コピーライターの資格・試験とは?Webライティング技能検定が最も実益のあるライター資格

コピーライターの資格・試験とは?Webライティング技能検定が最も実益のあるライター資格

広告などを考えるコピーライターとして働く上で、資格や試験に合格していれば転職などに有利に働く可能性があります。今回はこの記事でコピーライターに関連する代表的な資格、Webライター技能士検定と実用ライティング検定の試験の情報をご紹介します。

コピーライターの資格、Webライティング技能検定とは?

コピーライターとしてのビジネスマナーや知識、技術を証明する資格

Webライティング技能検定は、一般社団法人日本クラウドソーシング検定協会が発行する民間資格の試験制度です。本検定に合格することで、ライティングの基礎知識やスキル、ビジネスマナーが身につくほか、自身の文章価値を上げる相乗効果も期待できます。

また、誰でも受けられるというわけではなく、「WEBライティング技能検定講座」を購入した方だけが対象となり、申込みをすることができる技能検定となっています。

注目すべきは、Webライティング技能検定に合格すると、クラウドソーシングでのライター活動を支援してくれる特典などが受けられます。具体的には、良い案件が紹介してもらえるなど収入に直結するため非常に有用な資格であると言えます。

Webライター技能士検定の難易度・合格率

企業担当者も社員教育の一環として受けさせているWebライター技能士検定の試験難易度ですが、ウェブ関連でライターとして活動していれば、そこまで難しいものではないようです。

試験内容としては、4択問題が50問と実技ライティング問題が4問、合計54問が出題される90分の試験で、おおよその合格率が48.5%となっています。出題内容は、WEBライティング技能検定の教材をもとに策定されています。本試験の受験資格を得ている時点で手元には教材があると思いますので、そちらを参考に勉強するとよいでしょう。

Webライター技能士検定の概要

合格率 48.5%
受験資格 WEBライティング技能検定講座の購入者
実施時期 月1回(WEB上で行う)
試験時間 90分
受験費用 本試験6,000円(税込)
出題範囲 日本語能力、ライティング、ウェブ・ビジネス関連用語

コピーライターの資格、Webライター技能士検定とは?

コピーライターとしての作法を証明する資格

Webライター技能士検定は、Webに関わる社会人としての一般常識や正しい日本語・効果的Webライティングの作法を身につけることを目的とした資格です。

ホームページやブログのライターや広報担当、ウェブライティングコンサルタントなど最近では幅広い活躍ができると期待されています。コピーライターの資格としても文章を構成して形にする仕事として取得しておくとスムーズに仕事に取り組むことが出来ると言えます。

時代の流れによって注目されている

テレビや雑誌など媒体からインターネットやモバイルがメインになっている近年では、Webライターの検定も就職や転職にもプラスになる期待が持てます。

Webライティングの作法だけではなく社会人としての一般常識や正しい日本語などを身に付けることが出来ます。コピーライターとして賞を狙う際などもWebライター技能士検定の取得が役立つ事もあるかもしれません。

Webライター技能士検定の難易度・合格率

受験する級によって難易度は異なる。十分な試験対策を

Webライター技能士検定は1級から3級まであり、それぞれ級によって難易度は異なります。3級でも取得すれば一般的な仕事を行う上でスキルの証明にもなります。1級を取得出来ればライターとしてのプロフェッショナルとして活躍できます。

Webライター技能士検定の試験は全て四択で記述問題はありません。合格率は毎年異なりますが50%以上はあるようです。

Webライター技能士検定の概要

合格率 毎年異なる50%以上
受験資格 誰でも受験可能
受験費用 各都道府県により異なる
出題範囲 国語、文章(日本語能力、ウェブライティング(ウェブ特有のライティングスキル)、コピーライティング、SEO(検索エンジン最適化)、ウェブ上の法律・倫理、炎上対策

公式のテキストで学習すること

Webライター技能士検定は、選択問題なので公式サイトで学習をして付属の過去問題を解けるようにしておけば合格することが出来ます。テキストを勉強して模擬問題を解けるように検定を受ける事で1級の取得も目指せます。

コピーライターの資格、実用ライティング検定とは?

