マジシャンの給与・年収は?コンテストやマジックショーで結果を出せば高年収への道が開ける

マジシャンの給与・年収は?コンテストやマジックショーで結果を出せば高年収への道が開ける

マジックを披露して観客に驚きや感動を与えるマジシャン。平均の給料や年収はいくらくらいなのでしょうか?今回はこの記事で、マジシャンの平均給与や年収とともに、給与アップのための方法についてご紹介します。

マジシャンの初任給

プロのマジシャンになるための特別な資格は不要

マジシャンの給与システムは特殊です。普通の職業と違い基本給や固定給が存在しません。プロのマジシャンとして働くための特別な資格はなく、プロと宣言すればその日からプロのマジシャンとして活動できます。

新人マジシャンの給料は平均0〜15万円

プロのマジシャンになったからといってすぐに仕事ができるわけではありません。マジシャンとして仕事をするためには、営業をして仕事を取らなければなりません。ホテルや飲食店やデパートへ行って名刺を配ったり、無料のマジックショーに出演して名前を覚えてもらうように努力したりしなければなりません。

新人マジシャンでも仕事をもらえれば、30分のマジックショーの出演で数万円の収入を得ることもできますが、開催数が少ないため月に換算しても15万円前後です。そのためマジシャンの世界は決して楽ではありません。

職種によっては社会人としての経験を活かすこともできる

マジシャンの中には別の業種からマジシャンの世界へ飛び込む人もいます。最初は副業としてマジシャンとして働きながら本格的なマジシャンを目指す人もいます。

ホテルでの業務や飲食店での勤務の経験があるならば、マジックバーなどで正社員やアルバイトして生計を立てながら一人前のマジシャンを目指すこともできます。またサラリーマンの営業の現場にいた人は営業のスキルを活かして仕事を取ることもできます。

ただしマジシャンの仕事は観客を魅了するマジックを披露することがすべてですので、社会人として培った経験を活かすのはなかなか難しい世界です。

異業種からマジシャンの転職は収入の確保の確認を

異業種からマジシャンへ転職するときには収入をチェックすることも大切です。マジシャンは仕事をした分だけ報酬をもらうことができる世界です。家族を養う立場にある人は予め毎月の収入を確保するための手段を考えておく必要もあります。

マジシャンだけで食べて行くのが難しい場合には、アルバイトを掛け持ちする必要もあります。安定した収入を得ることが難しくても、マジシャンとしての夢を叶えたいという高いモチベーションを保ち続けなければなりません。

マジシャンの平均給与の統計

マジシャンの平均給料は約10〜15万円

マジシャンについての平均給料に関するデータはありませんが、一般的なマジシャンの毎月の収入は10〜15万円といわれています。

マジシャンの仕事は、ホテルやレストランでのバースデーイベントや結婚式などの単発の仕事が多く、安定しません。マジックショーの出演などの仕事では安定した収入を得ることもできますが、出演中にミスをすれば今後マジックショーに呼ばれなくなる可能性あるためかなりハードな仕事です。他の職種と比較した時でもマジシャンの給料レベルはかなり低めです。

ただしマジシャンの仕事は観客に感動を与える仕事です。見ている人に喜んでもらえたときのやりがいはかなり大きいです。そのため、給料だけにとらわれて心が折れないようにすることも必要です。

マジシャン派遣に登録して稼ぐ

安定した収入を得るための方法としてマジシャン派遣があります。マジシャン派遣に登録をすれば、単発の仕事からステージショーなどの安定した仕事までいろいろな仕事を受けることができます。

マジシャン派遣で紹介される仕事の多くは、比較的単価の低いものばかりです。ただしわずかな収入でも定期的に出演することによって、多くの観客に顔を知ってもらうことができます。上手くいけばイベント会社やメディアなどに取り上げてもらうこともあり、有名になれば大きな単価のステージショーに出演するチャンスもあります。

実力によっては給料アップにつながることも

マジシャンの給与は他の業種と比較してもかなり低めですが、一方で高い実力があれば大幅な給料アップを望める仕事でもあるといわれています。有名マジシャンに認めてもらえれば、マジックショーにゲストとして出演できるチャンスもあります。

マジシャンが実力を披露することのできる場所として、マジックコンテストがあります。マジックコンテストは世界中のいろいろな場所で開催されており、日本でもさまざまなマジック団体によるマジックコンテストが開かれています。

コンテストで優秀な成績を残すなどの実績を積めば、給料の大幅アップにつながるチャンスも生まれます。特にアメリカのラスベガスなど、マジックの聖地で行われる大会で結果を残せば一気に有名人になれる可能性もあります。

資格取得で給料に反映させることも可能

マジシャンとしての働くための特別な資格はありません。ただし状況によっては資格を活かしながら働くこともできます。

例えば英語検定やTOEICなどの資格があれば、海外でのマジックショーに出演することもができます。また公認心理師などの資格があれば、ショーとしての魅せるマジックだけでなく、心のセラピーとしてのマジックに活用できます。そうするならば養護施設や介護施設などの現場での仕事を受けることもできます。

マジシャンの年収統計

マジシャンの年収は100~200万円前後

マジシャンの年収についての公式なデータはありませんが、日本でマジシャンとして働いている人のほとんどは年収100〜200万円前後です。

新人マジシャンの毎月の給料が0~15万円のため、年収が100万円を切ることも考えられますが、マジシャンの一般的な年収は100〜200万円程度とされています。

若手マジシャンの多くは、本業だけでは生活できないためアルバイトを掛け持ちしている人もいます。仕事は不規則で、週末や休日に働くことがほとんどなため、年収レベルはかなり低いと考えられます。

マジックバーやマジックショップを経営するマジシャンも

マジシャンの中にはマジックバーやマジックショップを経営しながらプロのマジシャンとしての活動している人もいます。自分の店を持つ場合には、マジシャンとしての素質よりも経営者としての素質が求められます。

お店よる収入を得ることができれば安定した生活を送ることができますし、若手のマジシャンを従業員として採用すればマジシャンの世界の活性化にも貢献できます。

億単位の収入を得ているマジシャンもいる

マジシャンの中には月収が100万円を超える人や年収が1億円を超える人もいます。テレビや雑誌などのメディアに取り上げられる有名マジシャンなどは、1回のステージショーだけで100万円以上の出演料を手にできます。

日本で1億円の収入を得ているマジシャンはほんの一握りですが、努力と実力によっては大金を手にできる夢のある職業です。

海外で活躍して高収入を得ているマジシャンも

マジシャンの中には世界のマジックコンテストで優勝して大金を得ているマジシャンもいます。日本人でも、ラスベガスでのマジックコンテストで入賞して定期的にラスベガスでのマジックショーに出演している人もいます。

最近ではアメリカンドリームを掴むために、アメリカへマジシャン留学をして有名マジシャンを目指す日本人もたくさんいます。

マジシャンの給料・年収まとめ

マジシャンの年収レベルは低め。やりがいを重視することでモチベーションを保つ仕事

マジシャンの平均給料や年収レベルは、高い技術を求められる仕事にもかかわらず低めの傾向といえます。営業やマジシャン派遣に登録して仕事を得る必要もあり安定した収入を得るのは難しいようです。

とはいえ、コンテストなどに優勝して実績を残せば給料アップも見込めます。また資格を身につけたりして給料のアップにつなげることもできます。マジシャンという職業は、観客に感動を与えたいという強い思いと努力を続ければ、大金を手にすることも可能な夢のある職業といえます。

マジシャンの参考情報

平均年収100万円〜200万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種その他

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

マジシャンの関連記事

その他に関する他の職業KANREN JOB