ミュージシャンの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

ミュージシャンの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

ミュージシャンの仕事内容は、ライブやレコーディングなど本番のみではありません。入念な下準備や地味な演奏に関わる基礎演習も含まれます。準備を積み重ね、本番を迎えた後は大きなやりがいとなって返ってくる所まで、一連の仕事内容について詳しくご紹介します。

ミュージシャンとはどんな仕事?

楽曲をつくり出す制作

ミュージシャンの仕事として新作をつくり出す制作工程があります。コンセプトに基づいて楽曲を完成させます。制作工程は出来上がるまでに演奏基礎技術からレコーディング直前の準備完了まで様々な工程の元、成り立っています。

これは、メインボーカルなど自分の名前で音楽活動を引っ張るポジションの方でも、サポートスタッフとして演奏補助をメインに行う方でも必要な事となります。

始めに作品のコンセプトを決定します。下準備も整えた上でコンセプトに沿って作品を形にします。さらに下準備以前の根底には、基礎技術の鍛錬など作品制作に入る前の基礎力も求められます。演奏を行う演者のみならず多くの制作スタッフとの協力もかかせません。

最新の流行りを意識する事が大事

新作を生み出すという事は、すべて独創的なアイデアが求められる訳ではありません。最新の流行りを意識して、沿った形でヒット作を目指す事も大切です。

更に、独創的な作品にするというコンセプトであっても最新の流行りを知っている事は必要となります。何が流行りから外れて、どう活きるかを緻密でなくとも計算する部分が必要とされます。

メッセージを届ける事が主目的であり、商業ベースの目標はない形であれば流行りの意識は必要ありません。あくまで商業ベースのミュージシャンとして成り立つには大切なポイントとなります。

ライブやレコーディングでパフォーマンスを披露

ライブやレコーディングなど作品をパフォーマンスとして披露する事も大事な仕事です。一番、ミュージシャンが注目される内容であり、この面だけを仕事のすべてとして見がちな部分です。

これまでの制作工程で万全な準備を行っても、現場にて本番を迎えると問題点は起こります。このような時に柔軟に起動修正を行う事が大切です。逆にこだわりであり、外せない箇所を明確にしておくことも必要とされます。

一番、他の制作スタッフを困らせる事はこだわりがまったくなく何をしたいかわからないという状態か逆にすべてを譲らず、現実的ではない形です。これではいくら優れた想定であっても楽曲を生み出せず頓挫してしまいます。

高い演奏技術やアドリブも必要

ライブやレコーディングでは本番時に突然、最適解がひらめく時もあります。いわゆるアドリブという反応が必要とされます。計算通りでは考えきれない音楽という芸術活動において、瞬時のひらめきは大切とされます。

また、演奏技術も基礎に裏付けされた高いものが要求されます。特にメイン演者をサポートする立場のミュージシャンは演奏技術の高さが評価に直結します。

ミュージシャンという職業はクリエイティブな内容に注目が集中する特徴があります。根底にある時間をかけて培った基礎演奏力に基づく所も仕事を行う上で大切な観点です。

ミュージシャンの仕事の具体的な内容

作品コンセプトを固める

明確にCMやドラマでのタイアップなど利用場面が決まっていて、沿った内容をオーダーされる形式もあります。楽曲制作の多くはヒット作を生み出すという大まかな目標に向けて、方向性を定めていく段階から担います。

サポートバンドとしてのミュージシャンであればメインミュージシャンがどのような楽曲にしたいかという方向を理解する事から始まります。いつも通りの慣れたサポートを必要としているか、今回は違った魅力を出したいかなどコミュニケーションを密にして理解する必要があります。

商業ベースのミュージシャンでは裏方と呼ばれる様々なスタッフとコンセプトの共有を図ることがとても大事です。軸となるものが定まってこそ、本番で破天荒なパフォーマンスも成り立つ事となります。

本番に向けた準備

レコーディングやライブなど本番に向けた準備期間が大切となります。これは基礎技術の向上も含まれますが、それ以上に作品の核となる部分を突き詰める事が大切と言われます。

この作品で伝えたいメッセージは何かを意識する事が大切です。楽譜上の指示には表しきれない内容でもちょっとした動きなど本質が出てくるものです。いかに万全の準備をできるかが後々の評価に繋がってきます。

この期間は当然、作品として完成されていない為、表には出にくい部分の努力となります。ミュージシャンとして既存の楽曲披露は行う傍らで新作の準備を行う、仕事内容として平行して行う形でも器用に遂行することが求められます。

