販売員の仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

販売員の仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

来店されたお客様に商品をおすすめしたり、お客様の悩みに合わせて商品を選んだりと、お客様とコミュニケーションを取る機会が多い販売員。人と関わることが好きな人にはとても向いている仕事です。ここでは、販売員の仕事内容とやりがいについて紹介します。

販売員とはどんな仕事?

商品を販売する仕事

販売員は、自分のお店やブランドの商品をお客様に販売することが仕事です。販売員の仕事先はアパレルショップや家電量販店、百貨店やコスメショップなど多岐にわたります。自分の好きなブランドやお店で働いているという販売員も多いでしょう。

販売員はただ商品をお客様に売ればいいというわけでなく、お客様に満足してもらえるように丁寧な対応をしたり、それぞれのお客様に合わせた商品をおすすめしたりと、販売員が一方的に商品を売るだけではいけないのです。

商品の知識をつける

販売員として商品を販売するときは、自分のお店やブランドの知識も当然必要になります。何も知識がない人から、「この商品おすすめです!」と言われても説得力に欠けますよね。お客様に商品をおすすめするときは「この商品の特徴はどのようなものであるか、なぜおすすめなのか」といった根拠を示さなければいけません。

お客様から信頼を得るためにも、まずは自分のお店や商品について勉強し、どんなお客様にはどの商品がおすすめなのかをあらかじめ理解しておきましょう。もし可能であれば、実際に自分で使ってみてもいいかもしれません。

アルバイトやパート、派遣社員も働ける

販売員は正社員でなくても働くことができます。学生がアルバイトとして販売員をしたり、主婦がパートとして働いたり、契約社員や派遣社員も販売員として働くことができます。

販売員は専門的なスキルや資格が必要ないため、人と関わることが好きな人であれば誰でも販売員として働くことができます。

忙しいときも丁寧な対応をする

販売員に限ったことではないですが、年末年始などの連休中はとても忙しくなります。いつも以上に来店してくださるお客様も増えるため、店内やレジが混雑し、販売員もお客様対応に追われるでしょう。

忙しいとついお客様対応が雑になってしまいがちですが、来店してくださったことに感謝の気持ちを持ち、これからもお客様が店舗に来店してくださるよう、忙しくても丁寧に対応することも販売員の大切な仕事です。

販売員の仕事の具体的な内容

販売員の主な仕事はお客様に商品を販売することですが、販売員の仕事はそれだけではありません。お客様が快適に過ごせるよう、開店前や閉店後もさまざまな業務をこなします。

店舗に来店したお客様の対応

実際に店舗に足を運んでくださったお客様に、商品の説明をしたり、お客様の話を聞いてニーズに合う商品をおすすめしたりします。お客様によっては求めている商品やニーズに合う商品が違うので、お客様とコミュニケーションを取りながらお客様が求めているものは何かを見極める必要があります。

よく来店する常連のお客様の場合は、顔をしっかり覚えて好みや悩みを把握することが大切です。常連のお客様に合いそうな新商品が出たらこちらから紹介するなど、お客様が話していたことをしっかり記憶して話の内容に合わせた対応をすると喜んでもらえるでしょう。

レジや電話対応

実際にお客様が商品を買うことになったら、レジでお会計の対応をしなければいけません。レジに金額などを打ち込み、おつりを渡して、商品を袋に詰めるところまで行います。レジ対応のときも、新商品やキャンペーンの紹介をするなど、また来店したくなるような会話をすると良いでしょう。

お会計後は店舗の入り口までお客様をお見送りし、気分良く帰ってもらえればまた来店してくださる確率も高まります。最後まで気を抜かないことが大切です。

また、お客様からお問い合わせの電話がかかってくることがあり、販売員がその電話対応を行うこともあります。万が一クレームの電話だった場合、店舗によっては店長が対応してくれますが、自分に責任がなくても従業員の一人として謝罪を行うこともあります。

事務作業や店内清掃

販売員は店舗でお客様の対応を行うだけが仕事ではありません。在庫管理や発注などの事務作業、商品の整理整頓や並び替え、店内清掃など、お客様がいない開店前や閉店後もたくさんの作業を行います。

