Webメディア企業社員の給与・年収は?初任給や平均月収などの収入について解説

Webメディア企業社員の給与・年収は?初任給や平均月収などの収入について解説

男女問わず人気の高いWebメディア企業社員。おおよその給与や年収はいくらくらいなのでしょうか?Webメディア企業は低い給料で働かせるブラック企業も多く、就転職の際には条件面の確認など特に注意が必要です。本記事では、Webメディア企業社員の初任給、平均的な給与、平均的な年収など、収入面についてご紹介します。

Webメディア企業社員の初任給

新人Webメディア企業社員の給与は平均20〜22万円

Webメディア企業社員として働く場合、初任給は20〜22万円前後が相場といわれています。男女問わず人気の職業のWebメディア企業社員ですが、給与面は一般的に見ると初任給は高めの水準であることが分かります。

どこで働くかによっても多少の差が出るようですが、新人の頃は覚える事も多いことから対価は低めと考えておく必要があります。特にWebメディア企業社員としてどのような職種に就くかもポイントになりそうです。

転職したときの給料は経験や役職で左右されやすい

Webメディア企業社員では、スキルアップのために転職をする人が多いです。転職をした場合の初任給は、いままでの経験によって決まるのが一般的です。

Webメディア企業社員として10年以上働いている事やあらゆる職種での対応が可能という事になれば新卒と同列の給料になることは少ないようです。前職の給与水準を保証してくれるかどうかは勤務先によっても大きく異なります。

場合によっては新卒採用者と同じ給料を提案される事もあるので、経験や実績をアピールする事が大切でしょう。交渉次第で給料が変わる可能性があることを覚えておきましょう。

異業種からWebメディア企業社員への転職は給与の確認を

異業種からWebメディア企業社員に転職する場合には年齢に関係なく新卒と同じ給料からスタートする事が多いです。

転職前の仕事内容によっては給料が大幅にダウンする可能性もあるでしょう。異業種からWebメディア企業社員に転職する場合には慎重な判断が必要でしょう。

Webメディア企業社員の平均給与

Webメディア企業社員の平均給与は約万円

厚生労働省の平成29年賃金構造基本統計調査のデータによるとWebメディア企業社員の平均給与は、全国平均が約35万円となっています。

Webメディア企業社員の仕事は情報を発信したり企画や運営を行うために多くの職種の人と連携して行っています。案件が立て込んだりする場合には深夜まで残業をしなければいけない事もあるため不規則になりがちです。ハードな仕事内容と平均月収を比べると高めかもしれません。

スキルがアップして任せてもらえる仕事の幅が増えた時などやりがいも大きな仕事です。給料だけに捉われて心が折れないようにすることも大切です。

勤務期間に応じて給料もアップすることが多い

Webメディア企業社員の給料は勤務期間に応じてアップするのが一般的です。Webメディア企業社員の仕事は特別な資格が無くても働くことは出来ます。最終学歴で採用時の給料が変わることは少ないケースが多いようです。

求人を探す際は給与以外の手当もチェック

Webメディア企業社員の統計では、給与とは別に支給される賞与も年間で平均約110万前後という結果が出ています。Webメディア企業社員の世界は繁忙期を含めて残業が多いです。ただし、企業によっては、基本給以外の手当や残業代が支給されない事もあるので注意しましょう。

転職をする際には、求人票の一覧で各種手当や昇級などの社内制度が整っているかを確認しましょう。また、口コミ評判サイトに企業の情報が元社員などから寄せられているケースがあるので、そちらを参考にするとブラック企業を避けられるでしょう。

男女では平均給与に差が出にくい

Webメディア企業社員は男女ともに人気がある職業ですが、男女で平均給与に差が出にくい特徴があります。Webメディア企業では、20代〜30代の若手女性社員も多く働いていて、柔軟な発想は多く企業で求められています。

男女で平均給与に差が出にくい理由としては、若い力を大事に考えている企業が多く、実力主義の傾向が強いことが挙げられます。大企業から中小、ベンチャーに至るまで人によっては20代でも昇級して多くの収入を獲得しています。