レコーディング、ライブなど本番対応

本番ではパフォーマンスを最大に発揮できるためにすべてを注ぎ込むという意識で取り組みます。これまで培ってきた技術や伝えたい気持ち、そして世の中で受け入れられる目線に沿った形など取り込んでいきます。

本番での華やかな面ばかりに注目が集まるミュージシャンという職業ですが、ここで力を出し切るまでには様々な積み重ねが必要とわかります。逆に他のことへのバランスにかけた状態であると本番にて力を出し切れず、ミュージシャンの評価を落とします。

反省、振り返りから今後の戦略を見直す

少し落ち着いて振り返りが大切とされます。ミュージシャンの仕事は気持ちを高めた上で取り組む事が多いです。冷静になって作品のみならず行程を振り返る時間が大切とされます。

一緒に携わったスタッフからの意見も大事な振り返りとなります。主観では見落としがちな観点をこれまでの経緯も踏まえた上で意見をくれるスタッフは今後の戦略を策定する上で大切です。

ミュージシャンの仕事のやりがい

作品から大きな反響がある

ミュージシャンがつくり出した楽曲に対する反響が大きなやりがいとなります。例えば、泣いてしまった、うれしくなったなど気持ちの揺れを伴う反響が伝わってきます。

更に、聞いてくれる方の人生が変わるくらいまで影響を及ぼす部分もやりがいとして挙げられます。楽曲に励まされて進路を決断したなど重大な人生の決断が伴う場合もあります。それだけ大きな影響力を与えられるというやりがいがあります。

生み出した作品が流通している現場を知る

繁華街を歩いていてたまたま自分の楽曲を耳にするという経験ができるのもミュージシャンのやりがいです。同じ空間で聞いている方の表情など反応を客観的に見ることができます。

これは他の職業では珍しい観点であり、ミュージシャンならではのやりがいです。具体的な楽曲の届き方を知り、今後の制作にも大いに役立つ観点となります。

商業ベースで通用するミュージシャンになるために楽曲制作から発表以降の流れもつかめる事は大きいポイントとなります。想定していたけれども違った反応が最終視聴者から返ってきた場合、楽曲以降の流通行程にも問題がなかったのかと意識を広げて考えていけるきっかけともなります。

好きな事を仕事にできる

音楽活動が大好きであり、ミュージシャンを目指すという方が大半です。この大好きな事を仕事として続けられる事はやりがいとなります。

制作過程ではアイデアがなかなかまとまらない事や体力的に長時間となり苦しい事もあります。しかし、これらを乗り切るくらいの大好きという気持ちがあります。

好きな事を仕事にでき、商業ベースでも成り立つ事は非常に限られた方だけができる事です。それだけ現状成り立っているというだけで充実感が出る要因となります。

チームスタッフと喜びを分かち合える

ミュージシャンが制作する楽曲は多くの人が連携しなければ成し遂げられません。演奏を行う演者のみではなく、裏方と呼ばれる機材調整を行ってくれる方など協力者が大勢います。

成果を出した場合、この関わるすべての人と喜びを分かち合える事となります。共通の苦労をして、時間をかけた中で様々な事を知っている仲であり、その上成果も出れば喜びも大きくなります。

ミュージシャンの打ち上げというシーンがよく取り上げられます。それだけチームスタッフとの絆が深まるくらいの長さ、共に努力を重ねてきたからこそ強調したくなる部分です。

金銭面で桁違いの成果が狙える

ミュージシャンは結果がでなければ収入も限りなくゼロに近づく厳しい世界です。しかし、ヒット作に恵まれれば他の職業と比較しても桁違いの収入が狙えます。

成果給の高さは大きなやりがいとなります。自分の楽曲を認められて、更に報酬も高いとなれば様々な面で好循環であり、夢のある形となります。

年齢や業界経験年数を問われない所も魅力です。楽曲の評価という成果に連動して収入も上下します。それだけ徹底した実力主義という形式が実力のある方にとってやりがいとなります。

ミュージシャンの仕事内容まとめ

スポットライトの当たらない仕事も多いが結果はやりがいに繋がる

ミュージシャンの仕事内容はスポットライトの当たる、本番ばかりではありません。楽曲制作前のコンセプト策定や下準備、演奏技術の向上まで積み上げる仕事は多々あります。

裏方含めたチームスタッフと共に楽曲をつくりあげて反響が返ってくるくらいのヒット作となればやりがいは多大なものとなります。表に出ない準備も多い事がミュージシャンの仕事内容で本質と言えます。

ミュージシャンの参考情報

平均年収250万円~400万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種音楽・ラジオ

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

ミュージシャンの関連記事

音楽・ラジオに関する他の職業KANREN JOB