美容部員の仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

美容部員の仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

美容部員とは、百貨店やドラッグストアで化粧品を専門に扱う仕事です。女性の扱う化粧品は多く、1人1人によってニーズも異なるため、美容部員のセンスが求められます。このページでは美容部員の実際の仕事内容がどのようなものかを詳しく紹介しましょう。

美容部員とはどんな仕事?

美容部員とは、一体どのような仕事をしているのでしょうか。まずは美容部員がどのような目的で仕事を行なっているのかを詳しく解説していきましょう。

美容部員が任されている仕事は大きく分けて2つです。担当するブランドの「化粧用品の提案」と「化粧用品の管理」です。コスメグッズは女性にとって欠かすことができない商品のため、美容部員がいることで売り上げに大きく貢献することができます。

化粧品の提案

美容部員で最も求められていることが化粧品の提案です。化粧品といってもさまざま商品があります。マニキュア、マスカラ、チーク、アイシャドウ、シャンプー、洗顔などバラエティに富んでおり、既存の商品から新しいタイプの商品までさまざまです。

また女性によって抱える肌の悩みやどのような化粧品を探しているのかというニーズも様々です。これらに合わせた商品提案をすることが美容部員に任されている仕事であるといえるでしょう。提案といっても次のような提案方法があります。

美容部員オススメの商品提案

すでに商品を利用しているお客様に対して提案をすることもあります。この時はお店から指定された商品や、売り上げを伸ばしたい商品などさまざまな商品を提案することになります。営業トークが求められますが、美容部員としてオススメ商品を多く売ることができれば自分への実績にもつながります。

新商品の提案

新商品が発売された時はその商品を提案することもあります。新商品を提案する際は実際に使用していないと商品をうまく売ることができないので、美容部員自ら実際に使うということも重要になります。

また常に化粧品に対してアンテナを張っておく必要があるので営業トークだけでなく、専門的な知識やお客様が知りたい情報は何かを常に意識しておく必要があります。

在庫管理

美容部員はお店の中の商品がどのような在庫状況なのかを把握しておくことも大切です。人気商品が品切れ状態になってしまうと商機を逃してしまうため、トレンドに応じた在庫管理をしっかりしておくことも重要です。接客だけでなく事務的な仕事も美容部員には要求されるということを覚えておきましょう。

美容部員の仕事の具体的な内容

美容部員がどのような仕事をしているのかを理解したところで、さらに具体的にどのような仕事内容があるのかを紹介していきます。

商品提案の流れ

商品提案といっても自分から積極的に提案するということはあまりありません。どちらかというと、お客様がこれを使用したいという化粧品を実際に使ってもらい、良いと思ったものを購入してもらうという流れになります。

この時一方的に提案をするとお客様の中には嫌な気分を感じてしまうこともあります。そのためタイミングを見極めて商品提案を行うことになります。商品提案では次のような点を見極めて提案をする必要があります。

悩みを解決する商品の提案

商品の提案で最も大切なことは、今まで自分の使っていた商品で解決されなかった悩みを解決させることができる商品の提案です。

化粧品は肌との相性があるため、良いといわれている商品でも全く肌と合わず、使い勝手が悪いということがあります。1人1人の悩みを解決させる商品提案をしっかり行うことも美容部員としての腕のみせどころです。

使ってみたいと思わせること

化粧用品を使ってみたいと思わせることも美容部員には求められます。使いたいと思わせるためには実際に化粧用品を使用して、質感や使い勝手などを紹介する必要があります。お客様によってはサンプルの使い方で購入を決めることもあるので、売り上げに直結することもあります。

一方的な商品提案をしない

商品提案の時はあくまでのお客様が購入するかどうかを判断してもらうことが大切になるので、場合によっては商品を試したのに購入しないこともあります。どちらかというと利用して購入せずにお店を後にするケースの方が多い傾向にあります。

商品を購入してもらう際は商品を一方的に押し出すのではなく、相手から商品を購入したいと思わせるよう心理的な駆け引きも仕事では必要になります。

雑用も仕事

美容部員はお客様の肌の悩みなどを解決する「カウンセリング」「商品提案」の業務以外にも、発注業務などがあります。勤務先によっては発注だけではなく商品の陳列、清掃なども美容部員が担当します。

また百貨店であればバックヤードでの在庫管理、会計業務などがありさまざまな雑用をこなさなくてはいけません。しかも場合によってはお客様の来店でこのような業務を並行しながら接客を行うこともあるので、常に優先順位を意識して行動をする必要があります。

そのため美容部員では広い視野で仕事をすることが求められ、客観的に売り場を見ることができる能力も必要になるということを覚えておきましょう。

美容部員の仕事のやりがい

美容部員のやりがいはどのような点にあるのでしょうか。ここからは美容部員のやりがいについて詳しく紹介していきます。

美しく変化する様子を間近で見ることができる

化粧品を扱ったことない女性に正しい化粧のやり方をレクチャーするだけで、見違える美しさを手に入れる女性もいます。女性が間近で美しくなるという変化を楽しむことができるのは、美容部員の醍醐味であるといえるでしょう。

地道な努力が結果につながる

美容部員には地道な努力も求められます。1つ1つの積み重ねが大きな売り上げへと直結することもあります。それでは、どのような努力が美容部員には求められるのでしょうか。

美容情報を集める

化粧品や美容用品を常に扱うことになるため、常に美意識にアンテナを張りめぐらせなければなりません。常に最新の美容情報を持っていることになるので結果として美容意識が高くなります。美容意識が高くなることで頻繁に訪れるお客様から「○○さんは、常に美しい」といわれることもあります。

顧客情報を集める

よく来店するお客様の情報を集めて整理しておくだけで、次に来店した時にオススメの商品はどれかをすぐに提案することもできます。一見すると地道なことばかりですが、これらの努力がすべて商品の売り上げにつながるので、やりがいのある仕事であると言えるでしょう。

感謝される

美容部員はお客様にとっては日頃の化粧の悩みを解消してくれる存在なので、ベテラン美容部員になればお客様が困った時は頼られることもあります。さまざまな悩みを解決していけば、そのたびに直接感謝されるでしょう。

お客様がファンになる

美容部員の接客は1人1人と対面で接することになるので、通常の接客業務よりも密な関係性を築くことになります。その結果1人のお客様がファンになり、あなたからでなければ商品を購入しないという関係になることもあるかもしれません。

美容部員の仕事内容まとめ

女性の美をサポートする仕事

美容部員は主に女性が使用する化粧用品を扱うことになります。化粧用品の使い方を熟知することで多くの女性の悩みを解決するだけでなく、女性がどのような化粧の使い方をすれば化粧品を効果的に使うことができるのかをレクチャーすることができます。

美容部員は「女性の美」をサポートする上では欠かすことができない仕事なので、化粧品に興味のある方や知識が豊富な方にはオススメの仕事であるといえるでしょう。「美」を追求したい女性の方は、ぜひ目指してみてはいかがでしょうか。

美容部員の参考情報

平均年収400万円~600万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種美容・ファッション

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

美容部員の関連記事

美容・ファッションに関する他の職業KANREN JOB