仲居になるには?必要資格や向いている人の特徴などを具体的に解説

仲居になるには?必要資格や向いている人の特徴などを具体的に解説

旅館を訪れる客の世話をする仲居になるには一体どんなスキルや資格が必要なのでしょうか。仕事として続けるためにはおもてなしの心を持ち続けられるかがポイント。今回はこの記事で仲居に必要なスキルや持っていると役立つ資格、向いている人の性格的特徴についてご紹介します。

仲居になるには何が必要?

仲居になるには、いくつか必要な要素が考えられますがまずは誰でも友好的に付き合える気持ちが大切になります。旅行の客層は幼児から高齢者まで幅広いものです。男女にも偏りがないので、仲居の相手は一人旅の客や団体客など人数も性別もさまざまであり、幅広い対応力が必要となります。

仲居の立ち回りはご飯の配膳からお見送りなど様々なので、仕事内容は同じであっても一人ひとりの客に応じて接客を変えていくこともポイントになります。自分なりに工夫をして、その工夫を楽しくできる人でどんな人にでも友好的に打ち解けられる人が、仲居として適性があると言えるでしょう。

日本文化への興味が仲居の仕事に役立つ

仲居が提供するおもてなしは日本古来より大切にされていたもので、継承し続ける事が仲居の使命ともいえます。最近では外国人観光客も多くなっている旅館ですが、外国人から質問がある事も多く、日本の歴史や文化に興味のある人は仲居の仕事を楽しんで出来ると考えられます。

外国人に限らず旅館を利用する人は仲居に対して伝統的な側面も求めている事は、覚えておくべきと言えます。

国際交流が出来る事は仲居に大切な要素

旅館を利用する人は海外の人も多く、外国人を相手にすることもよくあります。英語が堪能ではない人でもジェスチャーなどで国際交流が出来る人は仲居として適性があると考えられます。

語学力に長けている人はさらに仲居として重宝してされるでしょう。表情や伝えようとする気持ちに加えて相手が誰でも打ち解けたいと感じられる積極性が求められます。

体力も必要な仲居の仕事

仲居の仕事はイメージよりもハードであり、肉体労働がメインになります。常に立ちっぱなしで重いものを持つ機会もあり体力は必要な要素の1つ。基礎体力がある人はスムーズに仕事ができるかもしれません。肉体労働が多い仕事なので、腰や膝を痛めやすい職業でもあるので自身の肉体のケアも大切になるでしょう。

絶対必要ではないが仲居に関する資格があるほうが有利

仲居になるには、何かの資格が絶対必要というわけではありません。それでも資格を取得していればスキルの証明になるので、転職や給料面でも有利になる可能性はあります。

仲居として働く人が取得する資格には接客サービスマナー検定やサービス接遇検定が挙げられます。民間の資格ですが相手を接客する上でのマナーについての証明ができる資格です。

語学力でコミュニケーションの幅を広げる

仲居になるには英会話ができないといけない訳ではありませんが、外国人観光客も利用する事が多い旅館では、日常会話のコミュニケーションができれば仕事の幅が広がる可能性はあります。外国人に接客する場面でオススメのメニューや日本の文化を説明出来れば、より魅力を伝えることが出来ます。

上手く外国人の対応をこなすことが出来れば自身の仲居としてのモチベーションを上げることが出来るでしょう。語学に関する意欲を持つ事は仲居になるのにプラスになると考えられます。

仲居に向いている人、適性がある人

仲居になるには、持って生まれたセンスや性格的な要素も影響することが多いです。

言葉使いが出来る事は仲居の適性のひとつ

仲居として旅館の顔になることから必要な知識や礼儀作法は重要な適性の1つと考えられます。入職後に指導されてある程度は身に付けることが出来ますが、多くの客を接客して経験を積む事でさらにスキルアップが出来ると考えられます。普段から美しい日本語を心がけて、学びを意識出来る人は仲居に向いていると考えられます。

