クラブDJの給与・年収は?初任給や平均月収などの収入統計

クラブDJの給与・年収は?初任給や平均月収などの収入統計

クラブやイベントなどで音響を担当し、音楽によってその場を盛り上げることがクラブDJの主な仕事です。仕事の性質上、安定した仕事を得ることが難しく、人によって収入が大きく異なります。このページでは、世界的なスターと呼ばれる人から一般的なクラブでDJとして活躍する人まで幅広く、クラブDJの給与や年収についてまとめました。

クラブDJの初任給

駆け出しクラブDJの給与は10万円前後

クラブDJの主な仕事は、飲食店やクラブ、イベントなどでその場に合わせて音楽を流すことです。その場の状況やお客さんの雰囲気に合わせて自ら選曲をする必要があり、音楽の知識と経験が求められる職業です。

クラブに関する求人情報を見ても、一般的な新卒採用という形でDJを雇っている場所はほとんどありません。主にホールスタッフやアシスタントとしての募集が多いため、クラブで新卒として採用され、一からDJとしての研修や教育を受けるといった環境はほぼありません。

クラブスタッフや専門スクール、フリーとして個人で活動を続けながら経験や人脈を広げたのちにクラブDJとなる流れが多く、駆け出しの場合は月に10万円前後の収入であるといわれています。

特に駆け出しのクラブDJの場合、経験値を増やすためボランティアのような形で仕事を受けることもしばしばあります。また、場合によってはイベント集客のノルマが定められ、ノルマが達成できなかった場合はその分の差額を負担することもあります。

クラブDJとして活躍するには初期投資も必要

クラブDJの仕事において最も重要となるのが、音楽です。空間の雰囲気に合わせて選曲をするわけですが、そのためには多くの楽曲を自ら見つけて所持している必要があります。

音楽を手に入れるためには費用がかかりますが、これらはもちろん自己負担となるため、楽曲の手持ちが少ない駆け出しのDJは、音源の購入に多くの費用がかかることになるでしょう。

また編集に用いるソフトや機材も必要となり、準備にかかる時間もベテランに比べて多くなります。収入の低さにもかかわらず支出が多く、赤字になってしまうということもあるため、駆け出しのクラブDJ一本で生計を立てていくことはかなり厳しいといえるでしょう。

クラブDJの平均給与

クラブDJの平均給与は12万円〜20万円

クラブDJの給与は固定給ではないことが多く、雇用形態によっても変動があるため一概に統計が取れませんが、クラブDJの平均給与は12万円〜20万円の範囲であるといわれています。いずれにしてもクラブDJのみで生活していくことは難しく、アルバイトや副業も同時に行なっている人がほとんどです。

クラブDJの給与は雇用形態によっても異なる

クラブDJとして働く場合、雇用形態によって給与が変わります。雇用形態の種類は大きく分けて2つあります。

  • クラブ専属DJ
  • フリーランスDJ

クラブ専属DJ

クラブ専属DJはその名のとおり、飲食店やクラブと契約し、専属のDJとして日々店舗に立つ雇用形態を指します。給与が不安定であるクラブDJ業界の中で、比較的安定した収入が得られるといわれています。

お店のホームページや店頭のポスターなどで求人を募集していることもありますが、お客さんとして通う中でオーナーに実力が認められ、採用となるケースもあるようです。いずれの場合においても募集人数は少数に限られており、店舗によって採用状況はさまざまで、給与も異なるのが実情です。

また、専属DJの場合はDJ業だけではなく、全体の音響調整や照明操作などの店舗業務も行うことがあります。専属DJとして活躍を続けていくと、店舗の経営やマネジメント業務に携われることもあり、立場が上がることで給与を増やすこともできるでしょう。

フリーランスDJ

一方、フリーランスDJは特定の店舗と専属契約を結んでいないDJを指します。完全歩合制のため、働いた分だけ自分の収入になることが特徴ですが、受ける仕事が少ない場合にはもちろん収入も減るため、不安定な働き方であるといえます。

