コピーライターの仕事内容や仕事のやりがいは?費用対効果を最大限に引き出す広告作りのプロ

コピーライターの仕事内容や仕事のやりがいは?費用対効果を最大限に引き出す広告作りのプロ

ただコピーを考えればいいと勘違いされることもあるコピーライターの仕事ですが、その仕事内容は多岐にわたり、クライアントや制作チームとの連絡を密に取り、スムーズに仕事を進めていく能力も求められます。そんなコピーライターの苦労ややりがいについて、例を挙げながら詳しくご紹介していきます。

コピーライターとはどんな仕事?

コピーライターは商品のセールスコピーや企業のキャッチコピー、ときにはテレビCMなどを手がけることもあり、そこで使われる文言全般がコピーライターの仕事になります。

ここでは、コピーが生み出されていく背景や、広告作りの現場で行われているコピーライターの仕事についてご紹介します。

コピーはセンスや才能だけで生み出されるわけではない

多くのコピーライターは広告代理店に勤めることになります。広告代理店では広告のコンセプト作りから仕事に関わり、広告制作全般に携わることになります。ときには取材に出かけたり、資料集めをしたりといったこともあるでしょう。

テレビCMや電車の中吊り広告、雑誌や新聞広告など、その広告に載っている文言全般のことを「コピー」といいます。人の心を動かすコピーは、センスや才能のある人だけが思いつくものだと思われがちですが、それだけではありません。

ターゲットの調査や消費者側から見たメリット、ときには統計調査なども含め何度も検討を重ねながらコピーは生み出されているのです。

コピー作りにはチームプレーも大切

コピーライターと聞くと、1人で黙々とコピー作りをしているイメージを持つ方もいるでしょう。ですが、実際にはさまざまな人たちと関わり合いながらチームプレーで進めていくところもあります。

例えば、テレビCMならプロデューサーやディレクターとコミュニケーションを密に取り、クライアントからの要求を的確に形にしていく力が求められます。コピーは企業のイメージを決め、売上に影響を与えることもあるので、コピーライターは広告戦略を考える上で重要な位置を占めるともいえます。

コピーライターの仕事の具体的な内容とは?

コピー制作の流れでは、どのように広告展開をしていくのか、商品コンセプトやアピールポイントなどをはっきりさせ、クライアントへもヒアリングを行いながら全体の広告案を考えていきます。

新人のうちはとにかく数を出すことが求められる

コピーライターが行う最も重要な仕事は、クライアントに求められたコピーを書くこと。ただそれだけ?と思うかもしれませんが、たった一行のコピーでも簡単に完成できるわけではありません。最初に考えた案が採用されることもあれば、100個目の案が採用されることもあります。

新人のうちはとにかく数を出すことを求められます。多くのコピーを考え出せれば、満足のいくコピーができる可能性も高くなるからです。自分にとっては100点満点でも、周りにとってはそうでないこともあります。

そうして出した数ある案を絞り込み、最終的にはクライアントや他のクリエーターとの打ち合わせを行いながら一つのコピーに絞り込んでいきます。

クライアントや制作チームとのミーティングも大切

広告代理店に勤めるコピーライターは、クライアントに求められたコピーを書くことだけが仕事ではありません。新規クライアントへのプレゼンや、新たな広告を制作するためのコンセプト作りや予算案など仕事は山積み。忙しい時はランチをするのも惜しいほど時間に追われることもあります。

新たな広告制作案がある程度完成すれば、制作チームを集めてのミーティング。その後、制作チームとクライアントでオリエンテーションを行い、予算や目的、コンセプト作りなど、クライアントとまとめた内容を基にコピーを考えていきます。

このような仕事をいくつもかかえながら同時進行で進めていくこともあるので、しっかりとスケジューリングする能力も求められます。

広告プロダクションや制作会社のコピーライターの仕事

多くのコピーライターは広告代理店に勤めますが、広告プロダクションや制作会社にもコピーライターはいます。広告プロダクションや制作会社は、広告代理店から外部委託される形でコピーの仕事を請け負います。

ですから、広告プロダクションや制作会社で働くコピーライターは、コピーを考えることに集中する形で仕事を進めていくケースが多いです。広告制作をお願いしたクライアントと直接のやり取りでなく、広告代理店の担当者と打ち合わせをして、質の高いコピーを考え出していきます。

