仲居の仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

仲居の仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

女性から人気の高い職業、仲居。毎日多くの人を接客して楽しそうなイメージのある職業ですが、実は丁寧な言葉使いが必要とされる学びが大切な仕事なのです。勤務先は旅館がメインですがホテルという場合もあり、仕事内容も勤務先で少し差がある傾向にあります。今回はこの記事で、仲居の勤務先や仕事の特徴、魅力についてご紹介します。

仲居とはどんな仕事?

心をこめておもてなしをする仕事

仲居の仕事は、心を込めたおもてなしをするのが仕事です。配膳時に料理の説明をし、飲み物の注文を取ります。料理に関する質問も多くあらゆる角度からの十分な予習が必要になります。食事が終われば配膳の片付けなども行います。

旅館の顔として接客をする

旅館の顔として接客をする仲居は、朝食の準備や客の見送り、お出迎えや夕食の準備、片付けなど接客します。幅広い年齢の客を相手にするので、誰が相手でもおもてなしの心を忘れてはいけません。いつも笑顔で接客する必要のある仲居の仕事は、経験や日々の努力によって身に着けたことが活きる職業と言えるでしょう。

スピードや効率も要求される仕事

仲居の仕事は1日のうちに朝食や夕食の配膳の準備をしたり、食事が終わった後には次の食事が出来るように準備をしたりとスピードが求められる仕事です。客が注文する時にはすぐさま聞きに行って、料理が美味しいうちに料理を運びます。限られた時間を効率的に使う能力が求められます。

仕事場によっては複数の仲居で作業を分担

スピードが求められる仕事である仲居ですが、一人で全ての客を担当することは限界があるので、大きな旅館の場合には複数の仲居で作業を分担することもあります。分担の方法についてはその旅館で異なりますが、配膳の準備をする人や注文を聞きに行く人などで分かれるケースが多いようです。

繁忙期は慌ただしくなることも

夏休みやGWなどの時期は旅館としても多くの観光客が訪れるので、仲居の仕事が忙しくなり、慌ただしい日々が続くこともあります。忙しくて帰れないという事は殆どありませんが、旅館として稼ぎ時には休みを返上して仕事をすることも良くあります。朝早くから出勤するので、体力的にハードな仕事と言えるでしょう。

仲居の仕事は意外とハード。体力が必要

仲居はどちらかというと優雅でまったりとしたイメージがあるかもしれませんが、意外と力仕事が多い職業です。予約している客の料理を運んだり、客の荷物を運んだりしないといけないからです。勤務先にもよりますが、忙しい時期には休みを返上して仕事をすることも。力仕事も多くある仲居の仕事では続けるだけの体力が必要になるでしょう。

仲居の具体的な仕事内容

仲居の仕事は、おもてなしの心を持って旅館に訪れる人を接客することです。玄関で荷物を預かって施設の案内や料理の準備や注文など様々なものがあります。

接客以外に仲居がする仕事

仲居の仕事は、接客をする事だけではありません。経験や実績によって任される仕事も幅広くあります。

観光ガイドとして客に説明すること

周辺の観光案内をすることも仲居の仕事の一つです。旅館を訪れる人は観光を兼ねている場合も多く周辺の観光案内は一通りできる存在でなければいけません。

基本的に訪れる客は、旅行先の土地勘がなく人によっては滞在中の過ごし方を決めていない場合もあります。旅館を訪れた客に対して旅行を楽しめるようにサポートをすることも仲居の大切な仕事です。

周辺のおすすめスポットや目的地までの近道に加えてガイドブックには載っていない穴場スポットなどの有益な情報を持っておくことが求められます。タクシーの手配やバスの時刻表案内などのサービスを仲居がする場合も勤務先によってはあります。

帰った後にも心を尽くす

旅館を利用した客が帰る際には荷物を持って玄関まで見送る事も仲居の仕事です。旅館をまた利用したいと思ってもらえるように最後まで心を尽くして見送りをします。客が帰った後にお礼状を書いて送る旅館もあり、その辺も仲居が行う業務としている旅館もあります。

