土木作業員の給与・年収は男性女性で差がある?初任給や支給される手当まとめ

土木作業員の給与・年収は男性女性で差がある?初任給や支給される手当まとめ

土木作業員は、就職してから土木の仕事に必要な建設機械の免許や、将来的には現場監督の仕事を務めたい人は土木施工管理技士の資格が必要になります。土木作業員の平均給与や年収はいくらくらいなのか、昇給する可能性や男性と女性で差があるのかご紹介します。

土木作業員の初任給

土木作業員の給与

土木作業員の給与水準は勤務地によって変動します。

土木作業員未経験から正社員として雇用された場合、都心部では約20~30万円の給与の求人があります。しかし同じ条件で地方の土木作業員の求人には、約15~25万円と下がってしまいます。土木作業員の仕事は正社員雇用をはじめ、短期で日給払いのアルバイト雇用や派遣社員まであります。

土木作業員の仕事には、建設機械の操縦や重機車両の運転ができる(車両系建設機械運転者・移動式クレーン運転士・玉掛作業者・締固め用機械運転者などの)免許を取得していると、約1万円~数万円の手当てを支給する会社もあります。

またこれらの資格を取得するための試験費用を負担してくれる会社もあるので、土木作業員の仕事をしながら取得を目指す人が多いです。

未経験で土木作業員の仕事を始めるリスク

未経験で土木作業員の仕事を始めた場合、アルバイトや契約社員または派遣社員として扱われることが多いため日給で支払われ賞与もないことが多く、天候の状況などによっては急遽休みになるためにその日の分の日給が発生しないこともあります。

土木作業員の仕事を長く勤め実務経験を積むことで、昇給に繋がる可能性がある資格を取得することができるようになります。資格や免許を取得しておくことで転職にも有利になることもあり、資格や免許を取得している土木作業員は会社にとって重宝される人材になりやすい傾向です。

しかし企業の中には土木に関係した資格や免許の資格試験を受験して取得しても、給与で手当てを支給しない企業もあります。土木作業員として就職活動している方は給与体制や待遇を把握し、面接時にしっかり確認をする必要があります。

土木作業員平均給与の統計

土木作業員の年齢別の平均給与の統計をご紹介します。おおよその平均月収としては25~30万円前後となります。

男性の年齢別 平均月収

20代前半 約24.7万円
20代後半 約29.8万円
30代前半 約32.7万円
30代後半 約32.2万円
40代前半 約33.7万円
40代後半 約33.6万円
50代前半 約31.6万円
50代後半 約31.9万円

上記の平均給与額は男性の平均月収になり、女性の平均月収は下回ります。女性の土木作業員の平均給料は以下のようになっています。

女性の年齢別 平均月収

20代前半 約14.5万円
20代後半 約14.3万円
30代前半 約15.3万円
30代後半 約20.7万円
40代前半 約15.8万円
40代後半 約20.7万円
50代前半 約29.3万円

同じ土木作業員でも、男性と女性では給与面の差が目立ちます。現在でも土木の仕事は「男性の仕事」と扱われ、女性が土木作業員として安心して働ける環境が整っていないのが現状です。

女性が働く上で企業側が考慮しなくてはいけないのが、まずトイレや更衣室の問題です。土木作業員など現場で活躍する作業員のほとんどは男性です。そのため工事現場に設置されている仮設トイレは男性トイレあるいは共用トイレがほとんどです。女性が働きやすい設備が整っていないだけではなく、男性の土木作業員の中には女性が現場にいることを煙たがる方もいます。

土木の職業は一人前になるまでに10年はかかる職業と言われています。土木作業員の見習いとしての下積み時期は、挫折しそうになるほどの厳しい上下関係を乗り越えることが必要になることがあります。

工事現場に必要な資格や免許を取得し、長く勤め年齢を重ねることでもらえる給料が上がり、結果として年収額が増える給与体制の職業です。土木作業員の年代別の年収と、2010年~2017年までの年収推移の変動をご紹介します。

