マジシャンの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

マジシャンの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

マジックで観客を魅了するマジシャン。さまざまなテクニックを披露する華やかなイメージのある職業ですが、練習と努力は欠かせません。今回はこの記事でマジシャンの仕事内容や特徴、魅力などについてご紹介します。

マジシャンとはどんな仕事?

マジックを披露する人のことをマジシャンと呼ぶ

マジシャンはカードやコインなどを使ってマジックをする人です。鳩やうさぎなどの動物を使ったマジックや観客の目の前でカードマジックをするクロースアップマジック、さらにナイフや電動ノコギリなどを使った危険なマジックなどのいろいろなマジックを披露します。

マジシャンになるための特別な資格はありません。そのため誰でもプロ宣言をしたならば、プロのマジシャンになることができます。

マジックを通して観客を楽しませるのが仕事

マジシャンの仕事はただマジックを披露するだけではありません。マジックを通して観客を楽しませることが大切です。そのためには謎に包まれた空間を演出した雰囲気づくり、観客に期待を抱かせることができるような衣装やメイク、観客の心を掴むための立ち振る舞いも重要です。

一つひとつのマジックをこなすだけでなく、マジックショーのプロデュースができることが、マジシャン には必要です。

マジシャンはハードな仕事

マジシャンのおもな仕事場はステージです。しかしショーによっては結婚式会場、パーティー会場、ショッピングモール、幼稚園や小学校、レストランやバーなどさまざまな場所で披露します。

マジックショーは週末や祝日などの人の集まる時間帯に披露することが多く、時間帯もショッピングモールなどでは昼間の時間帯に行われますが、パーティー会場では夜の遅い時間帯に行われることもあります。

そのためマジシャンの中にはかなり不規則な生活を送っている人もいます。そのためマジシャンの仕事は、体力的にかなりハードといえます。

マジシャンは普段から入念な準備をする

マジシャンの仕事は華やかにも見えますが、華麗に魅せるためにはひたむきな努力も必要です。マジシャンの仕事は、9割が練習で1割が実践とも言われます。一つのショーを行うためには、いくつかのマジックを準備しなければなりません。そのためには、普段からいろいろなマジックを覚えることも重要です。

カードマジックをする人はマジックの技術を磨くだけでなく、華麗に魅せるために手のスキンケアも行います。潤いを保つために手や指にクリームを塗ったり、指や手のストレッチをしたりして血行を良くします。完璧なマジックを披露するためにも普段からの入念な準備は欠かせません。

マジシャンの仕事の具体的な内容

観客の前でマジックを披露する

マジシャンの主な仕事は、観客の前でマジックを披露することにつきます。マジックと聞くとトランプカードを思い浮かべる人も多いですが、下記の一覧を見てもいろいろなマジックがあることがわかります。

  • クロースアップマジック(客の目の前で披露するマジック)
  • サロンマジック(ステージで行いながらも、観客にも参加してもらうマジック
  • コメディマジック(笑いを取り入れたマジック)
  • カードマジック(トランプカードなどを使ったマジック)
  • ロープマジック(ロープを使ったマジック)
  • ステージマジック(観客の前で披露する大掛かりなマジック)
  • メンタルマジック(心理学を取り入れたマジック)
  • ファイヤーマジック(火を使ったマジック)
  • コインマジック(硬貨を使ったマジック)

新しいマジックの開発に携わる人も

マジシャンの中には新しいマジックを開発して、それを別のマジシャンに有料で提供しているマジシャンもいます。マジッククリエーターと呼ばれ、新しいマジックを開発したり道具を製作したりして販売します。テクニックを売る場合には、レクチャーのDVDとして販売することもあります。

マジシャンとしての別の働き方もある

マジシャンの中にはマジックを披露するだけでなく、マジックを通して別の働き方をしている人もいます。

マジックの講師として働くこともできる

マジシャンの中にはマジックの講師として働く人もいます。講演会などでは、マジックを上手に披露するためのコツを教えるとともに、初心者でも簡単にできるマジック道具を販売します。オンライン講座などでは、本格的にマジックを学びたい人のためにインターネットを使ってレクチャーします。

さらに養護施設などでは簡単なマジックを披露したり、一緒にマジックを行ったりすることにより心の健康をサポートします。

マジックバーの経営者や従業員として働く

マジシャンの中にはマジックバーを経営している人もいます。通常の料理やお酒を用意するだけでなく、マジックショーも行われます。マジックはステージを使用した大掛かりなマジックや、お客の前で披露するテーブルマジックなどさまざまです。

マジックバーの従業員のほとんどはマジシャンです。そのため従業員は、カクテルを作ったり料理を提供したりするだけでなく、マジックも披露します。マジックバーで働くと安定した収入を得られるだけでなく、マジックを披露する機会も与えられるため、多くの若手マジシャンがマジックバーで働いています。

マジシャンの仕事のやりがい

観客に感動を与えることができる仕事

マジシャンの仕事の醍醐味は、マジックを通して観客に感動や驚きを与えることです。マジックは、結婚式や誕生日などのイベントで披露することもあります。特別な日にマジックを披露することによって、素敵な時間を過ごすことができたと喜んでもらえた時は、マジシャンの仕事をして良かったと感じることができます。

高いモチベーションを保つことが必要

マジシャンは、地道な営業によって仕事を取らなければなりません。新人マジシャンの場合には、なかなか相手にしてもらえず苦労することもあります。さらにステージによっては、なかなか盛り上がらなかったり、観客から罵声を浴びたりもします。

時にはマジシャンを続けることに辛さを感じることもありますが、マジックを通して子供から年配の方まで感謝をされた時には、マジシャンとしての高いモチベーションを保つことができます。

実力が結果につながる仕事

マジシャンには通常の仕事のほかに、マジックコンテストなどの各種大会もあります。大会によっては賞金が出ないものもありますが、それ以上に大会で優勝することで知名度を上げたり、肩書きにしたりできます。さらにマジックの実力が認められたという喜びを味わうこともできます。

自分にしかできないオリジナルのマジックを開発することもやりがいの一つ

マジシャンとして働く人の多くは、いつかは自分だけのオリジナルのマジックを創りたいと考えます。他のマジシャンではできないアイデアや技術を盛り込むことで、観客に大きな感動を与えるマジックショーを披露したいと夢見ることでしょう。

高度なマジックを開発するには、経験や技術も重要です。一つのマジックを開発するのに何年、または何十年の時間を必要とすることもあります。しかし、苦労して作り上げたマジックによって、多くの観客を魅了することができれば、マジシャンとしてこれからも頑張りたいという気持ちを持ち続けることができるでしょう。

マジシャンの仕事内容まとめ

マジシャンは努力と技術が求められる仕事

マジシャンは、マジックを通して観客を楽しませるのが仕事です。プロになるための特別な資格はありませんが、たゆまぬ努力と練習によって実力をつけることが重要です。

マジシャンの仕事場は営業先によって異なります。マジックショーで披露することもありますが、結婚式や誕生日パーティー、幼稚園やショッピングモールなど、たくさんの人が集まるさまざまな場所で披露します。環境や時間帯も異なるため体力的にはハードですが、どんなときにでも最高のパフォーマンスを披露することが求められます。

マジシャンはマジックを披露する以外にも、マジック商品を開発したりマジックを教えたりする仕事もあります。またマジックバーを経営したり、従業員として働いたりといろいろな方法があります。

マジシャンへの転職・就職を支援してくれるオススメの転職エージェント

マジシャンの参考情報

平均年収100万円〜200万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種その他

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

マジシャンの関連記事

その他に関する他の職業KANREN JOB