打ち合わせと点検業務

仲居の仕事では自分が担当する客を確認して迎える確認をすることも仲居の大切な仕事の一つ。基本的には客が来る前に行う業務であり、時間もそれぞれ決まってはいません。冷暖房の電源を入れて、客室をしっかり点検する事で万全の状態で客を迎える準備をします。

仲居の仕事は勤務場所によって変わる

仲居の仕事として勤務先になるのが旅館ですが、ホテルでも中居を導入している場合もあります。ホテルと旅館で中居の仕事が少し異なる場合もあり、どこで勤務するかで仕事内容にも少しの差があるようです。

下積みからはじまる仲居の仕事

仲居の仕事は、地道な下積みから始まります。専門学校で仲居に関する知識や実践で学んだり、大学でマナーについて基礎知識を持ってから仲居になったりしても、すぐに客を付けてもらう事は出来ずに最初は基本的な事や力仕事が多くなります。資格を取得して仲居になったとしてもすぐにはメインの中居の仕事はさせてくれない旅館がほとんどです。

仲居という仕事は完璧な言葉使いでおもてなしの心を持って対応する必要があるので、知識や資格を持っていてもその本質を発揮することはすぐには出来ません。長期的に下積みから経験を重ねて一人目の仲居を目指すのが一般的です。

転職も3年が区切りになることが多い

仲居の仕事は下積み期間も長いですが、一人前の中居として活躍していると転職を考える人もいるでしょう。スキルアップのために規模の大きい旅館に仲居として働く人も多いです。仲居の場合はインターネットサイトでも多くの旅館が募集しています。

経験を積んで言葉使いやおもてなし、笑顔で接客が出来れば給料アップやレベルの高い旅館で働くことが出来るでしょう。

仲居の仕事のやりがい

感謝の言葉が直接届く仕事

仲居の仕事は滞在している客の身の回りの世話をする仕事であるので、感謝の気持ちを持ってくれる人は殆どです。見送りの際に直接感謝の言葉を聞くことが出来ることが中居の一番のやりがいでしょう。

客の中にはリピーターとして再訪したときに担当していた仲居を覚えていてくれて、指名をされる場合もあります。リピーターに指名をされることは仲居としてとても嬉しい事であり、やっていて良かったと感じられる瞬間とも言えます。

美しい所作が身につく

仲居は丁寧な言葉使いや所作などが美しくなければいけません。入職後には基本的な所作を身に着ける指導を受ける事がほとんどです。慣れないうちは苦労する事ですが、一度体得すれば自身の財産にもなるでしょう。

多種多様な人とコミュニケーションが出来る

旅館には老若男女問わず多くの人が訪れるので、仲居として接客することになりますが、大変な反面で仲居として楽しみの一つであると言えます。ファミリーは友人のグループ、社員旅行など形態も様々で、常に気持ちを切り替えることが出来て新鮮な気持ちで接客する事に楽しさを感じる仲居もいます。

最近では外国人観光客も多く旅館を訪れるために幅広い人とコミュニケーションが出来ることは仲居として大きなやりがいと言えるでしょう。

仲居の仕事内容まとめ

仲居は地道な努力やセンスが求められる仕事

旅館を顔である仲居は、おもてなしの心を持って旅館を利用するお客様に接客をする仕事です。

一人前になるまでは下積みの期間も長く雑用がメインになりますが、経験を積むことで接客する客を任されるようになるので、丁寧な言葉使いやスピーディな対応が必要になるでしょう。力仕事や慌ただしく仕事をすることも多いので、体力的にもハードな面がある事も特徴です。

GWや夏季休暇などは旅館を利用する人も多く忙しくなるので、プライベートをのんびりという事は難しいかもしれません。ですが、客からのダイレクトな感謝の気持ちや多種多様な人とコミュニケーションが出来ることは何よりのやりがいに感じられるはずです。

仲居の参考情報

平均年収250万円~350万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種旅行・ホテル

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

仲居の関連記事

旅行・ホテルに関する他の職業KANREN JOB