経営コンサルタントになるには?必要資格や向いている人の特徴などを具体的に解説

経営コンサルタントになるには?必要資格や向いている人の特徴などを具体的に解説

経営コンサルタントという職種は聞きなれないという人もいるでしょう。経営コンサルタントとは、企業の経営に関することや会社の経営状況を判断し、アドバイスや指南を行う仕事です。今回この記事で経営コンサルタントになるには、どのようなスキルが必要か。また、向いている性格的特徴などをご紹介します。

経営コンサルタントになるには何が必要?

経営コンサルタントと名乗れば、経営コンサルタントにはなれますが、実際に仕事をするためには、担当する業界について詳しい知識が必要になります。クライアントから頼まれるレベルも、高いレベルを求められます。企業が抱えているトラブルの中身を、分析し、理解しなければいけません。

経営コンサルタントになるためには、どの分野、業界での経営コンサルタントとして働いていくのかを考えて、経営、その業界について調べて、会社にとって有益になる情報をアドバイスしていく必要があります。専門知識がなければ難しい世界です。

専門知識を学校や会社で学び、経営コンサルタントになるという道を、目指す人が多いでしょう。

論理的思考も大切な要素

企業経営に関する損益計算書など、財務に関する書類を用いて会社の経営状況を把握する必要がある場面もあります。

そんな時に沢山あるデータを基に、どうするべきか、どうすればよくなるか、効率化や合理化できるかを、整理して改善できるところを探す必要があります。そのため論理的に考え、物事について常に客観的に、考えていく必要がある仕事です。

プレゼンテーション能力も必要な経営コンサルタント

良い案が浮かんだとしても、クライアントに伝わらなければ意味がありません。経営コンサルタントも含めたビジネスの世界では、自分が考えている事や伝えたいことを、相手に理解してもらわなければ、話が進みません。
知識があったとしても、クライアントに信頼してもらえるような内容を表現できる所からでないと、相手に理解、納得してもらわなければ、意味がありません。

コミュニケーション能力も持っておくべきスキル

クライアントにとって、大事なパートナーのような存在でもある経営コンサルタントは、企業にとって信頼に値する人間であり、そして助言や指南ができるよう信頼関係がとても大事です。

どのような問題を抱えている、どう改善したいかなどの未来展望まで詳しく聞き、クライアントと現状の課題をお互いに理解したうえで、改善策を見つけださなければいけません。そのため、経営コンサルタントにとって、人の話を聞いて理解し答えることができる。またアドバイスができる高いコミュニケーション能力が求められます。

さらに昨今では、経営コンサルタントに高い専門性が求められているためか、一人のコンサルタントだけではなく、コンサルティング・フォームからチームで組んで企業の問題について解決して行くという場合もあります。このためにもコミュニケーション能力は必要になるでしょう。

経営コンサルタントは語学力を活かせる仕事

外資系企業に専門家としてアドバイスを行う際に、語学力がなければ企業の行っているビジネスについての理解もいまひとつになります。

企業によりますが、昨今はグローバル化もあり、海外のプロジェクトについてどうするべきか相談されるというケースもありえます。そういう場面に英語力があれば、困ることはないでしょう。

ないといけないというモノではありませんが、取得しているであろうと考えている企業も少なくはないと考えられます。

経営コンサルタントに求められる適性や、スキルがある人

経営コンサルタントになるには、調査、分析、そして関係者へのヒアリング等の持って生まれた適性や、スキルや今までの実績ともいえる実務経験が求められています。

いままでの業務・実務経験も経営コンサルタントに求められる適性

新卒採用もありえますが、クライアントが求めているレベルに対応するには、クライアントと同じ業界、あるいは同じようなレベル事業をしていた会社で働いていた業務経験が求められています。

さらに新卒採用だとしても、大学院や学歴が高い所からの採用の方が多く、基本的に経営コンサルタントになるには、大手企業で働いて、そこで経験から専門的な知識を吸収して、転職という形が多い傾向です。

分析をするのが好きな人も向いています

クライアントの要望について、会計から人事、マーケティングからの観点まで様々な情報を参考に、適切な経営戦略のアドバイスや、企業の雇用から財務状況までを、数字をみながら、改善策がないか、常にクライアントと相談しながら考えなくてはいけません。

情勢、会社状況について、経営に関することを分析し、理解する力がある人は向いているでしょう。さらに矛盾なく正しいアドバイスでないと、クライアントへの信頼も落ちてしまう可能性もあるので、分析するのが好きでないと仕事にするのは難しいかもしれませんが、好きな人にはもってこいだと思います。

数字に強い事も経営コンサルタントには求められる

常日頃、財務状況などを把握して、リスク、発展の可能性について、見つけるためにも経済や経営について勉強が必要になってきます。全部ではないとはいえ、数字をみつつ情報を処理していく力がないと、クライアントの求めていることや課題を見抜くことは難しいです。

経営に興味があるのは勿論のこと、数字に強いことは経営コンサルタントに求められている能力です。

誠実さがある人にも向いている

どんな職業でも大切なことではありますが、特に会社の内部についても助言をするため機密文書に関して扱うこともあるでしょう。さらに情報が漏れたことにより、クライアントの企業が潰れてしまう可能性があります。

人と接することが好きで、難しい話を分かりやすく説明でき、大事な書類をちゃんと管理できると思ってもらえる、信頼できる誠実さをもっている人は向いているといえるでしょう。

経営コンサルタントになるための学校

経営コンサルタントになるためには、資格は必要ありませんが、持っておくと有利ではあります。そのためにも学校や教室を活用するのが有効的です。さらに自分と同じように経営コンサルタントを目指す仲間と、お互いに切磋琢磨しあえることや、情報共有ができるのも魅了のひとつです。

経営やマーケティングについて学べる大学

経営コンサルタントになるには、経営や経済について学べる大学に通う人が多いです。職業柄専門用語も、覚えることが多く、経営コンサルタントに有利になる資格を取る際に大卒が受講資格になる場合もあります。

大学に通うことにより、コンサルタントとして必要な知識を学び、スキルを身に着けることができるでしょう。考える力やマーケティングに関する知識を身に着けることができるのもメリットです。

基本的に卒業した後に、経営学部や法学系の学校を出て、そのまま自分の希望している、例えば戦略系コンサルティング・フォームなどで就職という流れが多いです。他にも国家資格を取得してからという人も比較的多くいます。

経営コンサルタントになるには?まとめ

コミュニケーション能力と経営や経済について興味を持ち続ける事が原動力に

知名度は低いですが、企業に対する影響力が高い経営コンサルタントになるには、並々ならぬ専門的知識を吸収していく努力が必要になります。さらに間違えることは許されないため、情報を正確に集め分析していくため、常に学んでいかなくてはいけません。

未経験でも仕事に就くことは可能な職業ですが、企業に実務経験があることが応募資格になっているケースが多いので、資格を持っている事や今までの経験は現場で有利になる可能性があるでしょう。

経営コンサルタントの参考情報

平均年収500万円~1800万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種その他

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

経営コンサルタントの関連記事

その他に関する他の職業KANREN JOB