ダンサーの仕事内容と必要なスキル、最高のダンスを披露するための努力とは?

ダンサーの仕事内容と必要なスキル、最高のダンスを披露するための努力とは?

ステージに立って最高のパフォーマンスを披露するダンサー。華やかなイメージもありますが、地道な努力に成り立っている仕事でもあります。今回はこの記事でダンサーの勤務先や、仕事内容、魅力などについて紹介しています。

ダンサーとはどんな仕事?

ダンスを仕事とする人をダンサーと呼ぶ

ダンサーは、自分の肉体を用いてリズムに合わせて自己表現をする仕事です。ダンサーは、まず曲を聴いて世界観を感じ取り、その曲に合わせて美しく踊ることによって観ている人たちに感動を与えます。

ダンスの世界は奥が深くさまざまなジャンルが存在します。くるみ割り人形や白鳥の湖といった作品でも有名な、クラシックバレエやモダンバレエ。ラップ音楽とダンスを融合させたヒップホップ。ブロードウェイや宝塚などでも有名な、歌と芝居とダンスが合わさったミュージカル。歌手の振り付けに合わせて一緒に踊るバックダンサーなどがあります。

ジャンルは問わず、ダンスを仕事としていく人はダンサーと呼ばれています。

仕事をするためにオーディションを受ける

ダンサーが仕事をするための手段の一つとして、オーディションを受けることがあげられます。劇団やプロダクションに属している人でも、どこにも属していないフリーのダンサーの人も、仕事をもらうためにはオーディションに受からなければなりません。オーディションでは、書類選考と実技試験が行われます。

専属のダンサーとして働くことができれば、安定的に収入を得ることができますが、多くのダンサーは単発の仕事をしながら、空いた日にはダンスのレッスンをしています。また、駆け出しのダンサーの場合には、本業のダンスだけでなく、アルバイトをしながら生計を立てている人もいます。

体力が必要なダンサーの仕事

ダンサーとして働くために求められるのは体力です。ダンスには、通常で3〜5分、長いものですと10分間連続で踊り続ける時もあります。そのため、長い時間踊ることのできる持久力が必要です。

さらにダンサーには筋力も必要です。ボディービルダーのような強靭な筋力は必要ありませんが、美しい体のラインを保つための筋力は必要です。腹筋だけでなく、背筋やふくらはぎなどの見えない部分の筋肉を鍛えることも求められます。

さらにダンサーには柔軟性も必要です。ダンサーには激しい動きだけではなく、優雅な動きも必要です。そのためには、体が柔らかくしなやかな動きができることが大切です。ダンサーは、どんな時にでも最高のパフォーマンスができるように、基礎体力をつける努力をしています。

表現力も必要

ダンサーは、体力だけではなく表現力も鍛えています。ダンスには通常のダンスのほかに、喜びを表現するダンス、悲しみを表現するダンスなどもあります。そのため、体だけではなく顔の表情も使って表現をします。

ダンサーは表現力を鍛えるために、音楽を聴いて気持ちをコントロールしたり、ジェスチャーを使って気持ちを表現したりします。ダンサーは、感動を与える最高のダンスパフォーマンスを観客に提供するために、空いた時間にはいつでも練習をします。

ダンサーの仕事はダンスをすること

ダンサーにとっての主な仕事はダンスをすることです。しかし、働く場所によって仕事内容は大きく異なります。

劇団に所属して仕事をする

ダンサーの中には劇団に所属してから有名なプロのダンサーを目指す人がいます。無名の劇団から日本で有名な大手の劇団まで、ほとんどの劇団ではダンサーを募集しています。無名の劇団に所属した場合には、すぐにメインダンサーの仕事をもらえることもありますが、収入は少なく、場合によっては費用が持ち出しになることもあります。

一方で大手の劇団に所属した場合には、メインダンサーの仕事はおろか、わずかな役をもらうことすら難しい場合もあります。大きな役をもらえば、舞台で脚光を浴びる喜びも味わえますが、相当な努力が必要です。

マスコットダンサーとして働く

東京ディズニーリゾートやユニバーサルスタジオなどのテーマパークでは、専属のダンサーを募集しています。テーマパークのダンサーの場合には、通常のダンスのほかに、キャラクターの中に入って踊るダンサーもいます。

