ツアーコンダクターの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

ツアーコンダクターの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

ツアーコンダクターは「添乗員」と呼ばれることもありますが、具体的にどんな仕事内容なのでしょうか。ツアーコンダクターの仕事内容、ツアーコンダクターだからこそ味わえる仕事のやりがいや大変なことなどをご紹介します。

ツアーコンダクターとはどんな仕事

ツアー客に対して観光地などを案内する

添乗員とも呼ばれることがあるツアーコンダクターの大きな役割は、旅行会社の団体旅行やパック旅行に同行し、案内業務を行うことです。

同行するツアーは日中や宿泊が伴うツアーがあります。それぞれのツアーに同行する前に、旅行先の基本的な情報や観光名所に関する情報の収集など、必ず旅の準備をしっかり行うのもツアーコンダクターの仕事の一つです。

ツアー客の安心・安全を届ける

観光地の案内業務に専念するだけではなく、ツアー内に起こることもあるトラブルに対応し、ツアー客をサポートすることも大切な仕事です。旅行が安全であり、安心して楽しい時間をお客様に過ごしてもらえるように全力で添乗業務に携わる職業でもあります。

海外ツアーに同行する際は多国語を用いた対応が求められるので、より臨機応変に対応できるように務めなくてはいけません。ツアーコンダクターは事務的な対応ではなく、ツアー客に親身になって対応できるコミュニケーション能力が必要とされる職業です。

国内ツアー・海外ツアーで活躍するツアーコンダクターの具体的な仕事内容についてご紹介します。

ツアーコンダクターの仕事の具体的な内容

同行するツアーが決まれば即打ち合わせ

自身が同行するツアーが決まると、まず始めに旅行会社の関係部署との打ち合わせを行います。打ち合わせの内容は旅行先の情報の調査や航空券の手配、ツアー客のリストの確認が主な内容です。

海外ツアーでは現地で戦争や紛争、伝染病が流行していないかしっかり確認する必要があります。場合によっては突然ツアーが中止になることもありますが、どんな観光地であってもしっかり打ち合わせを行います。

出発から到着までが仕事

ツアーに添乗業務を行っている間は集合から出発、さらにツアー先から到着と解散まで緊張感を持って業務に取り組まなくてはいけません。集合ではツアー客が揃っているのかどうかの確認をツアー名簿と照らし合わせて行います。

ツアー客の人数確認だけではなく、海外ツアーの場合出入国手続きのサポートも行うこともあります。

ツアーの目的地に到着した後は現地のスタッフとの観光スケジュールの打ち合わせを行いながらも、ツアー客に対して観光名所の案内や自由行動をする際の注意事項、集合場所についての説明を行います。

ツアー客の自由時間中はツアーコンダクターの休憩時間となることはなく、この時間中も次の目的地への事務作業などの準備を行う必要があります。

ホテルのチェックインなどの裏方業務もある

ツアーコンダクターは現地の観光情報を案内するだけではなく、ホテルのチェックインを済ませることや料金が発生する観光施設の精算を事前に済ませるなどの業務も行います。

ツアーに参加して途中料金が発生するはずの施設に料金を払わずスムーズに入場できるのは、ツアーコンダクターがサポートしているからといえるでしょう。

ツアー終了後に報告書をまとめる

ツアーコンダクターの仕事は旅行に同行するだけではありません。無事に会社に帰ってきた後は、ツアー中で預かった現金の精算や、ツアーで起きたトラブルなどが記載された報告書を作成する必要があります。

作成された報告書は会社へ提出します。報告書の提出を終えて一つのツアーの添乗業務が終わります。

ツアーコンダクターはツアーに同行すると常にツアー客や現地のスタッフとの対応に追われる忙しい仕事内容の職業ではありますが、ツアーコンダクターの仕事のやりがいについてご紹介します。

ツアーコンダクターの仕事のやりがい

役に立つことができたと感じたとき

ツアー客を楽しませるためにツアーコンダクターは観光スポットや時には穴場スポットなどの情報を下調べしてツアーに同行します。ときにはツアー客の相談相手になることもあります。

自身が話した観光地の情報やお店、食事などをツアー客に気に入ってもらえ「ありがとう」と感謝されたときに、役に立つことができた実感を得ることができたと感じる方が多いです。

