ボイストレーナーの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

ボイストレーナーの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

ボイストレーナーは、毎日多くの生徒に対して発声や歌唱を指導するボイストレーニングが主な仕事です。生徒に合わせた発声や歌唱を指導するボイストレーナーですが、具体的にどのような仕事を行うのかご存知でしょうか?本記事では、ボイストレーナーの具体的な仕事内容、仕事のやりがいなどについてご紹介します。

ボイストレーナーとはどんな仕事?

発声や歌唱の指導をする人をボイストレーナーと呼ぶ

ボイストレーナーは美しい声を目指す人に対してトレーニングを指導する人です。

発声や歌唱のトレーニングをボイストレーナーは行いますが、生徒となる人は俳優やタレントなどの有名人から一般人まで幅広いです。趣味で指導を受ける人からプロを目指している人までそれぞれの目的に合わせて適切な指導をする必要があります。

指導内容は幅広いボイストレーナーの仕事

ボイストレーナーは、ボイストレーニングの指導が主な仕事ではありますが、喉の使い方やケア方法、腹式呼吸の仕方など基本的な方法から、ハミングやビブラートの出し方や綺麗に聞こえる方法など専門的な分野まで幅広いです。

ボイストレーナーは、生徒が求めているものを提供して、ボイストレーニングを上手く指導する必要があります。

スピードや効率も要求される仕事

ボイストレーナーは1日のうちに多くの生徒を指導しなければいけません。マンツーマンで仕事をするケースもあれば複数人を同時に指導するケースもあります。

レッスン時間は決まっているので、限られた時間を効率的に使う力も求められるでしょう。

ボイストレーナー の仕事は意外とハード。体力が必要

ボイストレーナーは体力を使う仕事です。1日何人もの生徒を指導しなければいけませんし、喉を常に使って仕事をします。

勤務先にもよりますが、朝早く出勤して準備をして遅くまで働くことが多いので拘束時間は長めです。そのため、ボイストレーナーは体力も必要でしょう。

ボイストレーナーの具体的な仕事内容

ボイストレーナーの仕事は発声や歌唱の指導をする

一般的には音程や発声法を指導するイメージが強いと思いますが、ボイストレーナーが指導する内容は様々です。

  • 声区の変換
  • 共鳴法
  • リズム
  • ソルフェージュ
  • ビブラート
  • ハミング

発声指導以外にボイストレーナーがする仕事

ボイストレーナーの仕事は毎日多くの人を指導するだけではありません。経験によって任される業務の幅は広いです。

企業などのセミナーの講師

ボイストレーナーの仕事の一つに企業からセミナー講師として呼ばれて、多くの人に発音の良さを指導することもあります。

ビジネスシーンで滑舌が悪いことは仕事に対して致命的なダメージがあるでしょう。最近では、ボイストレーナーを呼んで社員に話し方を指導してもらうという取り組みが注目されています。

セミナーに参加する際には一人ひとり指導することは出来ないので、滑舌を良くする基礎や発声トレーニングを全員に対して行います。

ボイストレーナーの育成

自身がボイストレーナーとしてある程度のキャリアがあれば他のボイストレーナーの育成も大切な仕事の一つです。

勉強会はボイストレーナー連盟によって開催されているので、講師として活躍が出来ます。

メディアへの露出

ボイストレーナーとして仕事をしているとテレビ番組からのオファーもあります。実際に指導をしているところを映像として収めたいという依頼があったりと種類は様々です。

メディアに露出することで知名度も上がり、ボイストレーナーとしてもより活躍するキッカケになるでしょう。

下積みからはじまるボイストレーナーの仕事

ボイストレーナーの仕事は、地道な下積みから始まります。ボイストレーナーは専門学校や大学を卒業してから就職します。ですが、学校で発声についての基礎知識を学んだとしてもすぐに本格的な指導をさせてもらえることはほとんどありません。

ボイストレーナーとして一通りの業務ができるようになるためには1年は下積みとして仕事をこなしていく必要があります。人によって早くからボイストレーナーとして指導をさせてもらえることもありますが、ある程度の下積みは覚悟しておく必要がありそうです。

転職は3年が区切りになることが多い

ボイストレーナーとして3年を区切りに転職を検討する人は多いようです。スキルアップをするために転職を行い、レベルの高い規模の大きな教室で修業をする人も多いです。

ボイストレーナーとして転職する際の求人は全国的にありますが、求人数はそこまで多くはありません。場合によってはアルバイトなど正社員問わず募集していることもあるのでチェックしてみると良いでしょう。

ボイストレーナーとして経験を積んでスキルを高めれば、給料アップやフリーランスとして独立の道も開ける可能性もあるでしょう。

ボイストレーナーの仕事のやりがい

生徒の成長を間近で感じられる仕事

ボイストレーナーの仕事は多くの生徒を指導することですが、指導している生徒の成長を間近で感じることが出来るのはボイストレーナーとして大きなやりがいの一つです。

声を使って表現するボイストレーニングは人によって目的は異なります。時には難しい発声もあり、なかなか次のステップに進むことが出来ないこともあるでしょう。ボイストレーナーとして細かい指導はもちろんのことメンタル面でのフォローも欠かせません。

指導を通して、生徒の人それぞれ異なる目的のステップが進めた時は、ボイストレーナーとして仕事をしていて良かったと思える瞬間です。生徒によって個人差はあるものの生徒の成長を間近で感じられる共有できるというのはボイストレーナーのやりがいと言えるでしょう。

勉強し続けられる環境がある仕事

ボイストレーナーの仕事は指導するための知識やスキルがあったとしても日々の勉強は欠かせません。時代によっても流行は異なりますし、新しい発声法や苦手な歌唱について学ぶことは大切です。

また、指導法やスキルを深く学べば学ぶほどに、生徒を助けられる度合いも大きくなるでしょう。勉強し続けられる環境はボイストレーナーの仕事のやりがいの一つと言えるでしょう。

ボイストレーナーの仕事内容まとめ

ボイストレーナーは地道な努力やセンスが求められる職業

発声や歌唱を指導するボイストレーナーは、毎日多くの生徒を指導するのが主な仕事です。

経験を積んでいくことで、企業から講師としてセミナーをしたり、メデイアの露出も増えていくでしょう。声を常に使う仕事であり、生活も不規則になりがちなので、体力的にはハードな面があります。

生徒を多く抱えているとプライベートをゆっくりと過ごすことは難しいかもしれません。ですが、生徒の成長を間近で感じられることや勉強をし続けられる環境というのはボイストレーナーとして何よりのやりがいに感じられるはずです。

ボイストレーナーの参考情報

平均年収250万円~600万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種音楽・ラジオ

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

ボイストレーナーの関連記事

音楽・ラジオに関する他の職業KANREN JOB