コピーライターとしての基礎の書く力を認定する資格試験

実用ライティング検定は、情報を相手に分かりやすく書いて伝えるための資格です。

所持していなくてもコピーライターとして仕事はできますが、基本的な書く力と伝える力を備えていることを客観的に示すことが出来るので、コピーライターとして有利な資格であると言えます。

実用ライティング検定は3級、2級があり、最初は3級への挑戦がおすすめです。2級を所持しているとプロライターとして基礎知識を持っていることの証明になります。

女性に人気の高さも特徴的な資格

実用ライティング検定に合格できれば、ライティングにおける基礎知識を持っていることを証明することが出来ます。

副収入としてサイドビジネスに捉えているOLや家事の合間に仕事をしようと主婦などが多く取得している、主に女性に人気のある資格です。社会復帰の足がかりにも活用できる資格で、コピーライターとして活躍している人の多くが取得しています。

実用ライティング検定の試験難易度、合格率

試験の難易度は低め。問題集を理解することが合格へのポイント

実用ライティング検定はそれぞれの項目に70%以上の正答率で合格になります。3級よりも2級の方が難易度は上がりますが、問題集をしっかりと解くことで合格率は上がります。

実用ライティング検定の概要

合格率 毎年異なる
受験資格 特になし、誰でも受験可能
受験費用 3000円
出題範囲 新聞の用字用語の表記法、Webライティングの基礎的な知識、表現方法への理解、的確な要約、校正の基礎知識、ライティングに必要な法律知識、取材・インタビューの基本的な知識

その他のコピーライター関連資格

コピーライターに関する資格はさまざま

Webライター技能士検定や実用ライティング検定の資格以外にも、コピーライターの仕事に関連する資格はいくつかあります。

ライティングの基礎知識を証明する資格以外にも、Webデザイナー検定などデザイナーとしての資格取得も視野に入れてみると良いかもしれません。

  • Webデザイナー検定ベーシック
  • 文章読解・作成能力検定
  • 日本語文章能力検定
  • 日本漢字能力検定

一覧にある日本語文章能力検定は文章検と言い、他人の文章を正確に読み取って自分の考えや意見を的確に文章で表現する能力です。コピーライターとして取得しておくと伝える際に便利な資格であると言えます。

コピーライターの資格が取れる学校

日本デザイン福祉専門学校

日本デザイン福祉専門学校は、コピーライターの資格を取得することができます。そもそもコピーライターには取らなければいけないという資格はありませんが広告制作のさまざまな業務について学ぶことが出来ます。

言葉の力を最大限に引き延ばす能力を養えるので、コピーライターとして活躍出来るチャンスがあります。

多彩な学科選択でコピーライターとして基礎から応用まで学べる

日本デザイン福祉専門学校では、グラフィックデザイン学科で学ぶことがコピーライターを目指す人にはオススメです。

形を造り出す基本的な諸要素点や線から色や質感の知識と、その造形要素を視覚や力学的に合う目的に組織だてて融合させる基礎トレーニングを手作業で学ぶカリキュラムが魅力的です。

雑誌や書籍などの冊子形式の編集デザインを印刷やDTP の知識と共に学び、実習も行います。タイポグラフィや写真など、資格的要素を整理して効果的なデザインやレイアウトを習得する学習もコピーライターとして有効的です。

コピーライターになるための学習が幅広く出来るので資格取得も頭に入ってきやすいと言えます。

専門学校スクールオブビジネス

専門学校スクールオブビジネスでは、創立1967年という50年以上の歴史がある専門学校です。グローバルな視点で流行を捉えて幅広い分野で総合ビジネス校のパイオニアとしてリードしている特徴があります。

幅広いコースで資格取得をサポート

専門学校スクールオブビジネスでは多くのコースがあり、それぞれ目標に向けて学習をすることが出来ます。全学生が教養とコンピューター演習、ビジネスコミュニケーションの3つの科目を必ず学ぶことになります。

コピーライターとして必要な、資格以外のコミュニケーションやマナーという基本的な部分も身に付けることが出来ます。

マスコミ出版総合出版編入専攻で学ぶ

専門学校スクールオブビジネスの「マスコミ出版総合出版編集専攻」では、雑誌やWebマガジンの企画や取材やライティングから編集まで幅広く対応できる人を目指しています。

2年次の卒業制作では、学びの集大成として自由なテーマで雑誌制作に挑戦し社会に出た後にも学びやすい環境を作ります。モニターや音響設備も完備されていて、実践に近い学習によって資格取得を大きくサポートしてくれます。

コピーライターの資格まとめ

コピーライターになるならWebライター技能士検定と実用ライティング検定の合格を目指そう

コピーライターの仕事自体は、特別な資格や試験に合格しなくても業務に就くことは可能ですが、スキルアップや転職を検討する場合には持っておくと良いと言えます。

Webライター技能士検定は正しい日本語とWebライティングの作法や知識を証明する資格で過去問をしっかりと解けるようにしておけば合格できると言えます。コピーライターに関する資格はいくつもあり、自分の理想とするコピーライター像に役立ちそうな資格を取得をしてみてはいかがでしょうか。

コピーライターの参考情報

平均年収500万円~600万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種広告・デザイン・アート

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

コピーライターの関連記事

広告・デザイン・アートに関する他の職業KANREN JOB