舞台機構調整技能士になるには?必要スキルや向いている人の特徴などを具体的に解説

舞台機構調整技能士になるには?必要スキルや向いている人の特徴などを具体的に解説

ライブハウスや舞台イベントで欠かすことができない人員が「舞台機構調整技能士」です。舞台機構調整技能士になるには、どのようなスキル・適性が必要なのでしょうか。ここでは、舞台機構調整技能士になるには何が必要なのか、向いている人の特徴などについてご紹介します。

舞台機構調整技能士になるには何が必要?

舞台機構調整技能士になるためには、どのようなことが必要なのでしょうか。求められるスキルが一体どのようなものがあるのか、詳しく紹介していきます。

音の知識に精通している

舞台機構調整技能士は、ライブハウスや劇場で一番効果的な音響でステージを使ってもらうために効果的なスピーカーの配置や、音響機器の調整を行います。

そのため、音がどのような仕組みで人の耳に届くのかを熟知していないと、いくら良い性能の設備が備え付けられた劇場・ライブハウスでも効果を最大限に引き出すことができません。

音の知識に精通していれば、効果的な音を出す方法を引き出すことができるので、舞台機構調整技能士としてもさまざまな場所で活躍することが期待できます。

コミュニケーション能力

舞台機構調整技能士は、毎回同じ環境下で仕事をすることがありません。ライブハウスや劇場に勤務する舞台機構調整技能士でさえ、毎回行われる演目やイベントが異なるので、それに合わせた音響の調整が必要になります。

柔軟な対応をすることはもちろんのこと、場合によってはクライアントが要求する演出が音響設備的に難しいという場合もあります。このようなケースに遭遇した時に、クライアント側に正直に話をしてどのようにしたら、要望に応えることができるかを正直に話さなくてはなりません。

コミュニケーション能力に欠けていると、いくら音響設備を良いセッティングにしても連携がうまく取れずミスを引き起こしてしまう可能性があるので、コミュニケーション能力に自信のない方は、今のうちからコミュニケーション能力を養っておくようにしましょう。

舞台機構調整技能士に向いている人、適性がある人

舞台機構調整技能士に向いている人と適性がある人はどのような人物なのでしょうか。

ここからは、舞台機構調整技能士に向いている人、適性のある人がどのような人物か詳しく紹介していきます。

向いている人

舞台機構調整技能士に向いている人は、次のようなスキルを兼ね備えている人です。次のようなスキルがあれば、舞台機構調整技能士として活躍をすることが期待できます。

音楽が好き

舞台機構調整技能士に向いている人は、音楽が好きな人です。音楽が好きなだけでなく、ライブ会場に足を運ぶような音楽好きには、オススメの仕事だと言えます。

好きなものを間近で見ることができるというメリットがありますが、日頃からライブハウスなどに通って生の音楽の楽しさを知っているので、自分の中で「音の正解」を持っています。

舞台機構調整技能士の仕事は正解がないので、どのような設定を行なっても間違いではありません。しかし、明確な正解を持っていれば、その正解に向けてどのような設定をすれば良いか細かく追求していくことが可能なので、音楽がとにかく好きでよくライブハウスなどに通っている人は向いている仕事だと言えるでしょう。

判断力がある

舞台機構調整技能士の仕事は、時にクライアントから難しい注文を受けることもあります。

セッティングを再検討したり、追加でスピーカーを設置したりすることでクライアントの注文に応えることもできますが、状況によってはどのような対処方法を行なっても期待に応えることが難しいというケースもあります。

このような場合、早めにできないことを伝えないと周りに迷惑をかけてしまうこともあります。判断力があれば、すぐに出来る/出来ないをジャッジすることができるので、迷惑をかけることもありません。的確な判断を行うことができる人は、舞台機構調整技能士に向いていると認識しておきましょう。

機械操作が得意

舞台機構調整技能士は、スピーカーの配置だけでなくリハーサルに必要な機材のセッティングを行います。機械操作が苦手な人は、機械操作に慣れるまでに膨大な時間がかかってしまう可能性があるので、機械操作が得意な人にオススメの仕事だと言えます。

適性のある人

舞台機構調整技能士の適性がある人はどのような人物なのでしょうか。適性のある人物を紹介していきます。

責任感がある

舞台機構調整技能士の仕事は、責任感が求められる仕事です。最後までやりきる力がなければ、難しい仕事をこなすことができません。舞台機構調整技能士の仕事をするのであれば、責任を持って100%の仕事をこなすことができるように意識しましょう。

体力がある

舞台機構調整技能士の仕事は、体力が必要不可欠な仕事です。不規則な働き方になるだけでなく、本番当日、リハーサルは1日中現場で立ち会っていなければならないので、体力を使います。また、屋外のイベントでは炎天下の中で作業をすることもあるので、激しく体力を消耗する可能性があります。

体力がなければ、仕事途中でバテてしまい、ミスを引き起こしてしまう可能性があるので、体力に自信のある方がなるべき仕事だと言えます。日頃から体調管理がしっかりできて、ある程度体力が必要だと認識しておきましょう。

舞台機構調整技能士になるための学校・教室

舞台機構調整技能士を養成している学校や教室はあるのでしょうか。舞台機構調整技能士を養成しさまざまな場所に派遣している学校は存在しないものの、舞台機構調整技能士の資格を取得できる学校や、知識を学ぶ学校は存在しています。

音楽系の専門学校・大学に入学する

音楽系の専門学校、大学に入学すると、舞台機構調整技能士の基礎的な知識を学ぶことができます。また、コースによっては舞台機構調整技能士の資格を取得することができる学校もあるので、資格を取得するのであれば、積極的に資格が取得できるコースを選択するようにしましょう。

音楽系の専門学校の良い点は、座学として舞台機構調整技能士に必要な知識を学ぶだけでなく、学校によっては、実践的に学ぶことが可能です。実践的に学ぶメリットとしては、自分が学んでいる知識が本当に身についているかを現場に出る前に体感することができるので、現場に出ても即戦力になることができる可能性があります。

舞台機構調整技能士としての資格を取得する

専門学校によっては卒業すると、舞台機構調整技能士3級の資格を取得することができる学校もあります。このような学校に通えば、ステップアップも早くできるので、卒業に資格が取得できるかを確認しておくことも大切です。

舞台機構調整技能士の将来性

エンターテイメントの多様化により、ライブハウスでのイベント、演劇、野外イベントなどさまざまなエンタメが新たに生み出されています。音響設備を使用するイベントには必ず舞台機構調整技能士のスキルが必要になるので、この先も舞台機構調整技能士の需要は増えていく仕事です。

また、確かなスキルを持った舞台機構調整技能士に仕事が集中することが予想されるので、これから目指す方は、確かなスキルを身につけることを意識しながら仕事に取り組むようにしましょう。

舞台機構調整技能士になるには?まとめ

音楽に精通したプロフェッショナル

舞台機構調整技能士になるためには、国家資格を取得する必要があります。しかし、資格を取得しても実践で使いこなすことができなければ、舞台機構調整技能士として長期的に活躍することは難しいと言えるでしょう。

舞台機構調整技能士は音のプロフェッショナルであるため、音楽に興味のある方は難しい資格を突破して資格取得をするように目指してみるとよいでしょう。

舞台機構調整技能士の参考情報

平均年収250万円~400万円
必要資格
  • 舞台機構調整技能士
資格区分 国家資格
職種音楽・ラジオ

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

舞台機構調整技能士の関連記事

音楽・ラジオに関する他の職業KANREN JOB