

また正社員と契約社員でも給与が大きく異なるので、給与を少しでも高くしたい方は化粧品メーカーで正社員として美容部員に採用されることをオススメします。

化粧品メーカー勤務でも稼げないことも

化粧品メーカーの美容部員が最も稼げることができるということがわかりました。しかし化粧品メーカーの美容部員になれたからとはいえ、それで絶対に稼ぐことができるということではありません。

メーカーによって給与自体は安いもののボーナスによって給与の不足分を補っているケースもあります。そのため化粧品メーカーでも次のような点は意識しておく必要があります。

実績を作る

美容部員として最も大切なことは実績です。販売実績が高い美容部員はその分評価され、給与も高くなります。一方、実績がなければ給与は低いままです。年功序列で収入が上がるというよりも実績によって給与が大きく変化していくということを覚えておきましょう。

資格を取得する

資格を保有していると美容部員として独自の仕事を行うことができます。

お店によっては資格保有者による無料診断講座などを実施し、このようなイベントを行うことで集客効果得られ、売り上げも上がる可能性があるという相乗効果が期待できます。その需要に対応するためには資格を習得しておく必要があります。それにより給与が高くなる可能性があるので、ぜひ資格は取得しておきたいものです。

オススメの資格は日本化粧品検定、日本メイクアップ技術検定です。どちらも1年程度の期間で上級レベルの資格を取得することが可能なので、ぜひ検討してください。

美容部員の年収統計

美容部員の年収は400万円〜700万円程度です。年収はボーナスによって高くなっているという点も美容部員の大きな特徴です。

年収をあげるために必要なポイント

先ほどもご紹介したように年収を上げるためには実績が必要になり、勤務地も重要になります。給与面を重視する場合は都市部のメーカーを選ぶようにしてください。しかし最近では労働形態も変化しているため、今後このような年収を期待することができないケースもあります。

最近ではインターネットを中心に、フリーランスの美容部員として活躍をしている方もいるので広い視野で検討してみましょう。

年収1,000万円以上行く人は?

美容部員でも年収1,000万円以上の方はいるのでしょうか。1000万円以上の年収がある美容部員は大手化粧品メーカーの役職クラスに限定されるため、かなり限られています。

もし化粧品メーカーに勤務せず年収1,000万円以上を目指すのであれば、SNSのフォロワーを増やし著名人として活動をする必要があります。そのためには販売実績全国1位などの肩書きがなければ発信力のある美容部員として難しいため、まずは美容部員としての実績や技術を磨くことをオススメします。

化粧品メーカーの美容部員として都心部で働く、発信力のある美容部員を目指す。このような条件を満たすことができれば一流の美容部員として活躍できる可能性があるので、美容部員になる方はぜひ目標を設定して取り組むようにしてください。

美容部員の給料・年収まとめ

年収を上げるためには化粧品に関する知識と技術が必要

美容部員は化粧品を提案する仕事です。提案方法や化粧品に関する豊富な知識があれば、比較的安いといわれている給与よりも高い給与で働くことができます。

美容部員として少しでも他の方より高い雇用条件で働きたいのであれば、日頃から化粧品に関する知識や提案力を磨いていくことが大切になります。そのためにも美容部員を志す方は化粧品の情報を常に取り入れておくことをオススメします。

美容部員の参考情報

平均年収400万円~600万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種美容・ファッション

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

美容部員の関連記事

美容・ファッションに関する他の職業KANREN JOB