フリーランスDJの場合はイベントに参加し、日給という形で報酬を貰います。一晩で5000円程度の報酬から数万、数十万の報酬を得る人まで、知名度や実力によって得られる報酬には大きな幅があります。

クラブDJとして高収入を得る人のほとんどはフリーランスDJであり、中には選曲業のほか、アーティストの楽曲プロデュースやリミックスCDの販売など、音楽に関わる様々な事業を行なっている方も多くいます。

タレントからクラブDJとして活躍する人も

芸能人やタレントの活動をしながら副業や営業活動の一環でクラブDJとして活躍する人も増えています。このような方々はすでに知名度を持っているため集客力が強く、クラブ側にとっても嬉しい人材であるといえます。一概には言えませんが一件あたりの報酬は、一般のクラブDJよりも比較的高いといえるでしょう。

報酬については一般に公開されていない情報のため、一件あたりの単価情報はありませんが、有名なタレントになると一晩の報酬が50万円ということもあるようです。タレントのクラブDJとしての活動はSNSなどで拡散されることも多く、人を集める力を活かして活躍されている方が沢山います。

クラブDJの平均年収

クラブDJの平均年収は200万円〜300万円前後

日本でクラブDJとして働く人の平均年収は200万円〜300万円程度といわれています。働く環境や経験値によっても異なり、年収400万円稼ぐ人もいます。一般的な30代サラリーマンの年収平均が450万円前後といわれていますので、一般的にクラブDJの年収はそれほど高くないといえます。

実際は副業としてクラブDJの仕事をしている人がほとんどだといわれており、クラブDJを続けている人は収入よりも「自分の好きなことをする」というやりがいを重視している方が多いようです。

その中でも一握りの人が有名DJとして名を上げており、日本の例としてはDJ KAORIさんや中田ヤスタカさん、DJ KOOさんなどが挙げられます。クラブDJとしてだけではなく音楽プロデューサーやミュージシャンなどといった音楽業界での実績も高く、知名度・実力共に認められている方々です。

世界の有名クラブDJは億単位の年収も

日本と比較して海外のクラブは会場規模も大きく、クラブDJの報酬も高い傾向にあります。2000万円を超える年収を得る人も多く、より高い収入を求める場合は海外での活動も視野に入れる必要があるでしょう。

また、世界的に有名なDJになると数十億といった巨額の年収を得る人もいます。スコットランド出身のカルヴィン・ハリスは世界で最も稼ぐDJともいわれており、その年収は50億を超えるとされており、一晩のDJで数千万円の報酬を得ているようです。

このように世界には数十億円規模の年収を稼ぐクラブDJが数十人おり、日本とは桁違いの報酬が手にできるチャンスがあります。

世界一のDJを決める大会「DMC DJ CHAMPIONSHIP」での実績次第で一気にスターに

世界中のDJがその技術を競う「DMC DJ CHAMPIONSHIP」という大会があります。日本予選も開催され、そこで実績が証明されたDJは一気に有名DJへの道へと駆け上がることができます。

全国の強者が集まるレベルの高い大会のため、結果を残すことはもちろん容易ではありませんが、実力をつけて世間に名を広めることができれば、その後のDJ人生において大きな後押しとなるでしょう。

実績があれば全国のクラブやイベントからも声がかかりやすくなり、報酬も必然的に上がります。好きなことを突き詰めていった結果、大きな成功を掴むチャンスがあることも視野に入れておくとよいでしょう。

クラブDJの給与・年収まとめ

クラブDJで生計を立てる道は厳しい。しかし大成功の可能性も秘めている職業

クラブDJの収入は不安定で、一般的なサラリーマンよりも低い水準であることがほとんどです。そのため、副業として別の仕事やアルバイトを並行して行う人がほとんどで、収入よりもやりがいを求めて働く人が多い職業です。

その中の一握りがDJとして名を上げ、数千万円、数十億円規模で稼いでいます。クラブDJは収入面において厳しい仕事でありながらも、やりがいと夢のある職業だといえるでしょう。

クラブDJの参考情報

平均年収200万円~300万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種音楽・ラジオ

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

クラブDJの関連記事

音楽・ラジオに関する他の職業KANREN JOB