建設会社社員になるには?求められることや向いている人の特徴などを具体的に解説

建設会社社員になるには?求められることや向いている人の特徴などを具体的に解説

建設会社社員になるには、一体どんなスキルや資格が必要なのでしょうか。仕事として続けていくには建設会社社員として情熱を持ち続けることがポイント。今回はこの記事で建設会社社員に必要なスキルや持っておくと役立つ資格、向いている人の性格的特徴をご紹介します。

建設会社社員になるには何が必要?

建築・土木に関する基礎知識や関連学科を卒業していること

建設会社社員になるにはいくつか必要な要素が考えられますが、まずは建築・土木工事に関する学科などを卒業することが求められます。

また、そのような学科を卒業して建築士などの資格を得ていると、建設会社社員として採用されやすいでしょう。

協調性が建設会社社員の仕事に役立つ

建設会社社員として働くには、協調性が求められます。建設会社社員の仕事は、営業や現場監督などさまざまありますが、全ての役割においてチームプレイは大切になります。

同じ役割の仲間と細かく作業について話し合い、別の役割の人ともミーティングを重ねて工事を進めていきます。建設会社社員としてスムーズに仕事を進めるためにも誰とでも話せる協調性が求められます。

建設工事会社社員には体力も必要

建設会社社員の仕事はかなりハードなので基礎体力がしっかりあることも重要です。建物を建てるというのは簡単なことではありません。それぞれの工程ごとに携わる人も異なりますし、ミーティングを繰り返して工期に間に合うように行います。

建設会社社員は、その中で全ての職人を把握して、現場を動き回る必要があります。デスクワークも同時に行う必要があります。新人の頃は特に覚えることも多いので、より長時間労働になりやすいでしょう。

工期に間に合わせて求められる建物を建てるためにも体が資本。自己管理をしっかりと行い、体調を崩さないようにすることも大切です。

必須ではないが建設・土木に関する資格があるほうが有利

建設会社社員になるには、必ず何かの資格を取得しなければいけないという訳ではありません。

ですが、資格を取得すれば一定の知識やスキルの証明になり、就職や待遇で有利になる可能性があります。高い年収を目指す場合には資格を取得しておくことが良いでしょう。

建設会社社員として働く人が取得する資格の中で代表的なものは、一級建築士や一級土木施工管理技士が挙げられます。

建設会社社員に向いている人、適性がある人

忍耐力は建設会社社員の適性のひとつ

建設会社社員に求められる適性として、まずは忍耐力があげられます。スケジュールに基づいて工事を行うのが建設会社社員の仕事。

現場監督を担当する場合にはそれぞれの工事を担当する職人の近くで指導や管理を行います。職人は癖のある人も多く、一筋縄ではいかない時もあるでしょう。職人と仲良くなることが工事をスムーズに進めるポイント。積極的に会話をして職人がスムーズに仕事できる環境を作ることも大切です。

時に厳しい言葉を言われることも多いです。忍耐力がある人であれば職人とのやりとりも上手くこなせる建設会社社員として適性があると言えるでしょう。

プレッシャーに強い人は建設会社社員としての適性がある

建設会社社員が働く建設現場では、命の危険があることが多いです。細心の注意を払って仕事に取り組む必要があります。

現場の危険だけではなく、納期に対するプレッシャーもあります。年度末は忙しく寝る間もなく仕事をしなければいけない中で、納期を意識しつつ取り組む必要があります。

建設会社社員として多くのプレッシャーを感じながらも強い精神力がある人は建設会社社員の適性があると考えられます。

建設会社社員になるための学校

建設会社社員になるために学校に通うことは、同じように建設現場社員を目指す仲間に出会えます。ライバルでありながらも仲間として成長できる点が魅力です。

建設についての基礎が学べる専門学校

建設会社社員になるには専門学校を卒業してなる人も多くいます。職業柄、専門用語も多く、マンションだけでなく住宅や道路、橋など取扱いと幅広いのが建設会社の仕事。

専門学校に通うことで、建設会社社員として必要な幅広い知識を学べるでしょう。

サポート内容を比較して学校選びを

建設会社社員になるための専門学校は全国にあります。選択肢としては豊富で学校によっては現役の建設会社社員による授業が用意されている場合があります。プロによる指導があれば現場に近い雰囲気を感じられるでしょう。

資格取得支援が手厚ければ進路に対する不安も軽減されると言えます。普段社会人として昼間働いている人であれば夜間コースがある学校を選ぶと良いでしょう。

大学も建設会社社員になるための勉強が可能

建設会社社員になるために、専門学校以外では大学に通うという選択肢もあります。土木学科や土木環境学科、建設学科や設備学科などであれば建設会社社員に関連する学べるでしょう。

現場で修業を積み建設会社社員になることも可能

建設会社社員になるには、必ず専門的な学校で知識や技術を学ばないといけない訳ではありません。現場で実際に働きながらスキルを身につけることも大切です。

大手ゼネコンは建設会社として人気があり、大学卒という条件が設けられている場合が多いですが、現場で修業して建設会社社員を目指すことは可能です。

求人情報を探せば、北海道から沖縄まで全国的に求人はあります。最初から現場に飛び込むことで必要な知識を素早く身につけられるメリットがあります。

建設会社社員になるには?まとめ

資格があればベター。まずは関連学科を卒業することが建設会社社員になる近道

建設会社社員になるには、建築・土木工事の関連学科がある学校を卒業して基礎を固めた上で就職するのが最もオーソドックスな方法です。

また、どんなに仕事がハードでも続けられる根性、大きなプロジェクトに携わりたいという情熱と体力も必要です。加えて忍耐力やプレッシャーの強さがある人は、建設会社社員の仕事で強い武器になると考えられます。

未経験でも仕事に就くことは可能ですが、資格や学歴があればベターです。専門学校や大学で建設会社社員としての知識を学んだり、技術士や一級土木施工管理技士の資格を持っていれば就職や現場で有利になる可能性があるでしょう。

建設会社社員への就職・転職に役立つ講座が見つかる!

建設会社社員の参考情報

平均年収400万円〜700万円
必要資格
  • 木造建築士
  • 二級建築士
  • 一級建築士
  • 1級 土木施工管理技士
  • 2級 土木施工管理技士
資格区分 国家資格
職種企業

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

建設会社社員の関連記事

企業に関する他の職業KANREN JOB