指名される

ツアーの内容によってはツアーコンダクターを指名することがあります。失敗が許されないツアーコンダクターとしての実績が問われる内容のツアーではツアーコンダクターを指名する傾向にあります。

このときにこれまでの自身の経験や評価が高いと指名されることがあり、結果的に安定した収入へと繋がるため指名されることにやりがいを感じることができます。

無事にツアーが終わったとき

ツアーコンダクターの仕事の大きなやりがいの一つといえるでしょう。同行したツアーが大きなトラブルなく終わり、ツアー客を無事に解散場所へ送り届けることは最高の達成感を感じる瞬間でしょう。

一つ一つのツアーは準備の段階から自身も参加しています。より楽しい旅行にするために準備した時間がいい終わり方を迎えた実績を得ることで、ツアーコンダクターとしての活動の幅が広がるきっかけとなります。

ツアー客と同じ景色や食べ物を体験できる

ツアーコンダクターはツアーに同行すると常にツアー客に気を配る必要がありますが、ツアー客と同じ景色を楽しみ同じ食事を楽しむこともできるため、ツアー客と同じ目線で旅の楽しさや感動を分かち合うことができます。

ツアー客と同じ体験をできるので、この場面ではこのような情報があった方がよかったかもと、今後どのような情報も調べておいた方がいいのか、どんな対応ができるようになった方がいいのか、ツアーコンダクターとしての自身の新たな発見ができるきっかけを見つけることもやりがいの一つです。

ツアーコンダクターの大変なこと

ツアーコンダクターの仕事は一見華やかなイメージを持つ方が多いかと思いますが、過酷な一面を持っている職業です。

ツアーコンダクターはときに勤務時間が12時間以上に及ぶことがあります。ツアーに同行している間は一瞬たりとも気を抜くことはできません。泊りがけのツアーになった場合は、夜中でもツアー客からの問い合わせには対応しなくてはいけないので休む暇がありません。

拘束時間が長いことも大変ですが、早朝にツアーが始まるプランに同行することもあります。また夜遅くに会社を戻ってから帰宅するなど、出退勤時間がバラバラなので自身の体調管理にも気を配らなくてはいけません。

休みがとりやすい時期が決まっている

ツアーコンダクターには決まった日が休みになることはほとんどありません。ツアー会社の繁忙期になると休みが取りづらくなる傾向にあります。次のツアーが始まる合間に1日~3日ほど休みをもらうことが一般的で、立て続けにツアーに参加することも珍しくはありません。

閑散期はお正月明けとなり、この期間に長期連休を取ることができる会社がほとんどとなり、休みが取りやすい時期は決められてしまいます。

海外ツアーでの大変なこと

海外ツアーでは国内ツアーよりもより気を配らなくてはいけません。海外ツアーでは盗難などのトラブルに遭遇することも少なくはありません。このようなトラブルに対する冷静かつ的確な対応が求められます。

また、体調を崩されたツアー客に現地の病院を紹介する対応も求められるため、海外ツアーに同行する際はより深い現地の情報を事前に把握していなくてはいけません。

ツアーコンダクターの仕事内容まとめ

ツアー客だけではなく現地のスタッフへの対応も仕事

ツアーコンダクターの仕事は、同行するツアーの現地の情報やツアー客リストの確認から始まります。ツアー中はツアー客が安全に旅行を楽しんでいるか、トラブルが発生していないか気を配り続けるのも仕事です。

また現地のスタッフと観光スケジュールの確認や、ホテルなどのチェックインも一足早く対応しなくてはいけません。

旅行案内人として活躍するツアーコンダクターの仕事ですが、素敵な旅行を提供するために見えない努力も必要となる職業といえるでしょう。

ツアーコンダクター(添乗員)への就職・転職に役立つ講座が見つかる!

ツアーコンダクター(添乗員)の参考情報

平均年収300万円~400万円
必要資格
  • 国内旅程管理主任者資格
  • 総合旅程管理主任者資格
資格区分 国家資格
職種旅行・ホテル

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

ツアーコンダクター(添乗員)の関連記事

旅行・ホテルに関する他の職業KANREN JOB