現場監督の給与

現場監督の給与平均は、約42万円です。20代では約43万円、30代では約45万円、40代では約49万円が平均となっており、残業代も含まれています。

土木作業員の実績を積むことで、将来的に現場監督の仕事をするための土木施工管理技士の資格試験の受験が可能になります。土木施工管理技士の資格を取得することで給与待遇が良くなりますが、仕事内容は責任が重く、ハードになってきます。

月給は比較的高めではありますが、残業時間が月平均80時間以上あることもあり労働日数も24日以上の給与が含まれています。土木作業員よりは給与はやや高めではありますが、賞与や残業代がカットされることもあります。

現場監督の業務に携わることができる土木施工管理技士の資格を取得することで建設業界では重宝されることが多いため、働き口が見つかりやすい傾向にあります。

土木作業員年収統計

土俗作業員の平均年収

厚生労働省の賃金構造基本統計調査の統計データより、平成29年度の平均年収をご紹介します。

年代 男性 女性
20代前半 約324.0万円 約174.6万円
20代後半 約386.6万円 約180.4万円
30代前半 約430.3万円 約199.6万円
30代後半 約420.3万円 約262.5万円
40代前半 約439.4万円 約189.7万円
40代後半 約449.8万円 約251.7万円
50代前半 約405.4万円 約362.2万円
50代後半 417.3万円 不明

上記の統計を見ても、やはり男性と女性の給与額に差があるのが見えます。統計データのため、都道府県によっては年収に大きな差があります。
また、年収はその年度によって推移が変動します。

西暦 男性 女性
2017年 約397.5万円 約253.1万円
2016年 約352.2万円 約254.2万円
2015年 約377.8万円 約220.8万円
2014年 約350.0万円 約206.0万円
2013年 約347.2万円 約225.7万円
2012年 約305.6万円 約214.7万円
2011年 約339.6万円 約208.7万円
2010年 約342.0万円 約254.8万円

土木作業員の仕事は危険を伴う作業に携わることもあるため、どんなに体力に自信があっても大けがをして土木作業員としての仕事ができない体になってしまうと、退職せざるを得ない場合もある厳しい職業です。

人材不足が課題になりつつある土木関係の職業は近年、女性を土木作業員として迎えようと女性が働きやすい職場環境の改善に取り組んでいる企業も出てきています。土木の職業は男性の仕事という固定概念が根強く残っているため、土木作業員として現場で活躍したい女性にはなかなか縁がない職業ではあります。

しかし男性には男性視点で、女性には女性の視点をお互い取り入れ見直すことで、よりよい職場環境を整えるだけではなくさらなる作業の効率化を図ることができるような職業に変わろうとしています。

土木作業は男性の仕事というイメージを変えるべく、国土交通省では女性を積極的に活用しようとする取り組みが注目されています。土木作業の人手不足を解消するために男性が中心という流れを変え、女性にも土木の職業に携われる機会を作ることが目的の取り組みです。

主な取り組みは、公共事業においては女性用のトイレの設置、更衣室は必ず設置させることや、各企業が女性活用するための対策を指導したりなどの活動が行われています。ただ、結婚や育児などの生活の変化に対する企業側の支援対策が確立しておらず、多くの企業は女性の土木作業員に対する考え方に温度差があるのが現状です。

土木業界で女性を採用することで、女性が持つコミュニケーション能力の高さ、細かい作業への対応能力の高さを評価する企業は、女性の土木作業員を重宝する傾向があります。女性が働きやすい環境づくりは大切なことですが、給与面も見直さなければ女性の土木作業員の確保は厳しい状況です。

土木作業員の給料・年収まとめ

土木関係の職業は、差はありますが一般のサラリーマンより体力が必要で危険が伴う仕事であるにも関わらず、平均給与額は低めです。

土木作業員は男性の仕事と見られてきましたが、女性の採用を増やしていくことで人手不足の問題解消への糸口になり、雇用形態の見直しや、長く働いてもらうための職場の環境対策につながることでしょう。

土木作業員の参考情報

平均年収300万円~400万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種建築・不動産

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

土木作業員の関連記事

建築・不動産に関する他の職業KANREN JOB