販売員の給与・年収は?成功報酬型のお店で働くことで給与・年収を劇的に改善することができる

販売員の給与・年収は?成功報酬型のお店で働くことで給与・年収を劇的に改善することができる

販売員の給与・年収がどの程度もらうことができる仕事かをご存知でしょうか。このページでは販売員として働くとどの程度給与・年収がもらうことができ、どのようにすれば収入を上げることができるかを紹介します。これから販売員として働こうと検討している方はぜひ参考にしてください。

販売員の初任給

まずは販売員の初任給はどの程度もらうことができるのでしょうか。販売員の初任給について紹介していきます。

労働形態によって初任給が異なる

一言で販売員といっても、さまざまな勤務形態があります。そのため勤務形態によっては給与額も微妙に異なります。勤務形態での給与を紹介していきます。

正社員

正社員で販売員として働くと初任給は18〜23万円程度になります。どのジャンルの販売員になるかによって初任給の給与額は変化しますが、飲食、アパレルに限らずこの程度の金額を給与として受け取ることが可能です。

派遣社員

派遣社員になると正社員よりも給与額はやや低い金額のものになってしまいます。正社員よりも少ないため、15〜18万円前後になります。正社員に比べて福利厚生も派遣元の会社によって異なるため、有給などの諸待遇も会社によって大きな差があるのが特徴です。

派遣社員として働くメリットは、さまざまな場所に勤務先を変えることができるだけでなく期間限定で働くことも可能ということです。さまざまな場所で働きたいのであれば、給与が少なくなるというデメリットがあるものの派遣社員として働く方法も良いでしょう。

アルバイト

アルバイトとして働く場合は、時給はおよそ1,200〜1,500円程度です。勤務地によって時給は変動するものの、都心で働けばこの程度の給与を受け取ることができます。アルバイトは多く出勤することができれば正社員並みに稼ぐことが可能です。

このように一言で販売員といっても初任給に大きな違いがあります。販売員として働くのであればどの働き方が適しているかを検討しておきましょう。

販売員の平均給与の統計

販売員の平均給与はどの程度もらうことができるのでしょうか。販売員の平均給与の統計について紹介していきます。販売員の給与を平均すると23〜30万円になります。年齢によって異なりますが、30代で店長クラスになれば30万円台も夢ではありません。

業態によって給与額が異なる

販売員といっても業態によって給与額が異なります。飲食店関連の販売員になれば20代であれば20〜25万円前後の給与になり、30代後半になり店長クラスになれば50万円に到達することも難しいことではありません。

一方高級ブランドの販売員になれば、20代の給与で25〜30万円受け取ることが可能で、30代後半になると40〜50万円前後店長クラスであれば給与が期待できます。販売員は給与額が何を売るかで大きく異なります。そのためどの業種の販売員になるかを慎重に検討するようにしましょう。

販売員の年収統計

販売員の年収統計を紹介しましょう。年収を統計すると、300〜350万円になります。一般的な企業よりもやや低い金額なので、途中で転職を検討する方も少なくありません。しかし年収を上げる方法もあります。

年収をあげるためには

40代、50代になれば店長クラスの責任者となり年収も役職手当で大きく上がるケースもあります。また業績を伸ばしている飲食店やアパレルブランドの販売員であれば、他のお店よりも良い待遇も可能です。そのため販売員として少しでも待遇を良いものにしたいのであれば、次の点を意識しましょう。

好条件のお店を探す

給与・年収を上げるためには、好条件のお店で働くことが給与待遇を改善するために最も効果的な方法です。販売員として全く稼げなくても、お店を変えることで劇的に年収を改善させることができます。もし販売員として働きながら待遇が不満と感じるのであれば、好条件で雇ってくれる場所を探すようにしましょう。

成功報酬型のお店で働く

販売員の中には、基本給与+成功報酬で給与を決めているお店もあります。このようなお店で働ければ、あなたが多くの商品を契約・販売することができた際には成功報酬に加算され、結果として多くの報酬を手にすることが可能になります。

成功報酬型にすることで給与・年収を劇的に改善することができる一方で、コンスタントに結果を出していかないと収入が減ってしまうというデメリットがあります。そのため成功報酬型の販売員として働くのではあれば、確かな技術とスキルが求められるということも忘れないようにしてください。

店長になる

店長・副店長になれば販売員として責任が伴うので給与も必然的に高くなります。選択肢の1つとして店長になる方法も検討しておきましょう。

カリスマ店員になる

販売員の中でも、売り上げを200%上げるようなカリスマ店員も存在します。カリスマ店員になれば会社側も報酬を上げざるを得なくなり、通常の給与にプラスαで報酬を受け取ることが可能です。また会社によっては販売員から経営陣の幹部クラスに昇格することも考えられます。

この他にも、カリスマ店員になると多岐に渡った活動が可能になります。カリスマ店員になってマルチに活躍する方法も年収を上げるための1つの手段であるといえるでしょう。

販売員で年収1,000万円を稼ぐために必要なこと

販売員として、年収1,000万円を目指す方法を解説していきます。販売員として培った経験を活かすことができれば、年収1,000万円以上に到達することも難しいことではありません。それでは販売員のスキルをどのように活用することができれば年収1,000万円に到達することができるのでしょうか。

書籍を販売する

販売員としてのスキルを活用して書籍を販売して稼ぐ方もいます。この場合は販売員として確かなキャリアを持つことが重要です。全国1位の売り上げに貢献した販売員であれば、どのようにすればお客様に購入してもらうことができるのかのノウハウを知っているため、それを書籍にすることも可能です。

このような書籍を販売するような販売員になるにはSNSでのフォロワー数が多いなどの特徴があります。また、会社によっては書籍販売の利益でトラブルになる可能性があるので、このような点をクリアにした上で書籍を販売するように心がけましょう。

講演会を開催する

書籍と同じように効果がある方法は講演会の実施です。講演会を行うことで販売員として培ったスキルを紹介すれば、それだけで販売員以上の報酬を受けることができます。もちろん講演会を行うような販売員であればテレビ出演のオファーもあるため、知名度を高めていきましょう。

知名度が高くなれば講演会の出演料も高くなるだけでなく、さまざまな場所で活躍することができます。このような販売員になれば、販売員としての仕事ではなく販売員としての経験を活用する仕事に変わるため、仕事内容も従来のものと異なるという特徴があります。

アドバイザーと兼務する

これまでは、販売員の中でもレアなケースを紹介しました。販売員として確かなスキルがあればアドバイザーとしての仕事もあります。この場合、現場に販売員として働きつつアドバイザーとして働くという働き方になるので、会社でも特別なポジションの仕事になります。店長のように給与が高くなるので、アドバイザーも視野に入れておきましょう。

販売員の給料・年収まとめ

働き次第で給料・年収が変わる仕事

販売員の仕事は、勤務形態や働き方によって収入が大きく異なります。お店、業界によっても販売員の給与・年収が変わるため、どの業界に興味があるのかを調べ、その業界で最も待遇が良い場所はどこかを把握しておきましょう。

働き方次第では一般企業の会社員よりも多く稼ぐことができる仕事です。ぜひ今回紹介したポイントを参考にしてください。

販売員の参考情報

平均年収250万円〜350万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種販売・サービス

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

販売員の関連記事

販売・サービスに関する他の職業KANREN JOB