どんな時でも笑顔でいられる人

仲居の仕事は接客の仕事であるのでどんな人でもサービスを提供する仕事になります。どんな時でも体調が悪くても忙しくても明るく笑顔で対応できることが大切です。旅館で客が望んでいるのは食事をする事だけではなく、接客態度も求めています。どんな時でも笑顔で接客出来る人が仲居としての適性があると考えられます。

様々な人と出会いたい人は仲居向き

仲居は様々な人を接客する事になるので、仕事の中で色んな人と出会いたい人は仲居向きであると考えられます。時には若い人やご年配の人、外国人などを接客します。仲居を通して色んな人と出会いたい人は仲居に向いていると考えられます。

マメな人も仲居向き

仲居の仕事はマメに客の状況をチェックしておく必要があります。仲居は他の接客とは異なり、客の様子が分からない事が多いので、個室いる飲み物のおかわりなどを客の食事の時間をイメージしてまめに観察しておく事が求められます。客から呼ばれる前に動けることが出来る人が仲居の適性があると考えられます。

仲居になるために役立つ学校

仲居になるために学校に通うことは、自分と同じように仲居を目指す仲間に出会えるということです。仲間として、そしてライバルとして刺激できる環境で学べる事は大きな魅力と言えます。

接客の基礎が学べる専門学校

仲居になるには学歴や資格はなくても業務に就く事は可能です。ですが仲居になるには知識や技術を専門学校で学びなる人が多くなっています。

挨拶の基本やマナー、正しい日本語などを専門学校で学ぶ事で現場の仕事を吸収しやすくする事が出来ます。専門学校では学んだ知識を現場で発揮する事が出来れば、即戦力として期待されることもあるでしょう。

カリキュラムを比較して学校選びを

仲居になるための専門学校は全国にあり、選択肢は豊富です。学校によっては実戦に近い形で日本の正しいマナーを学ぶ事が出来ます。学校によっては現役の仲居としての活躍しているプロから直接の指導を受ける事が出来ます。学校によってカリキュラムも多彩なので比較して選ぶようにしましょう。

資格取得支援や就職サポートが手厚い学校なら卒業後の進路に対する不安も軽減されるはずです。社会人や昼間アルバイトをしている人であれば、夜間のある学校を選ぶことも選択肢の一つと言えます。

大学でも仲居になるための勉強が可能

仲居になるために学校に通う選択肢として大学を卒業して仲居を目指すことも出来ます。専門学校に比べると仲居になる学びは専門的ではないかもしれませんが、コミュニケーション学や観光学、語学などを学ぶと仲居の仕事に活かせるかもしれません。

アルバイトで経験を積み仲居になることも可能

仲居になるには絶対に専門的な学校で学ばなければいけないという決まりはありません。現場で実際に働きながらスキルや知識を身につけることも1つです。

実際、求人情報を検索すれば、北海道から沖縄まで全国的に求人があり、未経験でも採用される可能性があります。最初から現場に飛び込むことは、必要な知識を早く身に着けられるというメリットがあります。

雇用形態も、アルバイトからスタートすることが多く、最初のうちはいきなり接客する仲居としてではなく雑用などの力作業から入る事も多いといえます。

仲居になるには?まとめ

接客に対する熱い思いと笑顔でいられる事が仲居を続ける原動力に

友好的に接客出来る仲居に対する思いといつでも笑顔でいられる事。仲居になるには、どんなに仕事がハードでも続けられる力が必要です。加えて語学力や接客のマナーが身についている人は仕事で強い武器になると考えられます。

未経験でも仕事に就くことは可能な職業ですが、専門学校や大学で仲居の知識や基本を学んでおくと有利に働くこともあるでしょう。

仲居の参考情報

平均年収250万円~350万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種旅行・ホテル

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

仲居の関連記事

旅行・ホテルに関する他の職業KANREN JOB