ツアーコンダクターの給与・年収は?平均月収や支給される手当まとめ

ツアーコンダクターの給与・年収は?平均月収や支給される手当まとめ

ツアーコンダクターの仕事は国内・海外で添乗業務を行います。国内で活動するツアーコンダクターと海外でも活躍できるツアーコンダクターとは給与に差があるのか、年代別での平均給与・年収に関する情報をご紹介します。

ツアーコンダクターの初任給

旅行会社によって初任給は異なる

ツアーコンダクターの就職先は主に旅行会社に正社員として就職するか、派遣社員またはアルバイトとして働きます。

正社員として就職すると必ず社内の部署に配属されます。部署に配属されるとすぐ添乗業務を行うことができるのかというと、そうではありません。旅行会社に就職した場合は主に営業業務から携わることが多い傾向にあります。

国内ツアーを取り扱う部署に所属すると、比較的頻繁に添乗業務を行うことが多い傾向ではありますが、海外の部署に所属するとほとんど添乗業務を行うことがありません。

大手旅行会社の初任給額をご紹介します。

大手旅行会社の初任給額

株式会社JTB

初任給 約21万円前後+地域給が支給される

株式会社H.I.S

初任給 約19万円~20万円前後

株式会社農協観光

初任給 約18.4万円前後、大卒では約19.5万円前後

株式会社ユーラシア旅行社

初任給 約19万円~20万円前後

■添乗手当が加算されるケース

正社員の場合は添乗業務を行うと「添乗手当」が基本給に加算されます。相場は1日あたり500円~4,000円と幅があります。

正社員採用は減少傾向にある

旅行業界内の競争率は高く、コスト削減の流れが継続しているためツアーコンダクターの待遇条件も厳しい傾向にあります。正社員採用は減り、派遣社員を募集する旅行会社が増加しています。

ツアーコンダクターの平均給与の統計

ツアーコンダクターは日当換算で給与が計算される

正社員として旅行会社に就職した場合は基本給に添乗手当が加算された給与となりますが、派遣社員やアルバイトの場合は日当という形で給与が支給されます。

ツアーコンダクターとしての経験や技術、年齢などによって支給額が異なります。国内添乗では約7,000円~12,000円前後、海外添乗では約8,000円~25,000円前後が相場となっています。

日当の最高額を見てみると月給を多く稼げる職業のように見えますが、ツアーコンダクターはいつでも安定して添乗業務の仕事が入るとは限らない職業です。

日当計算なので、海外ツアーが予定されていたが旅行先で戦争や内紛、伝染病が流行ってしまうと突然中止になることもあります。そのため、派遣会社やアルバイトのツアーコンダクターの給与は不安定になりやすい傾向にあります。

ツアーコンダクターの収入には地域差もあります。都心部での添乗派遣料の単価は高く、ツアーの本数も多い傾向にあるため月給も高くなりやすいです。

最近では時給制が主流になりつつある

ツアーコンダクターの仕事は激務と言われることがあります。それは、ツアーコンダクターとしての業務に対応すると拘束時間が長くなりがちになるからです。

例えば泊りがけのツアー業務を行う場合、夜中でもツアー客からの問い合わせなどに臨機応変に対応する必要があるため、気を休めることができません。

日帰りツアーの場合でも早朝に出勤し、1日約12時間以上拘束される業務内容だと帰宅できるのは深夜になることもありますが、残業代は支給されないこともあります。

このことから近年では日当制だった給与体制から時給制を導入する会社が増えてきています。国内ツアーで時給約800円~1,200円、海外ツアーで時給約1,000円~1,600円が相場となっています。

時給制を導入するだけではなく、ツアーが始まる時間により「早朝手当」や深夜に業務が終わる場合は「深夜手当」が支給される会社も出てきています。

またツアーに添乗した初日と最終日、打ち合わせ業務のための交通費は全額支給される待遇を受けることもあります。

では次にツアーコンダクターの年収額についてご紹介します。

ツアーコンダクターの年収統計

ツアーコンダクターの平均年収は低い

国内の平均年収額は約400万円前後となっていますが、厚生労働省調査賃金構造基本統計調査によると、ツアーコンダクターの平均年収は約370万円となっています。平均年収推移は約340万円から390万円となっており、最大年収は約800万円前後となっています。