季節限定や期間限定のイベント開催時には、通常と異なるディスプレイに変更したり、いつもより多めに在庫を陳列して品切れにならないように管理したりと状況に合わせた対応が必要になります。セール開催前は値札の貼り替えなども行います。

来店してくださるお客様が気分良く、楽しく過ごせるよう、販売員も細かなところまで気を配ってお客様を迎える準備をします。

販売員の仕事のやりがい

コミュニケーション力が鍛えられる

来店してくださったお客様とさまざまな会話をし、日々いろんな人と接していくことで自然とコミュニケーション力が鍛えられます。店舗によっては、性別や年齢問わず幅広い年代のお客様が来店するため、お客様に合わせたコミュニケーションの取り方を学ぶことができます。

「あまり話しかけてほしくない、一人でゆっくり店内を見たい」というお客様もいれば、「従業員と積極的に会話し、自分におすすめの商品を教えてもらいたい」と思っているお客様もいます。お客様とコミュニケーションを取りながら、お客様の要望をくみ取り、一人ひとりに適した接客を行えるようになります。

そのように相手の気持ちや要望を考えながらコミュニケーションを取るスキルは、仕事だけでなくプライベートの人間関係でも生かすことができ、接客の仕事をしていて良かったと感じることも多くなるでしょう。

売上アップに貢献できる

自分がおすすめした商品をお客様が買ってくれると、店舗の売り上げに貢献できたというやりがいや達成感を感じることができます。売り上げは数字で確認できるので、自分がどれだけ売り上げたのか、どれだけ売り上げに貢献できたのかを目で見て確認することができます。

最初は自分のスキル不足で、商品をおすすめしてもお客様は購入せずに帰ってしまうこともあるでしょう。しかし、経験を積むことでスキルアップし、お客様が商品を買いたくなるような話し方ができるようになります。

そして実際に商品を買ってくださったり、常連のお客様が増えたりすると売り上げに貢献できているというやりがいにつながるでしょう。

お客様に喜んでいただける

自分がおすすめした商品を購入したお客様が「良い商品を見つけることができた。ありがとう。」と喜んでくださったときはとてもやりがいを感じることができます。お客様の悩みやニーズに合った商品を紹介できたという証にもなり、自分の仕事に自信も持てるようになるでしょう。

それがきっかけで、常連のお客様になったり、自分を指名してくることも多くなります。お客様からの感謝の言葉や、お客様の笑顔を見れることにやりがいや達成感を感じることができる人は、販売員の仕事に向いているかもしれません。

自分が好きなお店やブランドショップで働くことができる

自分がお客として買っていた好きなお店やブランドショップの販売員になれると、毎日自分の好きな商品に囲まれて仕事ができるので、とても楽しいと感じられることもあります。

自分が好きなブランドやお店であればすでにある程度商品知識はついているため、自分が知っているそのお店やブランドの魅力をお客様に伝えることができます。アパレル店員であれば自分の好きなブランドの服を着て接客ができますし、コスメショップの店員であれば最新コスメの情報も仕入れやすくなります。

自分の好きなものに囲まれて仕事ができることも、販売員のやりがいのひとつです。

販売員の仕事内容まとめ

販売員はお客様とコミュニケーションを取りながら商品を販売する仕事

販売員はただ商品を売るだけの仕事ではなく、一人ひとりのお客様に合わせた接客や商品販売を行う仕事です。そのため、お客様との会話のなかからお客様の要望をくみ取り、お客様の悩みやニーズに合う商品をおすすめする必要があります。

販売員は、お客様とのコミュニケーションを通して自分のコミュニケーション力も鍛えられ、お客様の笑顔も見ることができる、とてもやりがいのある仕事のひとつです。

販売員への就職・転職に役立つ講座が見つかる!

ユーキャン

販売員の参考情報

平均年収250万円〜350万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種販売・サービス

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

販売員の関連記事

販売・サービスに関する他の職業KANREN JOB