フリーのコピーライターは広告プロダクションや制作会社からの外部委託という形で仕事をもらうことが多いですが、売れっ子のコピーライターともなると、大手企業と直接契約することもあります。仕事内容は多岐にわたり大変ですが、契約金に関しては文句のつけようがないほど高待遇で依頼されるコピーライターもいるそうです。

コピーライターの仕事は自分で学んでいくもの

コピーライターの仕事は学校で学べるものではなく、現場で自から学んでいくものです。一人前になるまでは、先輩コピーライターのアシスタントとして現場で走り回り、一流の技術やノウハウを身に着けていきます。

仕事の進み具合によっては残業や休日出勤することもあるでしょう。過酷な業務をこなし、やっと一人前になったとしても、苦労して考え出したコピーが見向きもされないこともあるでしょう。苦労して生み出したコピーが一刀両断で却下されたとしても、へこたれない強い精神力を身につけていく必要もあります。

「生みの苦しみ」を味わう仕事

コピーライターという人間は、日々自分のセンスを磨き、たくさんのコピーを生み出す発想力に磨きをかけながら生活しています。日常生活の中で気づいたものがあればメモを取るなど、目に入る物全てを意識しながら情報集めをしています。

しかし、どんなに優秀なコピーライターでも、まったくアイディアが浮かばないこともあるそうです。どんなコピーを提案してもクライアントにOKをもらえない。そんなことも少なくないのだとか。

このようなところは、まさに「生みの苦しみ」を味わう仕事ですが、満足できるコピーを生み出せた瞬間は、何物にも代えがたい喜びを感じることができるでしょう。

コピーライターのやりがいとは

制作チームで作った広告がクライアントだけでなく、その顧客や一般の消費者からもよい評価を得られた時は、コピーライターを含めた制作チームはとてもやりがいを感じるそうです。

ここでは、コピーライター個人が感じるやりがいや満足感についてご紹介していきます。

はじめてコピーが採用された時の喜び

コピーライターになるには特別な資格は必要なく、肩書きだけのコピーライターになることは誰でも可能です。しかし、現場でのノウハウや必要な技術を身に着けていかなければ、稼げるコピーライターにはなれません。

コピーライターとしてのスキルは学校などで学べるものではなく、現場で経験し、積み上げていくしかありません。はじめの頃はうまくいかず、落ち込んでしまうこともあるでしょう。ですが、地道に頑張っていれば、いつかは自分のコピーが採用される時、クライアントから直接指名される瞬間が訪れるかもしれません。

下積みの期間が長ければ長いほど、はじめてコピーが採用された時、はじめて指命された瞬間はとても大きな喜びを感じるといいます。それがやりがいとなっていくコピーライターも多くいるそうです。

作品が完成した時の満足感

一つの広告、一つのコピーが完成するまでにはさまざまな工程、さまざまな人の協力を得ることになります。クライアントやプロデューサー、クリエーターやスタッフなどとの打ち合わせ、コピーの修正や書き直しなど多くの時間を使い、締め切り前には残業や休日出勤になることもあります。

そうして完成した作品を手にした時は、なんとも言えない充実感を感じることでしょう。自分の手がけた商品の売れ行きが伸びたり、問い合わせが増えたという報告をもらう時も心から満足できる瞬間です。

自分が携わったテレビCMのオンエアを見た時、ポスターや雑誌広告で自分のコピーを見かける時に、自分が注目を浴びているようで幸せになるという方もいるようです。

コピーライターの仕事内容まとめ

多岐にわたる能力が必要とされるコピーライター

コピーライターに必要なのはコピーを考えることだけではありません。クライアントの要求をきちんと把握し、プロデューサーやクリエーター、制作チームの協力を得ながら広告制作を進めていく力も必要になります。

コピー作成に加え、企画力を通すプレゼン力など多岐にわたる能力が必要とされる難しい仕事なだけに、クライアントのOKをもらい、自分が造り上げた作品が日の目を見るときには何物にも代えがたい満足感を味わうことができるでしょう。

コピーライターの参考情報

平均年収500万円~600万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種広告・デザイン・アート

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

コピーライターの関連記事

広告・デザイン・アートに関する他の職業KANREN JOB