またツアーコンダクターの平均年収は正社員の場合は約280万円~350万円前後、派遣社員の場合は約170万円~420万円前後となっています。

大手の旅行会社に就職したとしても、平均年収は400万年に満たないことが多い傾向にあります。大手企業のツアーコンダクターでは平均年収は約337.4万円前後、中企業では約279.2万円前後、小企業では約253万円前後となっており、決して高い年収額ではありません。

20代の平均年収は約230万円前後、30代では約210万円前後、40代では約241万円前後となり、50代では約250万円前後となっています。働き盛りの20代、30代では年収300万円を超えることが厳しい職業といえます。

40歳を過ぎても現役で活躍できる

ツアーコンダクターは激務をこなさなければいけない厳しい職業のため、20代30代の若手が多く活躍する職業に思われがちですが、中には40歳を過ぎても現役でツアーコンダクターの仕事を務めるベテランの方がいます。

ツアーコンダクターとしてお客さんに評価されることが昇給に繋がる

ツアーコンダクターは一部の大手企業に務めている正社員に年に1度のペースで昇給する制度を設けていることが多いようですが、中小企業では昇給することがほとんどない職業です。

派遣会社に登録しているツアーコンダクターは「添乗日数」と「ツアーアンケート評価」によって昇給することがあります。パッケージのツアーには2種類の「募集旅行」と「手配旅行」がありますが、多くは募集旅行の依頼となっています。

派遣会社に勤めている場合は、実績や経験に応じて公平にツアーコンダクターの割り振りが行われるのが募集旅行です。手配旅行は失敗が許されないような内容のツアーが多く、ツアーコンダクターに求められる対応能力や処理能力が大きいため、実績を過去に持つツアーコンダクターを再度指名されることが多いツアー内容です。

指名を多くもらえる=人気のツアーコンダクターになることで、1年間の大半はスケジュールで埋まることもあり、その結果収入の安定へと繋がります。

ツアーアンケート

企業などが法令を守っているのか厳しい目で見るようになってきている現代では、ツアー客からのアンケート評価の比重が重くなってきています。

客観的にツアーやツアーコンダクターを評価する手段がアンケート評価しかないため、現状ではツアーコンダクター自身の収入を上げるにはアンケートでの評価を上げる方法しかありません。

ツアー客からのアンケートの結果を基に旅行会社や派遣会社がツアーコンダクターの評価を行います。アンケート結果が高評価の場合は今後の仕事依頼が増えることもあり、結果的に給与が上がる流れとなります。

語学力を磨くことで昇給に繋がることがある

ツアーコンダクターには国内・海外での給与の差が生じてしまいます。旅行会社から依頼される海外ツアーの多くは英語を多く使用します。

英語を必要とする海外ツアーを依頼されるツアーコンダクターを目指すことで、将来的に安定した収入を得ることができる可能性が高くなります。

日常会話ができる英語力だけではなく、現地でトラブルが発生したときに対応できる英語力も必要となります。

ツアーコンダクターの給与・年収まとめ

ツアーコンダクターは派遣社員やアルバイトが担っている

旅行会社が主催する募集旅行の約8割はツアーコンダクターの派遣社員やアルバイトが活躍されています。ツアーコンダクターになるために旅行会社に正社員として就職するよりも、ツアーコンダクターの派遣社員として登録またはアルバイト登録している方が多い傾向にあります。

派遣会社やアルバイトとしてツアーコンダクター業務を行っても賞与が支給されることはなく、自身でツアーコンダクターとしての評価を上げなければ昇給も難しい職業です。

しかし、ツアーコンダクターはツアー会社などの旅行業界には必要な人材であるため、今後も待遇改善が見直されるべき職業といえるでしょう。

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

ツアーコンダクター(添乗員)の関連記事

旅行・ホテルに関する他の職業KANREN JOB