1日のステージ数も多く、キャラクターとして踊る場合には、相当の体力も必要です。見た目は華やかですが、仕事に関してはかなりの体力が求められます。

イベントダンサーやレストランの専属ダンサーの道も

ダンサーの中には、フリーのダンサーとして個人で仕事をする人もかなりいます。その一つに、レストランや企業のイベントなどで仕事をするダンサーが挙げられます。

有名レストランでは、季節ごとに特別なイベントを開いているところもあり、そうした場所で専属のダンサーとしてステージに立って踊ります。単発で仕事をする場合がほとんどですが、レストランによっては、正社員として専属で契約してもらえるところもあります。

同じように、大手企業によるイベントで踊りを披露するダンサーもいます。イベントのテーマに合わせたダンスをすることもありますし、イベントに登場する有名歌手のバックダンサーとして踊ることもあります。

インストラクターや講師になる人も

ダンサーの中には、インストラクターや講師として仕事をする人もいます。ダンサーの世界は競争が激しく、高収入の有名なダンサーになれるのはほんの一握りという厳しい世界です。

そのため、インストラクターや講師の道に進み、ダンススタジオを創設してアマチュアダンサーを指導したり、ダンスを取り入れたフィットネスを提供するスポーツインストラクターになったり、ダンスを学んだ経験を生かしてヨガインストラクターになったりする人もいます。

このように、ダンサーはダンスの経験を生かして、他の分野でも活躍できます。

ダンサーの仕事のやりがい

観客を魅了できるダンスの仕事

ダンサーの仕事での一番のやりがいは、観客に感動を与える演技を行えることです。ダンスは音楽や絵と同じように、美しい作品によって喜びやパワーを与えることができます。

ダンサーの仕事は、見る人がいて始めて成り立つ仕事です。そのため、観客の期待に応えること、観客が想像している以上の素晴らしいパフォーマンスができた時には、多くの喝采を浴びることができます。観客の評価が直に伝わるダンサーはとてもやりがいのある仕事です。

好きを形にできる仕事

ダンサーを仕事とする人のほとんどは、ダンスに魅了され、ダンスを自分の一生の仕事としたいという志を持って始めています。そのため、自分の好きなことをそのまま仕事にできるという喜びを味わうことができます。ダンスの世界は奥が深く、自分が納得できる演技ができるまで答えを探し続けます。そうした部分にやりがいを感じるダンサーも多くいます。

世界で活躍するダンサーも

ダンサーも中には、日本にとどまらず世界で活躍する人もいます。バレエダンサーの中には、クラシックダンスの本場、ロシアへプロのバレエダンサーとして働く人もいます。また、世界的に有名な歌手のバックダンサーとして、世界のコンサートツアーに同行して活躍する人もいます。

ダンサーの世界は結果が全てのため、オーディションに受かるには相当の苦労や困難も伴いますが、わずかなチャンスをモノにできた時には、大きな喜びと満足感を味わうことができるでしょう。

ダンサーには信念も必要

ダンサーの世界は華やかに見えますが、その裏ではケガとの戦いがありますし、毎日の厳しいレッスンもあります。さらに表舞台で活躍できるのはほんの一握りで、多くのダンサーはダンスの仕事以外にもさまざまな仕事をしている場合や、年齢による体力の限界によって夢半ばで去っていく場合もあります。

そのような厳しい世界でも、ダンスを通してみんなを笑顔にしたいという強い信念を持っていれば、いつまでもやりがいを持つことができます。

ダンサーの仕事内容まとめ

ダンサーは体力や表現力を必要とする仕事、ダンスで観客を魅了したいという高い目標が必要

ダンサーの仕事は鍛えられた肉体を使って、観客に感動を与える仕事です。

ダンサーとして仕事をするには、毎日のレッスンにも耐え、オーディションに受かることが求められます。必ずしも自分が望むような役を与えられるとは限らないため、どんな役や仕事でも最高のパフォーマンスをしたいという強い気持ちが必要です。

ダンサーの仕事は幅広く、ステージのバックダンサーとして活躍する人もいれば、テーマパークのキャラクターとして踊るダンサーもいます。

ダンサーの参考情報

平均年収250万円~450万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種スポーツ

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

ダンサーの関連記事

スポーツに関する他の職業KANREN JOB