突然、女性の場合には結婚や出産で一時的に現場を離れてしまう事で、男性よりは平均給与に差が出てしまいやすいのは否めませんが、一般的な企業に比べると差が出にくいと言えるでしょう。

経験や実績によっては給料アップにつながることも

Webメディア企業社員の給与は一般的に見ると高い方ですが、経験を積み高い実力があれば大幅な給料アップを見込める仕事です。

転職する場合にもWebメディア企業社員として幅広い分野で活躍出来ていれば、給料に実績を考慮してもらえる可能性が高いでしょう。

資格取得が給料や手当に反映されるケースも

Webメディア企業社員の仕事は、スキルのレベルが給料に反映されやすい職業です。資格取得は採用に有利に働くだけでなく、給料がアップする可能性もあると考えられます。資格を取得しておく事は有意義な事と言えそうです。

資格の中でも給料の評価につながりやすいのは、ネットマーケティング検定やITパスポート試験です。合格する事で十分なスキルの証明にもなるでしょう。

Webメディア企業社員の仕事は多種多様であり、様々な職種の人が活躍しています。ディレクターやデザイナー、ライターなどそれぞれの職種に関連する資格を取得する事も仕事の幅を広げるポイントになるでしょう。

Webメディア企業社員として資格の取得は有意義な事ではありますが、給料アップに繋がるかどうかは勤務先次第という事も覚えておきましょう。

資格を取得したら活かしたいと思うものです。就職や転職をする場合には、資格手当が支給されるかを頭に入れて探してみる事も一つです。求人票の一覧に資格手当の有無が記載されています。

Webメディア企業社員の平均年収

Webメディア企業社員の年収は300~800万円前後

Webメディア企業社員の平均年収を厚生労働省の統計一覧の平均給与と年間賞与から算出すると約550万円になります。

新人の場合に月々の給与が20〜22万円であれば年収は200万円台になる事も考えられますが、経験を積む事で給与がアップする事からWebメディア企業社員の年収は300〜800万円と予想されます。

実力主義の傾向が強く、どの職種で働くかによっても年収が大きく左右される事から年収を考えるとかなり幅があると考えられます。

自身が積極的に仕事を捉えて、あらゆる職種の業務が出来るようになれば高額な年収を獲得する事が出来るでしょう。自分次第で年収が異なると言えるでしょう。

Webメディア企業社員としてアルバイトを選ぶ人も

Webメディア企業社員として働く人の中にはアルバイトで働いている人もよく見られます。多くの現場で経験が積めることはアルバイトで働くメリットと言えます。

アルバイトという立場から雇用面で不安定になる事は仕方のない事です。残業代が出るか分からない正社員よりもアルバイトであれば働いた分の給料は確保できる事からアルバイトを選ぶ人も多いようです。

アルバイトの場合には時期900円前後からのスタートが一般的です。アルバイトでも経験を積む事で契約社員や正社員などにステップアップする事も可能です。アルバイトで働く場合の年収は時給や働いた時間に左右されやすいので年収200〜400万円程と言えるでしょう。

Webメディア企業社員としてアルバイト以外の働き方も

アルバイトに近い働き方としては、契約社員や派遣社員としての求人もWebメディア企業社員としてはあります。

企業によって異なりますが、社会保険や賞与手当が支給される事もあります。自分の時間を大切にしたいと考える人にとっては魅力的な働き方と言えそうです。

Webメディア企業社員の給与・年収まとめ

Webメディア企業社員の年収レベルは高め。やりがいも得られる仕事

Webメディア企業社員の平均給与や年収レベルは精神的・肉体的なタフさも求められる仕事内容を比較すると高めの傾向であると言えます。

技術と知識を身につけ、経験を積む事で給与アップも見込めます。資格を取得したり、新しい技術を勉強するなど技術を磨いて努力を続ければ好待遇で転職が出来る可能性もあるでしょう。

Webメディア企業社員という職業は、情報を伝えたい強い想いと努力を続ければ自分の夢が叶うかもしれない魅力的な仕事と言えるでしょう。

Webメディア企業社員への転職・就職を支援してくれるオススメの転職エージェント

Webメディア企業社員の参考情報

平均年収300万円~800万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種企業

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

Webメディア企業社員の関連記事

企業に関する他の職業KANREN JOB